◆タイのワクチンパスポート◆2回分の接種証明と50バーツで!

この記事は 約5 分で読めます。

タイ政府が、旅行者向けワクチンパスポートの概要と発行プロセスを官報に公開。
ワクチンパスポートの発行には、2回分のワクチン接種証明と発行手数料50バーツが必要。
発行場所は、スワンナプーム空港や感染研究所や疾病予防管理センターなど。
2021年5月3日追記:
外国人もワクチン接種の予約ができたとの報告がありました。
◆タイのワクチン接種◆外国人も予約可能:ピンクIDカード所有者
タイ在住外国人が信頼する英国人リチャード『外国人もワクチン接種予約に成功』と報告。 外国人のワクチン接種予約にはタイのピンクIDカード番号とセキュリティコードが必要。 外務省報道官『国籍に関係なくタイに住む全ての人に接種の資格』との報道も…
 
投稿日:2021年5月2日
日本政府は、ワクチンパスポートの発行には消極的で『証明書のない人は施設への入場を認めないなど、使い方によっては差別を助長する懸念もあるため国内の移動などでの利用は考えない』方向で、国際ワクチンパスポートに関しても、具体的な方針が見えてこない。
 :
特に、世界の潮流であるデジタル・ワクチンパスポートにおいては全く追いつけてないでしょう。
今後、海外行きの飛行機に乗るためには『ワクチン接種を証明する方法』が必要になるのは明らかです。
 :
新型コロナが落ち着き、海外に行こうとする日本人がワクチン接種を証明するための方法を日本政府としても明確にしてほしいです。
 :
管理人は、バンコクに戻るのはワクチン接種後と考えていて、当然、タイへの入国時に紙の書類を求められるのでしょう。この時、日本政府公認のデジタル・ワクチンパスポートさえあれば出国・入国の手続きがスムーズになることは誰もが認めることかと…

関連記事:◆タイのワクチン接種◆LINE公式登録方法:タイのID番号必要

◆タイのワクチン接種◆LINE公式登録方法:タイのID番号必要
タイの一般人向けのワクチン接種は、60歳以上を対象に5月1日から登録開始。 登録には、ラインの公式アカウントからタイの13桁のID番号の登録が必要。 タイ産のアストラゼネカ製ワクチンは、政府の承認を受け6月出荷開始の見込み。

関連記事:◆日本のワクチンパスポート◆デジタル後進国:世界の潮流に乗り遅れる

◆日本のワクチンパスポート◆デジタル後進国:世界の潮流に乗り遅れる
世界では、ワクチンパスポート構想導入に向け具体的な法案整備などが進展中。 ところが、日本政府はコロナワクチン接種証明書の国内導入に慎重、海外向けは構想さえ見えず… 海外渡航先がデジタル証明を求めた場合、どのように対処していくかさえ想定していないのでは?

関連記事:◆タイのワクチンパスポート◆『○国製』偽造証明書の対策が重要

◆タイのワクチンパスポート◆『○国製』偽造証明書の対策が重要
タイのプラユット首相がワクチンパスポートの検討を外務省に指示。 EUや英国で盛んに議論されているワクチン接種を証明し他国との移動を緩和する構想。 タイ独自のシステムではなく、欧米で検討が進んでいるシステムの導入がおすすめ…

タイ政府は、旅行者に国際ワクチン・パスポートを発行する

記事引用先:The Thaiger

Thailand to issue international vaccine passport for travellers

An international vaccine passport, certifying Covid-19 immunisation, will be an official travel document for those travelling overseas, according to an order by the Public Health Ministry’s Disease Control Department.

公衆衛生省の疾病管理局によると、Covid-19予防接種を証明する国際ワクチンパスポートは、海外旅行者のための公式の渡航文書になります。
A copy of the vaccine passport along with an order outlining the issuing process, both approved by the department’s director general Opas Karnkawinpong, were published in the Royal Gazette, making it official.
ワクチンパスポートのコピーと共に発行プロセスが公衆衛生省の局長によって承認され、官報に掲載されました。

ワクチンパスポートの発行方法

ワクチンパスポートの発行手数料は50バーツです。

【Q】ワクチンパスポートの発行に必要な書類は?

  1. ワクチン接種証明書(2回分)
  2. パスポート
  3. エアーチケットなど旅行に関する書類

【Q】ワクチンパスポートの発行場所は?

  1. スワンナプーム空港:国際伝染病対策ポート
  2. Bamrasnaradura感染研究所:トラベルクリニック
  3. 疾病予防管理センター
いずれも事前の予約が必要なので、詳細は下記参照ください。

1. International Communicable Disease Control Port, Suvarnabhumi Airport.
It is required to make an appointment throughporthealth_bkk@ddc.mail.go.th.
2. Travel Clinic, Bamrasnaradura Infectious Disease Institute An appointment is required. Please contact 02-590-3430.
3. Urban Institute for Disease Prevention and Control Please contact 02-521-0943.

管理人のつぶやき

Facebookで、この記事を目にしたファランのコメントが『Where can I buy this? どこで買えるの?(爆笑)』でした。
 :
発行手数料の50バーツが安いのか、高いのか?とか議論もあるかと思いますが、この手の証明書が、簡単に偽造されては感染の拡大を助長しかねません…
 :
ぜひとも、もう少しスマートなワクチンパスポートを作って頂きたいなと心から祈ります…

◆海外在住者に楽天モバイル◆利用がなければ毎月無料(1Gまで0円)

応援お願いします!更新の励みになります!

◆日本人のタイ入国は?

◆サンドボックスの落とし穴◆同乗者感染で強制隔離14日間へ
タイではデルタ株が猛威、1日の陽性が9,000人を超え事実上のロックダウン突入。 一方、政府肝いりのサンドボックス実証実験は粛々進行中に思わぬ落とし穴が。 ドバイからの観光客の陽性が確認され、同じフライトの13人が強制隔離施設へ…
◆タイ入国◆強制隔離14日間に逆戻り+医療ビザ一時発行停止
タイでは新型コロナ第三波が到来し、短縮されていた強制隔離期間が14日間に逆戻り。 4月から強制隔離は10日間に、ワクチン接種者は7日間に短縮されていたが、一律14日に。 あわせて、メディカルビザの発行も感染状況が改善されるまで一時発行停止に。
◆タイ入国:隔離検疫ASQホテルリスト◆最高22万B〜最安3万B(14泊)
タイへの入国には、14日間の強制的な隔離検疫が義務化されている。 外国人は、タイ政府が認定したホテルへの滞在が必須。ホテルは病院と提携し、パッケージには、1日三食、無料Wifi、24時間看護が含まれる。

◆タイのワクチン接種に関する記事はこちら

◆タイのワクチン調達計画◆アストラゼネカじゃダメ?
2021年7月27日、在タイ日本国大使館が在留邦人向けワクチン接種に関するセミナーを開催。 セミナーでは、在留邦人向けにアストラゼネカ製ワクチン接種プログラムを後日公開と発表。 前日に発表されていたバムルンラード病院の予約開始は誤りと指摘…
◆アストラゼネカ予約再開◆バムルンラード病院:日本寄贈
日本政府寄贈のアストラゼネカ製ワクチンの接種予約サイトがバムルンラード病院から。 病院の専用サイトからの申し込み後、提供可否のSMSもしくはメールが送信される。 在タイ日本大使館から7月27日14時のセミナーで発表と想定、事前の予約がおすすめ!
◆アストラゼネカ初回接種◆副反応は?重症化・デルタ株に効果?
ASEAN諸国ではシンガポールを除き多くの国で採用のアストラゼネカ社のワクチン。 そもそもデルタ株はなぜ感染力が強いの?効果はあるの?ワクチンは重症化を防げるの? アストラゼネカのワクチン接種後の副反応や血栓との関係も気になる…
◆バムルン病院でモデルナ予約◆2021年11月接種開始予定
バンコクのバムルンラード病院で、7月9日(金)午前9時モデルナ製ワクチンの予約開始。 接種可能時期は2021年11月、値段は1本1,650B、他のワクチン接種者にも対応。 対象は18歳以上、ワクチン未接種者を優先し、シノバック接種済は1回予約可能。
◆タイのワクチン接種◆副反応で死亡補償140万円:忌避率増加中
タイ政府の調査で、副作用や効果を懸念しワクチン接種忌避の割合が増加中。 政府は、ワクチン接種が引き起こす副作用に対する補償内容(死亡、重度、軽度)を公開。 ワクチン接種によって、死亡もしくは重度の障害で40万バーツ(約140万円)の補償金…

◆タイの新型肺炎、コロナウィルス 関連記事

◆在外邦人の帰国ワクチン接種◆7月19日インターネット予約開始
在外邦人向け『一時帰国ワクチン接種』インターネット予約受付が7月19日(金)開始。 対象は、在外邦人で住民票を持たない(転出届を提出済み)、接種時に満12歳以上の方。 在外邦人でも日本に住民票がある者、帰国時に転入届を出した場合は対象外。
◆タイでPCR検査費用◆バンコクで日本語対応3大病院+コロナ治療概算費用
新型コロナの感染が疑われる時には、一刻も早くPCR検査を受けたいですね。 バンコクの三大病院でもPCR検査が可能です。ただし、1日の対応可能数には限りがあり、通常の治療が必要な患者さんを優先しましょう。
◆タイのコロナ:保険補償額確認要◆重症化の医療費が最大で1千万円
海外で新型コロナに感染した場合、海外旅行者保険が適用可能。但し、海外では医療費が高額。タイのサミティベート病院の日本人医師によると重症化してICUなどに長期入院の場合最大で1千万円。一般的保険は200〜300万円程度。あなたの保険は?
◆海外旅行保険◆新型コロナに感染したら保険適用されるのか?
日本国内では、2020年3月6日、新型コロナウィルスのPCR検査は健康保険の適用。また、感染後の治療費に関しては『指定感染症』の為、公費の負担。では、海外旅行中の検査や治療費は海外旅行者保険で適用されるのか?