◆シンガポール◆ワクチン到着、9月末までに外国人含め全住民に接種

この記事は 約4 分で読めます。

シンガポールは、ファイザー社のワクチンを承認し、12月末までに最初の入荷を開始。
リー首相は、外国人にも無料で提供し、2021年第3四半期には全ての人に行き渡ると発表。
接種は義務ではなく推奨とし、妊婦、免疫障害者、16歳未満への投与はせずリスクの見極め。
流石です、シンガポール。
 :
決断と行動が早い!
的確な判断と意思決定が明確なリーダーが率いる国の強さを見せつけられましたね。
 :
1990年代に駐在していた時は、かなり束縛されることが多く面白みに欠けるけど、安心して暮らせる国だと信頼していましたが、こういった危機的状況になるとさらに強みを発揮しますね。
 :
『国民だけでなく外国人労働者など長期滞在者も無料とする』と明確にすれば、国民全員が安心するし、変な差別を生まない最善策だと思います。
 :
シンガポール国民のワクチン接種に関する世論調査なども聞いてみたいですね。
 

◆タイのワクチン接種◆世論調査で約7割が接種希望と回答

◆タイのワクチン接種◆世論調査で約7割が接種希望と回答
タイの感染症管理局の調査によると、約7割のタイ人はコロナワクチン接種を希望。 世界各国でワクチン接種に関する議論が活発で、エリザベス女王も率先して受けると明言。 日本でも厚生労働省が環境整備中で、住民票のある自治体で予約して接種が可能。

◆悲報:シンガポール入国◆日本感染拡大で14日間強制隔離に逆戻り

◆悲報:シンガポール入国◆日本感染拡大で14日間強制隔離に逆戻り
シンガポールでも日本からの入国者は14日間の強制隔離に格下げへ。 これまでは在宅隔離が許されたが、日本での感染拡大を受け、11月24日から再度強化。 日本はシンガポールの危険度レベルを引き下げ、11月からの往来再開を告げたが…

◆感染症危険情報◆タイ、ベトナム、シンガポールなど9カ国引き下げ

◆感染症危険情報◆タイ、ベトナム、シンガポールなど9カ国引き下げ
タイ、ベトナム、シンガポールを含む9カ国の感染症危険情報が引き下げ。 これまでの『渡航中止勧告(レベル3)』から『渡航自粛(レベル2)』に変更。 他には、オーストラリア、ニュージーランド、中国(香港)、台湾、ブルネイ、韓国。

 

Pfizer-BioNTech COVID-19 vaccine approved by Singapore, first shipment expected by end-December

記事引用先:ChannelAsia

12月末までに最初の出荷が予定

SINGAPORE: The Health Sciences Authority (HSA) has approved the COVID-19 vaccine developed by United States pharmaceutical giant Pfizer and German firm BioNTech, with the first shipment due to arrive in Singapore by the end of December, announced Prime Minister Lee Hsien Loong on Monday (Dec 14). 

シンガポール:Health Sciences Authority(HSA)は、米国の製薬大手ファイザーとドイツの企業BioNTechが開発したCOVID-19ワクチンを承認し、12月末までにシンガポールに最初の出荷が予定されているとリーシェンロン首相が発表しました。

2021年の第3四半期には全ての人に

他のワクチンも今後数ヶ月でシンガポールに到着すると予想されており、すべてが計画通りに行けば、来年の第3四半期までに「すべての人に十分なワクチンが提供される」と彼は付け加えた。
 

シンガポール、ファイザーのワクチンを承認

記事引用先: 日経新聞

シンガポールのリー・シェンロン首相は14日、米ファイザーと独ビオンテックが開発した新型コロナウイルスのワクチンを同国の医薬当局が承認したと発表した。12月末までに最初のワクチンが同国に到着し、2~3週間後に投与を開始する。医療関係者や高齢者を優先し、国民だけでなく外国人労働者など長期滞在者も無料とする。

リー首相はワクチンを義務付けはしないものの、住民に「投与を強く勧める」と述べた。閣僚が率先して受ける方針も示している。ただ妊婦、免疫障害のある人、16歳未満の人への投与は当面はせず、リスクを見極める方針だ。

◆海外在住者に楽天モバイル◆利用がなければ毎月無料(1Gまで0円)

お願い:ランキングでの応援!

◆日本人のタイ入国は?

◆タイ入国:4月1日~強制隔離短縮◆日本は変異株流行国以外に
タイ政府は、2021年4月1日から入国者の強制隔離期間短縮を発表。 日本を含む変異株流行国以外からの入国者は10日間、ワクチン接種者は7日間。 併せて、対象となるワクチン(シノバック、アストラゼネカ、ファイザー、モデルナ)も公開。
◆タイ入国:隔離検疫ASQホテルリスト◆最高22万B〜最安3万B(14泊)
タイへの入国には、14日間の強制的な隔離検疫が義務化されている。 外国人は、タイ政府が認定したホテルへの滞在が必須。ホテルは病院と提携し、パッケージには、1日三食、無料Wifi、24時間看護が含まれる。

タイの新型肺炎、コロナウィルス 関連記事

◆海外在住者のワクチン接種◆日本政府は早くて夏頃接種開始を検討
日本政府が、在外邦人の一時帰国ワクチン接種の対応方針を決定。 希望者は、管理システムで予約し、一時帰国して空港などで接種、3週間後に再接種。 政府は、一時帰国接種者を20万人程度と想定し、早ければ夏頃から接種開始を検討。
◆タイでPCR検査費用◆バンコクで日本語対応3大病院+コロナ治療概算費用
新型コロナの感染が疑われる時には、一刻も早くPCR検査を受けたいですね。 バンコクの三大病院でもPCR検査が可能です。ただし、1日の対応可能数には限りがあり、通常の治療が必要な患者さんを優先しましょう。
◆タイのコロナ:保険確認要◆重症化の医療費が最大で1千万円
海外で新型コロナに感染した場合、海外旅行者保険が適用可能。但し、海外では医療費が高額。タイのサミティベート病院の日本人医師によると重症化してICUなどに長期入院の場合最大で1千万円。一般的保険は200〜300万円程度。あなたの保険は?
◆海外旅行保険◆新型コロナに感染したら保険適用されるのか?
日本国内では、2020年3月6日、新型コロナウィルスのPCR検査は健康保険の適用。また、感染後の治療費に関しては『指定感染症』の為、公費の負担。では、海外旅行中の検査や治療費は海外旅行者保険で適用されるのか?