◆ポストコロナの役所:三密回避◆マイナンバーカード受取は予約制

この記事は 約4 分で読めます。

政府の特別給付金(10万円)のオンライン申請に振り回される市役所や区役所。
マイナンバーカードの受け取り票が届いた、『受け取りは予約制』との注意書き。
ポストコロナ時代の三密回避はオンラインに予約制。IT後進国の日本に突きつけられた課題…
現在、日本人の関心が最も高いと言われる『特別給付金10万円』を巡って、オンライン申請の不備やマイナンバーカードの使えなさが叫ばれている最中、マイナンバーカードの受け取り票が届きました。
 :
家族からは直ぐに取りに行けばと矢のような催促が…
『いまは行きたくないよ…』
 :
管理人の住む横浜市の金沢区の区役所はどうなのかなあ?
区民の皆さんがまだ区役所に並んでいるのかなあと心配しつつ、いつ取りに行こうか思案中…

◆海外在住者の10万円給付◆ちょっとやっかいなオンライン申請◆

◆海外在住者の10万円給付◆ちょっとやっかいなオンライン申請◆
海外在住者は、日本政府の10万円給付の対象か?の議論はさておき。 在住者でも4月27日時点で住民基本台帳に登録されていれば権利が発生します。 5月からオンライン申請が可能となったが、少々手間暇がかかりそうです…

◆海外在住者のマイナンバー◆住民票無い場合は銀行届け出不要!但し新規や送金に不都合!

◆海外在住者のマイナンバー◆住民票無い場合は銀行届け出不要!但し新規や送金に不都合!
海外在住者にとっては、日本で遅々として進まないマイナンバーの普及が気になる。 国内普及していないにも拘らず、海外在住者にはとても厳しい措置は納得がいかない… 政府は税金の無駄遣いを取り返そうと免許証や保険証と一体化を進めようと画策するも…

マイナンバーの受け取り票が届いた!

管理人は、2019年の秋に一時帰国した際に横浜市の区役所に『転入届』を出して、マイナンバーと健康保険を即日発行してもらっていました。但し、マイナンバーのカード自体は発行に時間がかかるため、受け取りができないまま、タイに帰国していました。
◆海外在住者の一時帰国で住民票◆マイナンバーと健康保険は即日交付可能!
海外在住の日本人にとって、日本に住民票を残すかどうかは悩みの種です。 一旦転出した後に、一時帰国で住民票を戻したいと思う方も多いと思います。 住民票が受理されると、市民税(住民税)、年金保険料の支払い義務も発生します。
今回の新型コロナの影響で一時帰国しましたので、マイナンバーカードの受け取り申し込みをしたところ、ようやく『受け取り票』が届きました。

役所は『三密』だと聞いてるし、行くのは嫌だなと思いながら裏面を見ると『マイナンバーカードのお受け取りは予約制です』との表記が!

お役所も三密回避に工夫してるんだなと感心しながら、横浜市の『マイナンバーカードの受取方法について』にたどり着きました。

マイナンバーカードの受取方法について:横浜市

横浜市役所ホームページ:

横浜市のホームページは、そこそこ纏まってる方だと思います。

マイナンバーカードの受取方法について:横浜市

でも、構成はわかりにくいですね…
URLがわからなければ、たどり着くまでに…

受け取りまでの流れ

受け取り時に持っていくもの

  • 横浜市から届いたはがき(個人番号カード交付・電子証明書発行通知書兼照会書)
  • 通知カード(初めてマイナンバーカードを交付される方のみ)
  • 住民基本台帳カード(交付を受けている方のみ)
  • 本人確認資料2点
    • 「1:官公署が発行した顔写真付きの本人確認資料」1点と、「2:本人の氏名と住所又は氏名と生年月日が確認できる資料」1点を確認します。

詳細は『マイナンバーカードの受取方法について』で確認ください!

◆海外在住者に楽天モバイル◆利用がなければ毎月無料(1Gまで0円)

お願い:ランキングでの応援!

◆日本人のタイ入国は?

◆在東京タイ王国大使館◆観光目的入国可能+ビザ免除滞在45日間へ
在東京タイ王国大使館『観光目的の入国可能』『ビザ免除滞在45日間』正式発表。 入国許可証(COE)の取得と14日間の強制隔離を除けば、コロナ前と同じに。 但し、日本の第三波、タイの大規模クラスター発生で、ますますタイが遠ざかる…
◆タイ入国:定期便再開◆2021年1月〜ANA/JAL/タイ航空
待ちに待った、バンコク線の定期便が2021年1月から再開。 ANA・JAL・タイ航空が定期便のスケジュールを公開(特別便は廃止)。 タイ入国に際しての入国許可証取得、14日間の強制隔離などの条件は変更なし。
◆タイ入国:隔離検疫ASQホテルリスト◆最高22万B〜最安3万B(14泊)
タイへの入国には、14日間の強制的な隔離検疫が義務化されている。 外国人は、タイ政府が認定したホテルへの滞在が必須。ホテルは病院と提携し、パッケージには、1日三食、無料Wifi、24時間看護が含まれる。

タイの新型肺炎、コロナウィルス 関連記事

◆タイでPCR検査費用◆バンコクで日本語対応3大病院+コロナ治療概算費用
新型コロナの感染が疑われる時には、一刻も早くPCR検査を受けたいですね。 バンコクの三大病院でもPCR検査が可能です。ただし、1日の対応可能数には限りがあり、通常の治療が必要な患者さんを優先しましょう。
◆タイのコロナ:保険確認要◆重症化の医療費が最大で1千万円
海外で新型コロナに感染した場合、海外旅行者保険が適用可能。但し、海外では医療費が高額。タイのサミティベート病院の日本人医師によると重症化してICUなどに長期入院の場合最大で1千万円。一般的保険は200〜300万円程度。あなたの保険は?
◆海外旅行保険◆新型コロナに感染したら保険適用されるのか?
日本国内では、2020年3月6日、新型コロナウィルスのPCR検査は健康保険の適用。また、感染後の治療費に関しては『指定感染症』の為、公費の負担。では、海外旅行中の検査や治療費は海外旅行者保険で適用されるのか?
  •