タイでデング熱(24):2018年患者数8.5万人、死亡者108人

この記事は 約5 分で読めます。

最終更新日:2019-05-15

念願のアーリーリタイアを実現し、バンコクにロングステイ中の「バンコクで修業中。」です。

タイのデング熱、勢いが衰えません・・・

2018年には、患者数8万5千人を超え、死亡者も108人・・・

2019年に入っても勢いは衰えず、特に治療が必要のない場合も多いが、重症型のデング出血熱になると致死率が跳ね上がる・・・

バンコクでは少ないものの観光客の方は、特に要注意です!

2019年5月:バンコクでデング熱感染1500人、子供は要注意

バンコク都衛生管理機関は、今年1月6日から4月27日までにデング熱に感染した人が1550人、このうち1人が死亡したことを明かした。

タイ地元紙によると、特に感染者が多いのは5~14歳の子供で、注意するよう呼びかけている。現在同機関は、バンコク全域で媒介となっている蚊の撲滅対策を講じているとのこと。

2019年3月:タイのデング熱、勢い衰えず!

デング熱、タイで昨年の倍増ペース

デング熱、タイで昨年の倍増ペース | newsclip (健康・医療、医療ニュースのニュース)
【タイ】タイ保健省によると、年初から2月12日までにタイ国内で報告があったデング熱、重症型のデング出血熱とデングショック症候群の患者数は5191人で、2人が死亡した。患者数は前年同期比2.3倍に上る。

タイのデング熱患者 2018年8.5万人、109人死亡

タイのデング熱患者 2018年8.5万人、109人死亡 | newsclip (健康・医療、医療ニュースのニュース)
【タイ】タイ保健省によると、2018年にタイ国内で報告があったデング熱、重症型のデング出血熱とデングショック症候群の患者数は8万4830人で、109人が死亡した。

2018年10月:タイのデング熱患者、前年比6割増ペース 86人死亡

【タイ】タイ保健省によると、1月1日―10月20日にタイ国内で報告があったデング熱、重症型のデング出血熱とデングショック症候群の患者数は6万7968人で、86人が死亡した。前年同期比で患者数は58%、死者数は54%増加した。

・引用先:http://www.newsclip.be/article/2018/10/26/37960.html

蚊、蚊、管理人、デング熱、怖いよおおお!

タイのデング熱患者、2017年5・3万人 63人死亡 | newsclip (健康・医療、医療ニュースのニュース)
【タイ】タイ保健省によると、2017年にタイ国内で報告があったデング熱、重症型のデング出血熱とデングショック症候群の患者数は前年比16%減の5万3190人で、63人が死亡した。
タイ、年初からのデング熱死者18人 | newsclip (ニュース、社会のニュース)
【タイ】タイ保健省によると、年初から4月17日までにタイ国内で報告があったデング熱、重症型のデング出血熱とデングショック症候群の患者数は7082人で、18人が死亡した。今後本格的な雨期に入ると、患者数が急増すると予想される。
管理人

シンガポールに住んでた時は、バルコニーの鉢植えに水を貯めてたら罰金とか、かなり神経を使ってたよ。

デング熱とは?

管理人

日本でも2014年にデング熱が大騒ぎになったけど…

■厚生労働省

デング熱は、蚊に刺されることによって感染する疾患です。
デング熱は急激な発熱で発症し、発疹、頭痛、骨関節痛、嘔気・嘔吐などの症状が見られます。通常、発症後2~7日で解熱し、発疹は解熱時期に 出現します。デング熱患者の一部は、まれに重症化してデング出血熱やデングショック症候群を発症することがあり、早期に適切な治療が行われなければ死に至ることがあります。
屋外の蚊が多くいる場所で活動する場合は、でぎるだけ肌を露出せず、虫よけ剤を使用するなど、蚊にさされないよう注意してください。

・引用先:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000131101.html

■国立感染研究所

ネッタイシマカなどの蚊によって媒介されるデングウイルスの感染症である。デングウイルスはフラビウイルス科に属し、4 種の血清型が存在する。比較的軽症のデング熱と、重症型のデング出血熱とがある。

・引用先:https://www.niid.go.jp/niid/ja/diseases/ta/dengue/392-encyclopedia/238-dengue-info.html

2014年に厚生労働省や国立感染研究所も情報をアップデートしてるね。

■デング熱:Wikipedia

デング熱(デングねつ、まれにデンゲ熱とも、英: dengue fever [ˈdɛŋgi -], breakbone fever)とは、デングウイルスが原因の感染症であり、熱帯病の一つである。

蚊の吸血活動を通じて、ウイルスが人から人へ移り、高熱に達することで知られる一過性の熱性疾患であり、症状には、発熱・頭痛・筋肉痛・関節痛、はしかの症状に似た特徴的な皮膚発疹を含む。

・引用先:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%B3%E3%82%B0%E7%86%B1

バンコクで対策はどうする?

パートナー

サミティベが対策をアナウンスしてるわよ!

デング熱について知っておきたいこと

  1. 雨季に流行る。バンコクでもデング熱にかかる。
  2. 解熱鎮痛薬としてのアスピリン系の薬(バファリンなど)はライ症候群や出血傾向を高めるので飲んではいけない。タイで高熱が出たらまずは医療機関を受診を。
  3. 効果のある治療薬がない。蚊に刺されないことが唯一の予防法。
  4. ヒトからヒトへ直接感染することはなく、感染者を吸血した蚊が、他のヒトを吸血することにより感染が拡がる。

デング熱対策:確認しよう!

  1. 網戸・ドア、部屋の中を確認。
  2. ベージュや薄いグレーなど薄い色の服を選ぶ。
  3. 蚊よけグッズの購入。
  4. 虫除けスプレーの塗り方の確認。
  5. 屋外で活動する際には、特に足元に注意。

 

引用先:サミティベHomepage https://bit.ly/2qcS2XG

屋外で活動する管理人は、特に気を付けないとな!

管理人

そうだな、昼間のテニスでも草むらとかあると蚊はいるし、特に屋台で飯食ってる時は虫よけ必須だね!

パートナー

私が買った「蚊よけスプレー」常備してください!


参考になったら応援お願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

『バンコクでロングステイ』おすすめ記事!

管理人のおすすめはこちら!

海外移住・海外ロングステイをご希望の皆様!

海外で暮らしたい
『タイでリタイアメントビザを取得するのは簡単』です。年齢が50歳以上で、タイで一年間生活できる程度の『不労所得(年金若しくは貯金)』があり、過去に犯罪歴がないなどの一定の条件をクリアして、必要な書類を揃え、それを移民局に持っていけば!

タイ・バンコク・パタヤでロングステイ・ちょい住みを希望の皆様!

バンコクで暮らしたい
『タイ・バンコクに旅行するのは簡単』です。タイ王国への海外旅行にビザを取得する必要はありませんし、親日国で日本人には優しいし、タイ人の日本という国への興味は年々高まっていて、日本人には優しいし、気候は温暖で過ごしやすいし、ご飯は美味しいし… 良い事ばかりですね。

セミリタイア・アーリーリタイアめざし老後資金を貯めたい皆様!

老後資金
『老後資金を貯めるのは簡単』です。 20歳の時からお給料の半分を老後のために、運用・貯金すればよいのです。 でも、そんな人は居ませんよね・・・ もう40代、50代、60代になってしまった皆さんは取り返しがつかないのか? そうではありません。...

海外旅行・現地情報を収集して、楽しみたい人はこちら!

海外旅行したい
「海外旅行したい」の記事一覧です。

キャリアをかえて(天職を求めて)人生を好転させたい人はこちら!

キャリアアップしたい
「キャリアアップしたい」の記事一覧です。

参考になったら応援お願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で