◆タイの特別観光ビザ◆10月の結果次第で強制隔離7日間に短縮

この記事は 約5 分で読めます。

2020年10月15日追記:
東京のタイ王国大使館が、特別観光ビザ(STV)の申請方法を公開しました。
◆タイ入国:特別観光ビザ(STV)◆タイ大使館が申請方法を公開
東京のタイ大使館が、特別観光ビザ(STV)の申請方法を公開。 14日間の強制隔離、10万米ドルを補償する医療保険などの必須条件は変更なし。 日本は『低度感染危険国』認定。2021年9月30日までの期間限定措置。

タイの特別観光ビザ(STV)の詳細が9月末に公開の予定。
10月の最初の300人で14日間に感染なければ、11月から隔離期間を7日に短縮を検討。
隔離期間中は、政府指定のホテルで外出禁止、禁酒、禁煙など強制されるだけに短縮は朗報。
強制隔離期間が、7日間に短縮の可能性が出てきたことで、管理人のタイへの期間が近づいてきた予感がします。
 :
強制隔離期間中、2週間の禁酒(タバコは、ずいぶん昔に禁煙済み)、拘束に耐えられないと感じていたので、心からの嬉しい知らせでした。
 :
これで、飛行機代も安くなれば、もう一歩か…
2020年9月26日【追記】
強制隔離期間中のホテルからコンビニに行けますかとの質問がありました。
答えは、自由に部屋から出ることはできません。ホテルの敷地内を、管理者に付き添われて歩き回ることができる程度と考えて下さい。

◆タイ入国:特別観光ビザ(最長270日)◆申請方法・条件・検疫

◆タイ入国:特別観光ビザ(最長270日)◆申請方法・条件・検疫
タイ政府が、9月15日、外国人観光客の入国を承認。 最長270日間の特別観光ビザ(通称:STV)を許可し、10月から発給の予定。 ただし、これまでのビジネス渡航者と同様の申請プロセス、保険加入、検疫義務は継続見込み。

Shorter quarantine if tourist test succeeds

The Tourism and Sports Ministry has sought help from private hospitals to carry out testing of tourists arriving at airports. WICHAN CHAROENKIATPAKUL

記事引用先:bangkok post

10月で成功すれば、11月からの検疫期間を7日間に

A seven-day quarantine for foreign tourists can be put into effect in November if the first batch of inbound tourists in October is clear of coronavirus infections, says the Tourism and Sports Ministry.

観光とスポーツ省によると、10月の最初のインバウンド旅行者がコロナウイルス感染症に感染していない場合、11月に外国人観光客向けの7日間に検疫期間を短縮する方向。

9月29日の閣議後、STV詳細発表

After next Tuesday’s cabinet meeting, the government will announce more details of the special tourist visa (STV) that will allow long-stay visitors, the first international arrivals in almost six months, to enter the country by Oct 1, said Tourism and Sports Minister Phiphat Ratchakitprakarn.
来週火曜日の閣議後、政府は、長期滞在者である約6か月で最初の海外到着者が10月1日までに入国できるようにする特別観光ビザ(STV)の詳細を発表します。

最初の300人の感染がなければ、以降の週当たりの客数を増加する

If the first two groups of 300 foreigners complete the 14-day quarantine on Oct 15 and Oct 21 without a positive case, then the ministry plans to propose an increase in the number of tourists per week by Nov 1.
外国人300人の最初の2つのグループが10月15日と10月21日に肯定的なケースなしに14日間の検疫を完了した場合、同省は11月1日までに週あたりの観光客数の増加を提案する予定です。

計画が順調に進めば、11月中旬には7日間に短縮を検討する

If the tourism plan runs smoothly, the ministry will consider shortening the quarantine period to seven days in mid-November, Mr Phiphat said.
観光計画が順調に進めば、同省は検疫期間を11月中旬の7日間に短縮することを検討する、とPhiphat氏は述べた。

観光評議会は、通常に戻れば、海外からの観光客は年間6,000万人、GDPの25%と予測

If the tourism plan runs smoothly, the ministry will consider shortening the quarantine period to seven days in mid-November, Mr Phiphat said.
評議会は、世界的な観光が通常に戻ると、タイへの国際的な到着が6000万に達し、2023年までにGDPの25%に貢献すると予測しています。

◆海外在住者に楽天モバイル◆利用がなければ毎月無料(1Gまで0円)

お願い:ランキングでの応援!

◆日本人のタイ入国は?

◆タイ入国:4月1日~強制隔離短縮◆日本は変異株流行国以外に
タイ政府は、2021年4月1日から入国者の強制隔離期間短縮を発表。 日本を含む変異株流行国以外からの入国者は10日間、ワクチン接種者は7日間。 併せて、対象となるワクチン(シノバック、アストラゼネカ、ファイザー、モデルナ)も公開。
◆タイ入国:隔離検疫ASQホテルリスト◆最高22万B〜最安3万B(14泊)
タイへの入国には、14日間の強制的な隔離検疫が義務化されている。 外国人は、タイ政府が認定したホテルへの滞在が必須。ホテルは病院と提携し、パッケージには、1日三食、無料Wifi、24時間看護が含まれる。

タイの新型肺炎、コロナウィルス 関連記事

◆海外在住者のワクチン接種◆日本政府は早くて夏頃接種開始を検討
日本政府が、在外邦人の一時帰国ワクチン接種の対応方針を決定。 希望者は、管理システムで予約し、一時帰国して空港などで接種、3週間後に再接種。 政府は、一時帰国接種者を20万人程度と想定し、早ければ夏頃から接種開始を検討。
◆タイでPCR検査費用◆バンコクで日本語対応3大病院+コロナ治療概算費用
新型コロナの感染が疑われる時には、一刻も早くPCR検査を受けたいですね。 バンコクの三大病院でもPCR検査が可能です。ただし、1日の対応可能数には限りがあり、通常の治療が必要な患者さんを優先しましょう。
◆タイのコロナ:保険補償額確認要◆重症化の医療費が最大で1千万円
海外で新型コロナに感染した場合、海外旅行者保険が適用可能。但し、海外では医療費が高額。タイのサミティベート病院の日本人医師によると重症化してICUなどに長期入院の場合最大で1千万円。一般的保険は200〜300万円程度。あなたの保険は?
◆海外旅行保険◆新型コロナに感染したら保険適用されるのか?
日本国内では、2020年3月6日、新型コロナウィルスのPCR検査は健康保険の適用。また、感染後の治療費に関しては『指定感染症』の為、公費の負担。では、海外旅行中の検査や治療費は海外旅行者保険で適用されるのか?