... ...

◆タイ入国:特別便◆9月4日:満席◆9月10日/18日/24日:公開待ち

この記事は 約7 分で読めます。

東京のタイ王国大使館が、9月4日の特別便情報を公開と同時に満席。
日本人が入国を希望する場合は、タイ大使館による特別便の割当が必要。
9月10日、18日、24日の予定も追って公開予定。
14日間の強制隔離用ASQホテルの予約も逼迫。
2020年8月20日【追記】
日本語サイトが復旧しました。

◆PCR検査予約サイトを政府が10月に開設◆海外渡航:陰性証明書

◆PCR検査予約サイトを政府が10月に開設◆海外渡航:陰性証明書
海外渡航に必須となった感のあるPCR検査の陰性証明書。 日本政府は、ビジネス渡航者優先に10月からPCR検査の予約サイトを開設。 サイト上で近所の診療所を予約でき、陰性証明書はスマホ宛にデジタルで発行。

◆プーケットでビーチアクセス可能な14日間隔離プラン:タイ入国

◆プーケットでビーチアクセス可能な14日間隔離プラン:タイ入国
タイの観光スポーツ省は『安全で封印された』観光プラン導入を目指す。 現在、14日間の強制隔離ホテルでは部屋から出る事を制限されるが、プーケットのプランではビーチアクセスを可能とする。 政府(CCSA)の承認が必要で、今後に注目。

◆タイ入国:隔離検疫ホテルリスト◆最高22万B〜最安3万B(14泊)

◆タイ入国:隔離検疫ASQホテルリスト◆最高22万B〜最安3万B(14泊)
タイへの入国には、14日間の強制的な隔離検疫が義務化されている。 外国人は、タイ政府が認定したホテルへの滞在が必須。ホテルは病院と提携し、パッケージには、1日三食、無料Wifi、24時間看護が含まれる。

 

Flight for non-Thai nationals on 4 September 2020 (Registration is now closed)

なぜか、日本語サイトの情報が消えていますので、英語のサイトで確認しました。

注意:

The Embassy will arrange next flight in September 2020 as follows: 10 September 2020 (TG643 by Thai Airways), 18 September 2020 (flight to be announced) and 24 September 2020 (TG643 by Thai Airways). Registration of these flights will be opened in due course on weekly basis.

1. 入国許可証(COE)

1.1        タイ民間航空局(CAAT)は現在、タイ王国に入国する国際旅客便を制限しています。タイ国籍を有しない者がタイに渡航する場合、事前にタイ政府が許可した特別便のみ認められます。したがって、これらの便で渡航を希望するタイ国籍を有しない者は入国許可証(COEを申請し、一定の条件を満たさなければなりません。

1.2        COE申請に必要な書類

(1)    パスポートのコピー(生体(顔写真)ページ及び再入国許可証印があるページ、もしくはビザがあるページ)        

ビザ又は 再入国許可証印については、こちらからご確認下さい。

有効のビザまた再入国許可を持っていない場合、http://vabo.thaiembassy.jp/vabo/index.phpにて申請を行ってください。

(2)    記入済みの申告書(Declaration Form)(こちらからダウンロード)

(3)    入国の理由を示した書類:


就労者:

 以下のいずれかの書類のコピー

Ø  1. タイ労働省発行の労働許可証
2. タイ労働省発行のForm WP3(労働許可証の事前審査受理書)
3. タイ投資委員会(BOI)が発行した証明書

  永住者:

Ø  在留証明書及び再入国許可証印のコピー

  タイ国籍を有する者の家族:

Ø  タイ婚姻証明書(配偶者の場合)、タイ出生証明書(子供の場合)、もしくはタイ国籍を有する者との親子関係を示す公的証明(親の場合)

   就労者の家族:

以下のいずれかの書類のコピー

Ø  1. タイ労働省発行の就労者の労働許可証
2. タイ労働省発行の就労者のForm WP3(労働許可証の事前審査受理書)
3. タイ投資委員会(BOI)が発行した就労者の証明書

Ø  戸籍謄本

  学業:

Ø  タイ教育省の認可を受けた教育機関が発行した在学証明書もしくは入学許可証のコピー

Ø  親もしくは保護者と渡航する場合、親もしくは保護者は、その学生との関係を示す公的証明書(戸籍謄本等)を提示しなければなりません。

(4)    滞在期間中の10万米ドル以上もしくはそれに相当する治療補償額の英文医療保険証。1年以上タイで滞在を希望する場合、医療保険期間は1年以上でなければなりません。また、海外医療保険証には新型コロナウイルス関連疾病治療費を付保することを確認し、明確に記載しなければなりません

(5)    14日間隔離施設(ASQ)(http://www.hsscovid.com/)の予約確認書

1.3      なお、COE及びビザのみではタイ入国を許可するものではありません。以下の3.(出国する空港及びタイ入国時に提示する書類)と4.(タイ入国における必要条件)の詳細をよくお読み下さい。

2. COE申請手続き

2.1        有効のビザもしくは再入国許可を持っていることをご確認下さい。

2.2       全ての申請者は必要書類をPDF形式で以下のいずれかのEメールにお送りください。

(1)    在東京タイ王国大使館  econ.tyo@mfa.mail.go.th

(2)    在大阪タイ王国総領事館  rtcgosaka.visa@gmail.com

(3)    在福岡タイ王国総領事館  visa.fuk@mfa.mail.go.th

2.3        上記のメールアドレスに必要書類送信できましたら、こちらのリンクにて必要情報をご登録下さい。→ https://forms.gle/8hxsi9jCVnHeyuCC6    

2.4        必要書類をお送りいただき、指定リンクよりご登録完了後、航空券購入に関する情報や手続きは申請者のEメールに送られます。申請者は航空会社で直接購入しなければなりません。出発日の4日前までに航空券購入確認書 (E-ticket)を申請先のEメールにご返送ください。

2.5   航空券購入確認書(E-ticket)が受理されましたら、申請者のEメールにCOEをお送りします。

3. 出国する空港及びタイ入国時に提示する書類

3.1        在東京タイ王国大使館、在大阪タイ王国総領事館、もしくは在福岡タイ王国総領事館が発行した入国許可証(COE)

3.2        記入し署名済みの申告書 (Declaration Form)

3.3        英文の搭乗可能健康証明書(Fit to Fly or Fit to Travel Health Certificate)

3.4        渡航前72間以内に発行された英文のRT-PCR検査による新型コロナウイルス非感染証明書[1]

3.5        新型コロナウイルス感染症及び関連疾患の治療費を含む10万米ドル以上もしくはそれに相当する治療補償額の英文医療保険証。海外医療保険証には新型コロナウイルス関連疾病治療費を付保することを明確に記載しなければなりません。

4. タイ入国における必要条件

4.1        新型コロナウイルス感染拡大により、全ての渡航者はタイ入国時にT.8 formを記入しなければなりません。タイ空港公社(AOT)の携帯アプリhttps://aot-app.kdlab.ai にてオンライン登録ができます。
4.2        タイ入国において、全ての渡航者はタイ当局に指定された医療従事者から医療検査を受け、14日間以上の隔離施設(ASQ)にて検疫隔離を行うよう要求されます。

お願い:ランキングへの応援ポチ!

最後までお読み頂き、有難うございます。ランキングに参加しています。1日一回、下のイラストをポチッとして、応援いただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

◆日本人のタイ入国は?

◆タイ入国:特別観光ビザ(最長270日)◆申請方法・条件・検疫
タイ政府が、9月15日、外国人観光客の入国を承認。 最長270日間の特別観光ビザ(通称:STV)を許可し、10月から発給の予定。 ただし、これまでのビジネス渡航者と同様の申請プロセス、保険加入、検疫義務は継続見込み。
◆速報◆タイ入国:長期滞在者と永住者◆CCSAが入国許可グループに推奨か
タイの新型コロナ管理センター(CCSA)長官が、長期滞在者と永住者を次のタイ入国許可のグループに推奨すると発言。高い購買力を持つことが推薦の理由。14日間の検疫隔離は必須。 今後、政府の承認プロセスに掛かるのかは、現時点では未定。
◆タイ入国:隔離検疫ASQホテルリスト◆最高22万B〜最安3万B(14泊)
タイへの入国には、14日間の強制的な隔離検疫が義務化されている。 外国人は、タイ政府が認定したホテルへの滞在が必須。ホテルは病院と提携し、パッケージには、1日三食、無料Wifi、24時間看護が含まれる。
◆タイ入国:居住証明証◆ピンクのIDカードで入国許可証申請可能か?
7月の時点でタイへの入国が許可されている日本人は、労働許可証保有者とその家族、タイ人の家族がいる人、そして『有効な居住証明書を有するか、居住を許可された人』など。 『有効な居住証明書』とはなにか、ピンクのIDカードで証明できるとの一報が…
『ビジネス渡航者向けPCR検査+陰性証明書発行』協力医療施設リスト
ビジネス渡航者向けのPCR検査と陰性証明書発行に協力する医療機関が公開された。 日本政府が、ベトナム、タイ、オーストラリア、ニュージーランドとの往来再開を進める中、陰性証明書の取得がネックとなっていた。 ようやく準備が整いつつある模様…

厚生労働省 公式 LINE アカウント

◆新型コロナ:厚生労働省◆感染症情報 LINE公式アカウント:QRコード
LINE株式会社は、厚生労働省の要請を受け、新型コロナウイルスの発生状況や予防法などの情報を広く提供するため、「新型コロナウイルス感染症情報 厚生労働省」LINE公式アカウントを開設したことをお知らせいたします。

タイの新型コロナ、感染者数、推移

Thailand Coronavirus: 3,390 Cases and 58 Deaths - Worldometer
Thailand Coronavirus update with statistics and graphs: total and new cases, deaths per day, mortality and recovery rates, current active cases, recoveries, tre...

タイの新型肺炎、コロナウィルス 関連記事

◆タイのコロナ:PCR検査◆バンコクの日本語の通じる3大病院+治療概算費用
新型コロナの感染が疑われる時には、一刻も早くPCR検査を受けたいですね。 バンコクの三大病院でもPCR検査が可能です。ただし、1日の対応可能数には限りがあり、通常の治療が必要な患者さんを優先しましょう。
◆タイのコロナ:保険確認要◆重症の場合の医療費が最大で1千万円
海外で新型コロナに感染した場合、海外旅行者保険が適用可能。但し、海外では医療費が高額。タイのサミティベート病院の日本人医師によると重症化してICUなどに長期入院の場合最大で1千万円。一般的保険は200〜300万円程度。あなたの保険は?
◆タイのコロナ:日本人差別◆梨田大使からタイ国民の皆様への手紙◆
タイで日本人に対する差別が発生している。 『日本人は出て行け』『刺身はバイ菌だらけ』などの風評被害。 これを危惧した在タイ日本国大使館の梨田大使が『梨田大使からタイ国民の皆様への手紙』を出した。
◆新型コロナ◆海外旅行期間中に感染したら保険適用されるのか?
日本国内では、2020年3月6日、新型コロナウィルスのPCR検査は健康保険の適用。また、感染後の治療費に関しては『指定感染症』の為、公費の負担。では、海外旅行中の検査や治療費は海外旅行者保険で適用されるのか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

★1日一回、イラストをクリックしてランキングの応援おねがいします!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

★お知らせ★ブログの更新をメールで受け取れます!

5,914人の購読者に加わりましょう

バンコクタイムズ
◆シェアして、友達にもおしえてあげよう◆
バンコクで修業中。