◆タイ入国:ASQホテル予約方法◆タイ政府公認サイト・agoda

この記事は 約4 分で読めます。

タイ政府観光庁(TAT)が『ASQホテル情報検索サイト』を共同で開設。
サイトでは、ホテル料金や設備の検索が可能で、検疫方法なども公開。
ホテル予約に関しては、すでに『agoda』との提携済みで日本語で予約が可能。
これまでは、個別にホテルに空き状況を問い合わせする手間がありましたが、ホテル予約サイト『agoda アゴダ』との提携によって、簡単になりました。
 :
『ASQ PARADISE』の情報が充実してくれば、ホテルの設備や環境なども事前に把握できて、検疫の情報なども詳細が事前に確認できるでしょう。ただし、こちらのサイトは英語のみだと思います。日本語のサイトも準備して欲しいですね!

 

◆タイ入国:隔離検疫ASQホテルリスト◆最高22万B〜最安3万B(14泊)

◆タイ入国:隔離検疫ASQホテルリスト◆最高22万B〜最安3万B(14泊)
タイへの入国には、14日間の強制的な隔離検疫が義務化されている。 外国人は、タイ政府が認定したホテルへの滞在が必須。ホテルは病院と提携し、パッケージには、1日三食、無料Wifi、24時間看護が含まれる。

◆タイ入国:コロナ対応保険◆10万米ドル補償は年間20.8万円〜

◆タイ入国:コロナ対応保険◆10万米ドル補償は年間20.8万円〜
現在、タイに入国するためには、10万米ドル相当を補償するコロナ保険加入が必須。 日本で加入する場合、年間20.8万円から、タイで加入する場合、年間23.4万円から。 いずれも日本のタイ大使館に申請する際に、英文の医療保証書の提出必須。

TAT & Locanation launch ‘ASQ Paradise’ hotel bookings platform:

TATとLocanation『ASQパラダイス』ホテル予約プラットフォーム開設

記事引用先:タイ政府観光庁(TAT)ニュース

Bangkok, 01 December, 2020 -The Tourism Authority of Thailand (TAT) and Thailand-based Locanation Company Limited today jointly launch the newly-developed asq.locanation.com website under the ‘ASQ Paradise’ project to provide arriving foreign visitors with world-class information regarding standards for quarantine and control at Alternative State Quarantine (ASQ) hotels located around Thailand.

2020年12月1日-タイ政府観光庁(TAT)とタイに本拠を置くLocanation Companyは、「ASQパラダイス」プロジェクトの下で新しく開発されたasq.locanation.com Webサイトを共同で立ち上げ、AlternativeState Quarantine(ASQ)ホテルでの検疫と管理に関する情報を提供します。

タイ政府公認:ASQホテル情報サイト『ASQ PARADISE』

タイ政府公認:ASQホテル予約サイト『agoda』

 

タイ政府代替検疫施設(Thailand Alternative State Quarantine)

海外からの渡航者はタイ入国後、タイ政府代替検疫施設(ASQ)での隔離が義務付けられています。なお、ASQ滞在費用はすべて自己負担となります。
タイ政府公衆衛生省指定のASQホテルが提供する宿泊パッケージは、アゴダを通してオンラインで予約できます。
ASQパッケージは15泊プランとなっており、1日三食、Covid-19テスト2回、空港送迎、その他特典が含まれています。
アゴダでご希望に合うASQホテルを見つけて、快適に滞在できるパッケージを予約しましょう。ASQホテルの予約を進めることで、指定のASQ予約条件およびアゴダの利用規約とデータ個人情報保護方針に同意したものとみなされます。

◆海外在住者に楽天モバイル◆利用がなければ毎月無料(1Gまで0円)

お願い:ランキングでの応援!

◆日本人のタイ入国は?

◆タイ入国:4月1日~強制隔離短縮◆日本は変異株流行国以外に
タイ政府は、2021年4月1日から入国者の強制隔離期間短縮を発表。 日本を含む変異株流行国以外からの入国者は10日間、ワクチン接種者は7日間。 併せて、対象となるワクチン(シノバック、アストラゼネカ、ファイザー、モデルナ)も公開。
◆タイ入国:隔離検疫ASQホテルリスト◆最高22万B〜最安3万B(14泊)
タイへの入国には、14日間の強制的な隔離検疫が義務化されている。 外国人は、タイ政府が認定したホテルへの滞在が必須。ホテルは病院と提携し、パッケージには、1日三食、無料Wifi、24時間看護が含まれる。

タイの新型肺炎、コロナウィルス 関連記事

◆海外在住者のワクチン接種◆日本政府は早くて夏頃接種開始を検討
日本政府が、在外邦人の一時帰国ワクチン接種の対応方針を決定。 希望者は、管理システムで予約し、一時帰国して空港などで接種、3週間後に再接種。 政府は、一時帰国接種者を20万人程度と想定し、早ければ夏頃から接種開始を検討。
◆タイでPCR検査費用◆バンコクで日本語対応3大病院+コロナ治療概算費用
新型コロナの感染が疑われる時には、一刻も早くPCR検査を受けたいですね。 バンコクの三大病院でもPCR検査が可能です。ただし、1日の対応可能数には限りがあり、通常の治療が必要な患者さんを優先しましょう。
◆タイのコロナ:保険補償額確認要◆重症化の医療費が最大で1千万円
海外で新型コロナに感染した場合、海外旅行者保険が適用可能。但し、海外では医療費が高額。タイのサミティベート病院の日本人医師によると重症化してICUなどに長期入院の場合最大で1千万円。一般的保険は200〜300万円程度。あなたの保険は?
◆海外旅行保険◆新型コロナに感染したら保険適用されるのか?
日本国内では、2020年3月6日、新型コロナウィルスのPCR検査は健康保険の適用。また、感染後の治療費に関しては『指定感染症』の為、公費の負担。では、海外旅行中の検査や治療費は海外旅行者保険で適用されるのか?