◆注意喚起◆タイ在住日本人はパスポート常時携帯がおすすめ◆

この記事は 約3 分で読めます。

海外では、外国人はパスポートのオリジナルを持ち歩くことが原則。
ただし、現実には運用でコピーや現地の運転免許証で見逃してくれることも。
9月26日までのタイ移民局によるビザ延長猶予が切れたことで、ビザ取締り厳格化。
これまでも、パスポートのオリジナルを持ち歩くことは必須か、否かの議論がありました。
 :
しかし、今回はちょっと状況が違う様です。
外国人滞在者のビザ延長猶予期間が9月26日で切れることにより、不法滞在となる外国人の取り締まりが厳しくなる模様。
 :
労働許可証を所有し、正当なビザを保有していても、タイ語しかできない警察官にシンプルに説明するためには『パスポートのオリジナル』を携帯することをおすすめします!

◆注意喚起◆タイ滞在時にはパスポート常時携帯が安全!罰金や身柄拘束も!

◆注意喚起◆タイ滞在時にはパスポート常時携帯が安全!罰金や身柄拘束も!
海外に慣れてしまうとパスポートの常時携帯の原則を忘れてしまいがちです。 在タイ日本国大使館からも『警察官又は入国管理局職員に職務質問された際、パスポートを携帯していない場合、罰金や身柄を拘束される可能性もあります。』との警告が出ています。

◆海外でパスポート紛失◆警察でレポート取得し大使館で再発行/渡航書

◆海外でパスポート紛失◆地元の警察でレポート取得し大使館で再発行/渡航書
海外で身分を証明できる大切なパスポート、盗難、紛失に遭遇すると心が折れます。 慌てず、紛失した場所の地元の警察に届けレポートを取得し、大使館で再発行の手続きをします。 早急に帰国する場合は、渡航書の手配が可能です。

◆タイのIDカード取り方◆外国人用ピンクの身分証明書|日本のマイナンバー

◆タイのIDカード取り方◆外国人用ピンクの身分証明書|日本のマイナンバー
タイ政府の発行するIDカード、バット・プラチャーチョンを取りました。 タイ人用のIDはブルーですが、外国人用は『ピンクのIDカード』と呼ばれ、役所が混んでいなければ20分程度、費用は60バーツで取得できます。

◆ビザ更新忘れ不法滞在◆罰金+最悪国外退去【タイでロングステイビザ】

◆ビザ更新忘れ不法滞在◆罰金+最悪国外退去【タイでロングステイビザ】
タイ北部で『19年間の不法滞在を経て捕まった76歳の日本人』へのアクセスが止まりません。 それに伴い、強制送還の費用はだれが負担するのかとか、罰金はいくらかとか、なぜ再入国が10年なんだとかお問い合わせが多いので調べてみました。

パスポート常時携帯

タイの日系の法律事務所からの勧告があった模様です。

実際の目撃ツイート

◆海外在住者に楽天モバイル◆利用がなければ毎月無料(1Gまで0円)

お願い:ランキングでの応援!

◆日本人のタイ入国は?

◆タイ入国:4月1日~強制隔離短縮◆日本は変異株流行国以外に
タイ政府は、2021年4月1日から入国者の強制隔離期間短縮を発表。 日本を含む変異株流行国以外からの入国者は10日間、ワクチン接種者は7日間。 併せて、対象となるワクチン(シノバック、アストラゼネカ、ファイザー、モデルナ)も公開。
◆タイ入国:隔離検疫ASQホテルリスト◆最高22万B〜最安3万B(14泊)
タイへの入国には、14日間の強制的な隔離検疫が義務化されている。 外国人は、タイ政府が認定したホテルへの滞在が必須。ホテルは病院と提携し、パッケージには、1日三食、無料Wifi、24時間看護が含まれる。

タイの新型肺炎、コロナウィルス 関連記事

◆海外在住者のワクチン接種◆日本政府は早くて夏頃接種開始を検討
日本政府が、在外邦人の一時帰国ワクチン接種の対応方針を決定。 希望者は、管理システムで予約し、一時帰国して空港などで接種、3週間後に再接種。 政府は、一時帰国接種者を20万人程度と想定し、早ければ夏頃から接種開始を検討。
◆タイでPCR検査費用◆バンコクで日本語対応3大病院+コロナ治療概算費用
新型コロナの感染が疑われる時には、一刻も早くPCR検査を受けたいですね。 バンコクの三大病院でもPCR検査が可能です。ただし、1日の対応可能数には限りがあり、通常の治療が必要な患者さんを優先しましょう。
◆タイのコロナ:保険補償額確認要◆重症化の医療費が最大で1千万円
海外で新型コロナに感染した場合、海外旅行者保険が適用可能。但し、海外では医療費が高額。タイのサミティベート病院の日本人医師によると重症化してICUなどに長期入院の場合最大で1千万円。一般的保険は200〜300万円程度。あなたの保険は?
◆海外旅行保険◆新型コロナに感染したら保険適用されるのか?
日本国内では、2020年3月6日、新型コロナウィルスのPCR検査は健康保険の適用。また、感染後の治療費に関しては『指定感染症』の為、公費の負担。では、海外旅行中の検査や治療費は海外旅行者保険で適用されるのか?