◆タイのコロナ:保険補償額確認要◆重症化の医療費が最大で1千万円

この記事は 約5 分で読めます。

海外で新型コロナに感染した場合、海外旅行者保険が適用可能。
但し、海外では医療費が高額。タイのサミティベート病院の日本人医師によると重症化してICUなどに長期入院の場合最大で1千万円。一般的なクレジットカードの付帯保険は200〜300万円程度。あなたの保険は?
投稿日:2020年4月 ⇒最終更新日:2021年4月21日
 
2021年4月21日追記:
タイでの新型コロナ第三波の到来に伴い、タイで保険加入者が増えていると聞きます。
 :
この記事にも多くのアクセスがあり、あらためて多くの人にこの記事で伝えている『重症化の医療費が最大で1千万円掛かる可能性が高い』という点を認識して欲しいです。
 :
タイの民間の保険は、タイ人の方のための国立病院の治療代をカバーする程度の補償額と聞きました。バムルンラード、サミティベート、バンコク病院などの日本人御用達高級病院の治療費はこの記事の通りです。
 :
保険に加入する際には、補償額をご確認ください。
 
管理人の所有するJCB BUSINESSクレジットカードの海外旅行者保険の治療費用の上限が300万円です。
引用先:JCBビジネスカード 海外旅行傷害保険

なお、クレジットカードを複数枚持っている場合、海外旅行者保険の治療費用を合算できると言われています。カード各社に確認して、補償額を確認しておく事をおすすめします。

◆海外旅行保険◆新型コロナに感染したら保険適用されるのか?
日本国内では、2020年3月6日、新型コロナウィルスのPCR検査は健康保険の適用。また、感染後の治療費に関しては『指定感染症』の為、公費の負担。では、海外旅行中の検査や治療費は海外旅行者保険で適用されるのか?

 

タイでローカルの医療保険をお探しでしたら、こちらを参考まで。
◆タイで医療保険◆選定の3つのポイント:キャッシュレス・日本語・補償額
バンコクでロングステイ:医療保険を検討する際の3つのポイント::: (1)バンコクの医療費は「バカ高い」 (2)医療保険も保障内容によって「バカ高い」 (3)既往症はカバーされない 医療保険の金額によって保障の内容に幅がありますので、よく検討ください。

 

日本で入れる、コロナ対応保険をお探しならこちらをご覧ください。
◆タイ入国:コロナ対応保険◆10万米ドル補償は年間20.8万円〜
現在、タイに入国するためには、10万米ドル相当を補償するコロナ保険加入が必須。 日本で加入する場合、年間20.8万円から、タイで加入する場合、年間23.4万円から。 いずれも日本のタイ大使館に申請する際に、英文の医療保証書の提出必須。
バンコクでPCR検査のできる病院をお探しでしたら、こちらをご覧ください。
◆タイでPCR検査費用◆バンコクで日本語対応3大病院+コロナ治療概算費用
新型コロナの感染が疑われる時には、一刻も早くPCR検査を受けたいですね。 バンコクの三大病院でもPCR検査が可能です。ただし、1日の対応可能数には限りがあり、通常の治療が必要な患者さんを優先しましょう。

 

一般人へのワクチン接種が、5月中旬から開始される見込みです。
集団免疫ができるまで、タイ政府には頑張って欲しいです。
 :
そうすれば、私もバンコクに戻れます…
◆タイのワクチン接種◆5月1日から登録開始+民間病院の輸入承認
タイ保健省、一般向けワクチン接種の予約を5月1日、接種を5月中旬開始見込と発表。 申し込み方法は、MorPhromのLINE+Androidアプリ、電話、病院経由の4通り。 4月上旬に、タイ政府は民間病院のワクチン輸入を承認しており、日本人は病院に殺到か…

 

海外在住者がコロナに感染した場合医療費は最大1千万円も 現地日本人医師に聞いた 〜日本人在住者7万人超…タイの医療状況〜

FNN:タイ・サミティヴェート病院 南宏尚医師

記事引用先:FNN

3:医療費はどれくらいかかるのか?

海外在住者にとって最も心配なのが現地での医療費だ。新型コロナウイルスの治療では、基本的には保険(海外旅行保険や医療保険)が適用される。しかし南医師は、仮に重症化してICUに長期に入院せざるを得なくなる場合には1000万円近い多額の医療費がかかるため、保険の保障額引き上げも検討する必要があると指摘する。
南宏尚(みなみ・ひろたか)医師
「症状があって陽性になった方には普通の病気、要するにインフルエンザが重症化して入院するのと同じことになる。おそらく保険で全てカバーされる。」
「入院されて重症になった場合、日本よりも上乗せされる医療費の額がすごく大きくなるので、数百万円とか、人工呼吸器がついてICUに長期で入院したりすると1千万円近くなる方も出てくるかもしれない」
保険が少ないとあっという間にカバーする範囲を超えてしまう可能性があるので、少なくとも(保障額は)数百万円はあったほうがいい。タイ政府は入国時に10万ドル保険をかけてくださいと言っているが、その意見はある意味妥当だ。

↓↓↓ つづきはこちら ↓↓↓

管理人のつぶやき

バンコク在住の管理人は、バンコクで椎間板ヘルニアの内視鏡手術を受けました。翌日には退院しましたが、請求金額はタイバーツで45万バーツ、日本円で約160万円でした。詳細は、下記ブログ参照ください。
 :
今回のサミティベート病院の医師の1千万円という金額は、決して大袈裟な金額ではないと思います。
 :
保険会社に補償額の確認と、複数のカードや保険に加入の場合は合算が可能かを確認する事をおすすめします。

◆海外在住者の保険◆日本の国民健康保険?海外の医療保険?カードの海外保険?

◆海外在住者の健康保険◆日本の保険,カード付帯保険,現地の保険
海外の医療費が高額なのは事実: 住民票を抜くと国民健康保険に加入できない 海外の医療費を国民健康保険に請求できるが、日本での費用相当額 国民健康保険は残さず、クレジットカードの『海外旅行者保険』と現地の保険を併用するのが得策

読んだよのクリックが励みになります!

👇ほかの人のブログをご覧になりたい方はこちら👇

マネースクエア

◆日本人のタイ入国は?

◆タイ入国:強制隔離期間短縮◆接種済は7日,未接種は10日
在タイ日本国大使館からタイ入国時の強制隔離期間の変更についてのお知らせ。 これまでの14日間から、ワクチン接種証明書提示で7日間、ワクチン未接種者は10日間に。 プラユット首相の宣言した、強制隔離なしの入国はいつになるのか…
◆サンドボックスの落とし穴◆同乗者感染で強制隔離14日間へ
タイではデルタ株が猛威、1日の陽性が9,000人を超え事実上のロックダウン突入。 一方、政府肝いりのサンドボックス実証実験は粛々進行中に思わぬ落とし穴が。 ドバイからの観光客の陽性が確認され、同じフライトの13人が強制隔離施設へ…
◆タイ入国:隔離検疫ASQホテルリスト◆最高22万B〜最安3万B(14泊)
タイへの入国には、14日間の強制的な隔離検疫が義務化されている。 外国人は、タイ政府が認定したホテルへの滞在が必須。ホテルは病院と提携し、パッケージには、1日三食、無料Wifi、24時間看護が含まれる。

◆タイのワクチン接種に関する記事はこちら

◆バムルン病院でモデルナ予約◆2021年11月接種開始予定
バンコクのバムルンラード病院で、7月9日(金)午前9時モデルナ製ワクチンの予約開始。 接種可能時期は2021年11月、値段は1本1,650B、他のワクチン接種者にも対応。 対象は18歳以上、ワクチン未接種者を優先し、シノバック接種済は1回予約可能。
◆タイのワクチン接種◆副反応で死亡補償140万円:忌避率増加中
タイ政府の調査で、副作用や効果を懸念しワクチン接種忌避の割合が増加中。 政府は、ワクチン接種が引き起こす副作用に対する補償内容(死亡、重度、軽度)を公開。 ワクチン接種によって、死亡もしくは重度の障害で40万バーツ(約140万円)の補償金…

◆タイの新型肺炎、コロナウィルス 関連記事

◆在外邦人の帰国ワクチン接種◆7月19日インターネット予約開始
在外邦人向け『一時帰国ワクチン接種』インターネット予約受付が7月19日(金)開始。 対象は、在外邦人で住民票を持たない(転出届を提出済み)、接種時に満12歳以上の方。 在外邦人でも日本に住民票がある者、帰国時に転入届を出した場合は対象外。
◆タイでPCR検査費用◆バンコクで日本語対応3大病院+コロナ治療概算費用
新型コロナの感染が疑われる時には、一刻も早くPCR検査を受けたいですね。 バンコクの三大病院でもPCR検査が可能です。ただし、1日の対応可能数には限りがあり、通常の治療が必要な患者さんを優先しましょう。
◆タイのコロナ:保険補償額確認要◆重症化の医療費が最大で1千万円
海外で新型コロナに感染した場合、海外旅行者保険が適用可能。但し、海外では医療費が高額。タイのサミティベート病院の日本人医師によると重症化してICUなどに長期入院の場合最大で1千万円。一般的保険は200〜300万円程度。あなたの保険は?
◆海外旅行保険◆新型コロナに感染したら保険適用されるのか?
日本国内では、2020年3月6日、新型コロナウィルスのPCR検査は健康保険の適用。また、感染後の治療費に関しては『指定感染症』の為、公費の負担。では、海外旅行中の検査や治療費は海外旅行者保険で適用されるのか?