◆タイの景気刺激策◆政府は11月と12月に4連休を設定したけど…

この記事は 約3 分で読めます。

タイ政府は閣僚会議で11月と12月に4連休の設定を承認。
タイのGDPの約20%を占める観光産業の復活なくしては、タイ経済の復活なし。
海外からの観光客の入国がない状況で、国内旅行産業を活性化しようとしても…
タイ政府も海外からの観光客を取り戻そうと躍起だが…
 :
特別観光ビザ(STV:Special Tourist Visa)を強力に推進しているが、90日以上滞在する人を優先しており、さらには14日間の強制隔離が残っている限り、日本から短期での海外旅行を望む人にとっては…
 :
タイ国内では、4連休をたくさん設定したところで、海外に出ることができないのだから…

◆タイ入国:特別観光ビザ(最長270日)◆申請方法・条件・検疫

◆タイ入国:特別観光ビザ(最長270日)◆申請方法・条件・検疫
タイ政府が、9月15日、外国人観光客の入国を承認。 最長270日間の特別観光ビザ(通称:STV)を許可し、10月から発給の予定。 ただし、これまでのビジネス渡航者と同様の申請プロセス、保険加入、検疫義務は継続見込み。

◆タイ入国:プーケットモデル◆国内新規感染発生で10月開始は延期

◆タイ入国:プーケットモデル◆国内新規感染発生で10月開始は延期
タイ政府観光局(TAT)長官が『プーケットモデル』開始の延期を想定。 100日ぶりのタイ国内での新規感染発生を受け、国民感情や地元への配慮か… 延期されていた9月のソンクラン休暇でも国内の観光業は奮わず、キャンペーン増額へ…

◆タイ観光評議会は来年も悲観的観測◆最悪のシナリオに備えろと警告

◆タイ観光評議会は来年も悲観的観測◆最悪のシナリオに備えろと警告
タイ政府観光庁に続き、タイ観光評議会も年内だけでなく2021年も悲観的と観測。 2019年度4,000万人の観光客を迎えたタイ観光業界も、今年は700万人以下の見通し。 2021年も危機的状況で、業界内で6~700万人が仕事を失っていると報道。

羨ましい?「4連休」を次々と設けるタイ…狙いは景気刺激

記事引用先:FNNプライムオンライン

  • タイでは2020年7月以降「4連休」が5回も
  • 何度も連休を作る狙いは…国内観光の活性化
  • 10月から一部外国人観光客受け入れも…先行き不透明

タイでは「4連休」を続々創出

タイでは新型コロナウイルスの感染状況が落ち着いて以降、連休に関するニュースが増えた。政府が次々と祝日を組み替えて、連休を作り出しているためだ。タイ政府は9月22日の閣僚会議で、2020年11月と12月にそれぞれ4連休を設けることを決めた。
11月の4連休は11月19日(木)~22日(日)で、木曜・金曜の2日間を平日から祝日に変更することで作り出した。また12月の4連休は、12月7日に元々設定されていた振替休日をずらして12月10日(木)~13日(日)までとした(12月10日は祝日)。

タイが4連休を設けるのは今回が初めてではない。国内での感染が落ち着きはじめた7月、そして9月にも4連休が設けられた。この4連休は、新型コロナウイルスの感染対策で延期していたタイ正月(ソンクラン)の祝日(もとは4月に3日間)をそれぞれ振り分けることで作り出された。こうした政策の結果、タイでは今年7月以降、1ヶ月に1度に近いペースで4連休が設けられている。
【最近のタイの4連休】
7月4日(土)~7日(火)   :もともと4連休
7月25日(土)~28日(火) :振替休日を利用
9月4日(金)~7日(月)   :振替休日を利用
11月19日(木)~22日(日):平日を祝日に変更
12月10日(木)~13日(日):振替休日を移動

狙いは「観光振興策」

タイ政府が4連休を次々と設ける理由は、新型コロナウイルスで低迷する観光業を支援するためだ。タイは観光業が国内総生産(GDP)の約2割を占める観光立国だが、同国を訪れた外国人観光客は2020年4月以降ゼロが続いている。低迷する経済を立て直すために、国内観光の活性化は最重要課題となっている。

https://www.fnn.jp/articles/CX/87763

◆海外在住者に楽天モバイル◆利用がなければ毎月無料(1Gまで0円)

お願い:ランキングでの応援!

◆日本人のタイ入国は?

◆タイ入国:4月1日~強制隔離短縮◆日本は変異株流行国以外に
タイ政府は、2021年4月1日から入国者の強制隔離期間短縮を発表。 日本を含む変異株流行国以外からの入国者は10日間、ワクチン接種者は7日間。 併せて、対象となるワクチン(シノバック、アストラゼネカ、ファイザー、モデルナ)も公開。
◆タイ入国:隔離検疫ASQホテルリスト◆最高22万B〜最安3万B(14泊)
タイへの入国には、14日間の強制的な隔離検疫が義務化されている。 外国人は、タイ政府が認定したホテルへの滞在が必須。ホテルは病院と提携し、パッケージには、1日三食、無料Wifi、24時間看護が含まれる。

タイの新型肺炎、コロナウィルス 関連記事

◆海外在住者のワクチン接種◆日本政府は早くて夏頃接種開始を検討
日本政府が、在外邦人の一時帰国ワクチン接種の対応方針を決定。 希望者は、管理システムで予約し、一時帰国して空港などで接種、3週間後に再接種。 政府は、一時帰国接種者を20万人程度と想定し、早ければ夏頃から接種開始を検討。
◆タイでPCR検査費用◆バンコクで日本語対応3大病院+コロナ治療概算費用
新型コロナの感染が疑われる時には、一刻も早くPCR検査を受けたいですね。 バンコクの三大病院でもPCR検査が可能です。ただし、1日の対応可能数には限りがあり、通常の治療が必要な患者さんを優先しましょう。
◆タイのコロナ:保険補償額確認要◆重症化の医療費が最大で1千万円
海外で新型コロナに感染した場合、海外旅行者保険が適用可能。但し、海外では医療費が高額。タイのサミティベート病院の日本人医師によると重症化してICUなどに長期入院の場合最大で1千万円。一般的保険は200〜300万円程度。あなたの保険は?
◆海外旅行保険◆新型コロナに感染したら保険適用されるのか?
日本国内では、2020年3月6日、新型コロナウィルスのPCR検査は健康保険の適用。また、感染後の治療費に関しては『指定感染症』の為、公費の負担。では、海外旅行中の検査や治療費は海外旅行者保険で適用されるのか?