◆タイ航空:希望退職5,000人◆割増退職金最大14ヶ月分

この記事は 約5 分で読めます。

2020年11月2日追記:
日経新聞:タイ航空、従業員1割が早期退職へ 現金流出を抑制

経営破綻したタイ国際航空が募集した早期退職に、全従業員の1割に当たる約1900人が応募したことが30日わかった。同社は会社更生手続きによる再建を目指している。年内に追加のリストラ策を盛り込んだ再建計画案をまとめる予定だ。
早期退職は現金流出を減らす目的で19~28日に募集した。応募者は11月末で退職し、2021年6月から分割払いで割増退職金を受け取る。これとは別に、11月からの休職にも約2700人が応募した。休職中も6カ月間は給与の20%を受け取り、21年5月に早期退職するか判断する。
同社は非効率な経営と新型コロナウイルスの影響によって経営が悪化し、5月にタイの裁判所に破産法に基づく会社更生手続きを申請した。6月末時点で3321億バーツ(約1兆1千億円)の負債の返済は一時停止されたが、給与支払いで現金の流出が続いていた。


タイ航空の希望退職(早期退職)プログラムに、5,000人が申請。
申請が受理されれば、最大で給与の14ヶ月分相当の退職割増金が支給へ。
既に19,000人の従業員は80%の減給もしくは無給休暇に応じたが、財政難に寄与せず…
 
航空会社の固定費の多くが人件費と航空機のレンタル料と言われています。
 :
ANAクラスだと、毎月1,000億円の固定費の支払いがあるとある記事で読みました。
 :
ANAも先日、経営再建策を発表して、国内線だけで黒字化を目指す計画を出しました。
 :
タイ航空のケースでは、タイの観光産業自体が海外からの観光客(2019年で約4,000万人)に大きく依存しており、国内線では多くのLCC、航空会社との競合もあり、新型コロナの感染抑制制限が続く限り改善の余地がないと思います。
 :
1日も早いワクチンと治療薬の開発を祈ります!
そして、自由にタイに行ける日が来ることを…
 
 

◆ANA:トヨタに受入要請◆5000億赤字+3500人削減へ

◆ANA:トヨタに受入要請◆5000億赤字+3500人削減へ
ANAが3,500人削減に着手、トヨタ自動車などに受け入れ要請。 2021年3月期、過去最悪の5,000億円前後の赤字が見込まれ、リストラ必至。 固定費の3割を占める人件費削減、機材の処分、国際線は羽田に集中などの構造改革へ…

◆キャセイパシフィック航空◆8500人解雇+ドラゴンエアー消滅

◆キャセイパシフィック航空◆8500人解雇+ドラゴンエアー消滅
香港のフラッグシップ、キャセイパシフィック航空が8,500人のリストラ。 グループ全体の4分の1に当たり、キャセイドラゴン航空は事実上消滅。 シンガポール航空同様、国際線を持たない経営環境で新型コロナの影響を回避できず…

◆シンガポール航空◆早期退職1,900人+リストラ2,400人

◆シンガポール航空◆早期退職1,900人+リストラ2,400人
シンガポール航空経営陣が、社員との対話集会で4,300人の人員削減を発表。 内訳は、早期退職で1,900人、会社都合のリストラで2,400人。 2019年8月時点の全従業員17,000人の約25%が対象。

Near 5,000 THAI staff to retire early

Thai Airways Interntional planes park on the tarmac at Suvarnabhumi airport. (Bangkok Post file photo)

記事引用先:Bangkok Post

Almost 5,000 Thai Airways International employees have signed up for the company’s early retirement programme, as concerns mount over the airline’s ability to reduce its operating costs to match falling revenues.

タイ国際航空の約5,000人の従業員が、収益の減少に合わせて運用コストを削減する航空会社の能力に懸念が高まっているため、同社の早期退職プログラムにサインした。

退職割増金は2~14ヶ月分

航空会社の代行社長、チャンシン・トリーヌチャグロン氏は木曜日に、この計画は従業員に歓迎され、そのうち約5,000人が申請したと述べた。制度の申請は10月28日に終了しました。申請が承認された従業員は、他の特典に加えて、職位に応じて2〜14.33か月分の給与に相当する退職金を受け取ります。

19,000人の従業員:80%減額もしくは無給休暇

今月初め、タイ航空は、19,000人の従業員の80%が減額または無給休暇を取ることに同意したにもかかわらず、財政的に苦戦している航空会社は12月まで続くのに十分な財政準備金しか持っていないことを発表しました。6月末現在、同社の負債は3,322億バーツでした。その債務のリハビリテーションは、9月14日に破産裁判所によって承認されました。
 

◆海外在住者に楽天モバイル◆利用がなければ毎月無料(1Gまで0円)

お願い:ランキングでの応援!

◆日本人のタイ入国は?

◆在東京タイ王国大使館◆観光目的入国可能+ビザ免除滞在45日間へ
在東京タイ王国大使館『観光目的の入国可能』『ビザ免除滞在45日間』正式発表。 入国許可証(COE)の取得と14日間の強制隔離を除けば、コロナ前と同じに。 但し、日本の第三波、タイの大規模クラスター発生で、ますますタイが遠ざかる…
◆タイ入国:定期便再開◆2021年1月〜ANA/JAL/タイ航空
待ちに待った、バンコク線の定期便が2021年1月から再開。 ANA・JAL・タイ航空が定期便のスケジュールを公開(特別便は廃止)。 タイ入国に際しての入国許可証取得、14日間の強制隔離などの条件は変更なし。
◆タイ入国:隔離検疫ASQホテルリスト◆最高22万B〜最安3万B(14泊)
タイへの入国には、14日間の強制的な隔離検疫が義務化されている。 外国人は、タイ政府が認定したホテルへの滞在が必須。ホテルは病院と提携し、パッケージには、1日三食、無料Wifi、24時間看護が含まれる。

タイの新型肺炎、コロナウィルス 関連記事

◆タイでPCR検査費用◆バンコクで日本語対応3大病院+コロナ治療概算費用
新型コロナの感染が疑われる時には、一刻も早くPCR検査を受けたいですね。 バンコクの三大病院でもPCR検査が可能です。ただし、1日の対応可能数には限りがあり、通常の治療が必要な患者さんを優先しましょう。
◆タイのコロナ:保険確認要◆重症化の医療費が最大で1千万円
海外で新型コロナに感染した場合、海外旅行者保険が適用可能。但し、海外では医療費が高額。タイのサミティベート病院の日本人医師によると重症化してICUなどに長期入院の場合最大で1千万円。一般的保険は200〜300万円程度。あなたの保険は?
◆海外旅行保険◆新型コロナに感染したら保険適用されるのか?
日本国内では、2020年3月6日、新型コロナウィルスのPCR検査は健康保険の適用。また、感染後の治療費に関しては『指定感染症』の為、公費の負担。では、海外旅行中の検査や治療費は海外旅行者保険で適用されるのか?