◆タイのコロナ◆アルコール販売解禁!途端に交通事故死が3倍に?

この記事は 約3 分で読めます。

タイ在住の英国人ジャーナリストリチャード・バローは、アルコール販売が解禁された途端に交通事故死者が63人になったとTwitterでつぶやいた。
タイでは、年末年始とソンクランに飲酒運転での交通事故死が急増する。

クリックで拡大します。

毎年毎年、年末年始とソンクラン の時期になると、マスコミが『今日の交通事故死者数』を報じます。
 :
2019/2020の年末年始では317名、2019年のソンクランでは386名が交通事故死しています。
 :
5月3日、3週間のアルコール販売が解禁され、タイの各地で酒を買い漁る光景やパーティー開催を非難する報道がありました。
 :
リチャードの指摘する、アルコール販売の解禁と交通事故死者数の激増に因果関係はあるのか…
 :
あなたはどう思いますか?

◆タイのコロナ◆5月3日アルコール販売解禁!飲食店では提供不可!

◆タイのコロナ◆5月3日アルコール販売解禁!飲食店では提供不可!
タイで販売が禁止されていたアルコールの販売が解禁。 4月30日に緊急事態宣言の延長に伴い、同様に延長と発表されたが、一転して解禁に。 但し、レストランでの提供は依然として禁止。パブなどは閉鎖が続く。

◆タイの年末年始2020◆交通事故死317名:飲酒運転が一番の原因

https://www.escape2bangkok.com/entry/thai-newyear-death-2020

◆タイのソンクラン:2019◆『危険な7日間』386名が事故事故死

◆タイのソンクラン:2019◆『危険な7日間』386名が事故事故死
最終更新日:2019-04-13念願のアーリーリタイアを実現し、バンコクにロングステイ中の「バンコクで修業中。」です。タイには『危険な7日間 ”Dangerous 7 Days”』が年に2回訪れる。最初の一回目が、年末年始、そして二回目がソ

タイの新型コロナ新規感染者数:5月6日発表

アルコール販売解禁!途端に交通事故死が63名に!偶然ですか?

タイ政府は人々の社交を阻止するためにアルコールの販売を禁止しました。
約3週間後、禁止は解除されました。 昨日、交通事故で亡くなった人の数が大幅に増加しました。 たった一日で63人が死亡。偶然?

◆海外在住者に楽天モバイル◆利用がなければ毎月無料(1Gまで0円)

お願い:ランキングでの応援!

◆日本人のタイ入国は?

◆タイ入国:4月1日~強制隔離短縮◆日本は変異株流行国以外に
タイ政府は、2021年4月1日から入国者の強制隔離期間短縮を発表。 日本を含む変異株流行国以外からの入国者は10日間、ワクチン接種者は7日間。 併せて、対象となるワクチン(シノバック、アストラゼネカ、ファイザー、モデルナ)も公開。
◆タイ入国:隔離検疫ASQホテルリスト◆最高22万B〜最安3万B(14泊)
タイへの入国には、14日間の強制的な隔離検疫が義務化されている。 外国人は、タイ政府が認定したホテルへの滞在が必須。ホテルは病院と提携し、パッケージには、1日三食、無料Wifi、24時間看護が含まれる。

タイの新型肺炎、コロナウィルス 関連記事

◆海外在住者のワクチン接種◆日本政府は早くて夏頃接種開始を検討
日本政府が、在外邦人の一時帰国ワクチン接種の対応方針を決定。 希望者は、管理システムで予約し、一時帰国して空港などで接種、3週間後に再接種。 政府は、一時帰国接種者を20万人程度と想定し、早ければ夏頃から接種開始を検討。
◆タイでPCR検査費用◆バンコクで日本語対応3大病院+コロナ治療概算費用
新型コロナの感染が疑われる時には、一刻も早くPCR検査を受けたいですね。 バンコクの三大病院でもPCR検査が可能です。ただし、1日の対応可能数には限りがあり、通常の治療が必要な患者さんを優先しましょう。
◆タイのコロナ:保険確認要◆重症化の医療費が最大で1千万円
海外で新型コロナに感染した場合、海外旅行者保険が適用可能。但し、海外では医療費が高額。タイのサミティベート病院の日本人医師によると重症化してICUなどに長期入院の場合最大で1千万円。一般的保険は200〜300万円程度。あなたの保険は?
◆海外旅行保険◆新型コロナに感染したら保険適用されるのか?
日本国内では、2020年3月6日、新型コロナウィルスのPCR検査は健康保険の適用。また、感染後の治療費に関しては『指定感染症』の為、公費の負担。では、海外旅行中の検査や治療費は海外旅行者保険で適用されるのか?