... ...

◆キャセイパシフィック航空◆8500人解雇+ドラゴンエアー消滅

この記事は 約6 分で読めます。

香港のフラッグシップ、キャセイパシフィック航空が8,500人のリストラ。
グループ全体の4分の1に当たり、キャセイドラゴン航空は事実上消滅。
シンガポール航空同様、国際線を持たない経営環境で新型コロナの影響を回避できず…
管理人は、1990年代、香港に駐在していました。
 :
香港の中国への返還、返還後の活気ある香港を見てきました。
その間、日本や近隣国への出張やヨーロッパへの旅行など常にキャセイパシフィック航空が。
 :
管理人は、香港の前にシンガポールに駐在していました。
その両国ともに、フラッグシップ航空会社は国際線しか持たないため、新型コロナによる影響をモロに受けて…
 :
1日も早い新型コロナの終息を祈ります!

◆シンガポール航空◆早期退職1,900人+リストラ2,400人

◆シンガポール航空◆早期退職1,900人+リストラ2,400人
シンガポール航空経営陣が、社員との対話集会で4,300人の人員削減を発表。 内訳は、早期退職で1,900人、会社都合のリストラで2,400人。 2019年8月時点の全従業員17,000人の約25%が対象。

◆エアアジア◆マレーシアで数百人のリストラ、10月末退社へ

◆エアアジア◆マレーシアで数百人のリストラ、10月末退社へ
国営通信社ベルナマが、マレーシアでのエアアジアのリストラを報告。 マレーシアの部隊と長距離部隊、それぞれで数百人のリストラの方向で早期退職と無給レイオフ。パンデミック収束後に再雇用とされるとの報道も、見通しは立っていない。

◆タイ航空:12月末まで運休◆反体制デモに首都交通マヒ経済に影

◆タイ航空:12月末まで運休◆反体制デモに首都交通マヒ経済に影
タイ国際航空が、12月末までの全便運休を発表。 タイでは、反政府、王室へのデモに非常事態宣言が発令されても、反体制デモは止まず。 観光業がGDPの18%を占め、観光客の受け入れ再開してもデモの過激化は悪影響も…

キャセイパシフィックグループ 事業再編計画を発表

キャセイドラゴンの運航を停止 人員と供給座席数を縮小し ニューノーマル時代の旅行需要に対応

2020年10月21日

キャセイパシフィックグループは、本日、新型コロナウイルス感染拡大の航空市場への長引く影響に対応すべく、事業再編を行うことを発表しました。
これにより将来にむけて可能な限りの人員を確保し、国際航空拠点としての香港、そしてご利用いただくお客様に対し、責任を果たしてまいります。
キャセイパシフィックグループは、今後ビジネスをより集約し、効率的かつ競争力のある事業展開を目指してまいります。キャセイパシフィック航空の強みと優れた顧客サービスを生かし、キャセイパシフィクグループのローコストキャリアである香港エクスプレス航空のポテンシャルも最大限に活用します。
このたびの事業再編の概要は以下のとおりです。

  • グループ全体で通常の人員の24%にあたる約8,500のポストを削減します。ただし、採用凍結と自然減により、今回実際に削減するのは5,900人(通常人員の約17%)となります。そのうち香港ベースの従業員は約5,300人削減、香港以外の従業員も約600人が影響を受ける見込みとなります(それぞれの国・地域の法令に従う)。
  • キャセイパシフィックグループの中国大陸を含むアジア域内路線を展開するエアラインであるキャセイドラゴン航空は、運航を直ちに停止します。キャセイドラゴン運航の主だった路線については、キャセイパシフィックまたは香港エクスプレスによる運航継続を検討し、関係各所および当局と協議していきます。
  • キャセイパシフィックの香港ベースの客室乗務員と運航乗務員とは、業務内容により連動した市場競争力がある給与体系の導入も協議し、進めていきます。
  • 経営幹部の減給は2021年を通して行われ、地上職の社員には2021年上半期に3度目となる特別休暇の自主的な取得が求められます。また、2020年は全社員の昇給を停止し、2020年の年次ボーナスの支払いは見送りとなります。香港以外の社員にはそれぞれの国・地域での取り決めに従うことになります。

キャセイパシフィックの最高経営責任者であるオーガスタス・タンは、「新型コロナウイルスの世界的な感染拡大は、航空業界に深刻な影響を与えています。キャセイパシフィックグループを存続させるためには、抜本的な事業再編を行う必要があります。可能な限り多くの雇用を維持し、国際航空拠点としての香港、そしてお客様に対しての責任を果たすために、これは必要な措置なのです。」と述べています。
「まずは本日の発表により影響を受けることになる社員と関係者の方々を支援することが、私どもにとっての優先事項です。才能があり尊敬すべき同僚と別れることは、とても辛いことです。これまでの仕事で成し遂げてくれたこと、そして献身的に仕事をしてくれたことに、心から感謝しています。」
キャセイパシフィックは一般の法定水準を上回る退職支援パッケージを用意しています。医療給付や社員向け航空券の利用、カウンセリングや転職サポートも提供します。ただし年金への埋め合わせはありません。
オーガスタス・タンは「今日に至るまで、需要に合った座席数への削減、新機材の受領の先送り、必須ではない支出の凍結、採用の凍結、経営幹部の減給、そして過去2回の特別休暇など、人員削減を避けるためにできる限りの措置を講じてきました。」と述べています。
「これらをもってしても、月に15億から20億香港ドルの現金の流出が続いており、事業存続が難しい状況です。本日発表した事業再編により、月に約5億香港ドルの支出削減が見込めます。」
「様々なシナリオを検討した結果、可能な限り多くの雇用をまもる、責任ある再編案を採用いたしました。ただし、回復のペースは遅いものになることは明白です。2021年の上半期は2019年比で25%は下回る供給座席数に、また2021年通年では50%を下回る供給座席数になる見込みです。」
キャセイドラゴンについてオーガスタス・タンは「これまで35年以上にわたり、キャセイドラゴンは、素晴らしいチームによる卓越したサービスやおもてなしで高い評価を受けてきました。」と述べています。
「大変厳しい時期ではありますが、キャセイパシフィックグループは逆境に強い、香港の誇り高いブランドです。本日発表した計画を信頼しており、キャセイパシフィックグループが勝ち残っていくことを確信しています。キャセイパシフィックの未来が明るいこと、また国際航空拠点としての香港、そしてグレーターベイエリア (広東・香港・澳門大湾区)や周辺エリアで香港が果たす重要な役割に、強い確信をもっています。」

香港内の旅行ツアー30人を許可へ キャセイパシフィックは8500人解雇 、キャセイドラゴンは事実上消滅

記事引用先:香港経済新聞

香港政府は10月20日、新型コロナウイルス対策についての記者会見を行い、ライセンスを持つ旅行代理店は香港内のツアーについて上限30人までの催行を認めると発表した。経営難に陥っているキャセイパシフィック航空は8500人を解雇すると発表した。

キャセイグループの4分の1に当たる8,500人をリストラ

経営難にあえぐキャセイパシフィック航空は10月21日、キャセイグループの約4分の1に当たる8500人をリストラし、子会社のキャセイドラゴン航空は同日より運航をストップしたことを明らかにした。香港で5300人、海外で600人を解雇し、残りの2600人は採用の凍結などで対応する。キャセイドラゴンの路線はキャセイまたは傘下の香港エクスプレスに引き継ぐ予定とし、キャセイドラゴンは事実上消滅する可能性が高まった。

お願い:ランキングへの応援ポチ!

最後までお読み頂き、有難うございます。ランキングに参加しています。1日一回、下のイラストをポチッとして、応援いただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

◆日本人のタイ入国は?

◆悲報◆タイ入国:特別観光ビザ◆申請入国不可『中度感染危険国』判定
タイ王国から日本に下された判定は『中度感染危険国』 特別観光ビザ(STV)は『低度感染危険国』のみが対象で、申請も入国も不可と… 日本はタイの感染症危険情報レベルを引き下げたのに、日本国内の感染拡大抑制が優先か…
◆感染症危険情報◆タイ、ベトナム、シンガポールなど9カ国引き下げ
タイ、ベトナム、シンガポールを含む9カ国の感染症危険情報が引き下げ。 これまでの『渡航中止勧告(レベル3)』から『渡航自粛(レベル2)』に変更。 他には、オーストラリア、ニュージーランド、中国(香港)、台湾、ブルネイ、韓国。
◆タイ入国:投資家ビザ◆300万バーツ以上のコンド又はタイ国債
タイ王国大使館が、投資家ビザ(NON-B)の申請方法を公開。 タイ不動産所有の投資家またはタイ国債を保有する投資家(両者とも投資金額が300万バーツ以上)。 2020年10月現在、14日間の強制隔離、10万米ドル相当のコロナ保険は必須。
◆タイ特別観光ビザ(STV)◆7ヶ月ぶりに観光客がタイ入国
10月20日、新型コロナ感染拡大以降、7ヶ月ぶりの観光客がタイ入国。 特別観光ビザ(STV)を取得した上海からの中国人41人がスワンナプームに到着。 10月26日には広州からの147人の予定。14日間の強制隔離後に観光へ…
◆タイ入国:特別観光ビザ(STV)◆タイ大使館が申請方法を公開
東京のタイ大使館が、特別観光ビザ(STV)の申請方法を公開。 14日間の強制隔離、10万米ドルを補償する医療保険などの必須条件は変更なし。 日本は『低度感染危険国』認定。2021年9月30日までの期間限定措置。
◆タイ入国:隔離検疫ASQホテルリスト◆最高22万B〜最安3万B(14泊)
タイへの入国には、14日間の強制的な隔離検疫が義務化されている。 外国人は、タイ政府が認定したホテルへの滞在が必須。ホテルは病院と提携し、パッケージには、1日三食、無料Wifi、24時間看護が含まれる。
『ビジネス渡航者向けPCR検査+陰性証明書発行』協力医療施設リスト
ビジネス渡航者向けのPCR検査と陰性証明書発行に協力する医療機関が公開された。 日本政府が、ベトナム、タイ、オーストラリア、ニュージーランドとの往来再開を進める中、陰性証明書の取得がネックとなっていた。 ようやく準備が整いつつある模様…

厚生労働省 公式 LINE アカウント

◆新型コロナ:厚生労働省◆感染症情報 LINE公式アカウント:QRコード
LINE株式会社は、厚生労働省の要請を受け、新型コロナウイルスの発生状況や予防法などの情報を広く提供するため、「新型コロナウイルス感染症情報 厚生労働省」LINE公式アカウントを開設したことをお知らせいたします。

タイの新型コロナ、感染者数、推移

Thailand Coronavirus: 3,926 Cases and 60 Deaths - Worldometer
Thailand Coronavirus update with statistics and graphs: total and new cases, deaths per day, mortality and recovery rates, current active cases, recoveries, tre...

タイの新型肺炎、コロナウィルス 関連記事

◆タイのコロナ:PCR検査◆バンコクの日本語の通じる3大病院+治療概算費用
新型コロナの感染が疑われる時には、一刻も早くPCR検査を受けたいですね。 バンコクの三大病院でもPCR検査が可能です。ただし、1日の対応可能数には限りがあり、通常の治療が必要な患者さんを優先しましょう。
◆タイのコロナ:保険確認要◆重症の場合の医療費が最大で1千万円
海外で新型コロナに感染した場合、海外旅行者保険が適用可能。但し、海外では医療費が高額。タイのサミティベート病院の日本人医師によると重症化してICUなどに長期入院の場合最大で1千万円。一般的保険は200〜300万円程度。あなたの保険は?
◆タイのコロナ:日本人差別◆梨田大使からタイ国民の皆様への手紙◆
タイで日本人に対する差別が発生している。 『日本人は出て行け』『刺身はバイ菌だらけ』などの風評被害。 これを危惧した在タイ日本国大使館の梨田大使が『梨田大使からタイ国民の皆様への手紙』を出した。
◆新型コロナ◆海外旅行期間中に感染したら保険適用されるのか?
日本国内では、2020年3月6日、新型コロナウィルスのPCR検査は健康保険の適用。また、感染後の治療費に関しては『指定感染症』の為、公費の負担。では、海外旅行中の検査や治療費は海外旅行者保険で適用されるのか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

★1日一回、イラストをクリックしてランキングの応援おねがいします!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

★お知らせ★ブログの更新をメールで受け取れます!

5,918人の購読者に加わりましょう

バンコクタイムズ 香港ナビ
◆シェアして、友達にもおしえてあげよう◆
バンコクで修業中。