◆プーケットでビーチアクセス可能な14日間隔離プラン:タイ入国

この記事は 約5 分で読めます。

タイの観光スポーツ省は『安全で封印された』観光プラン導入を目指す。
現在、14日間の強制隔離ホテルでは部屋から出る事を制限されるが、プーケットのプランではビーチアクセスを可能とする。政府(CCSA)の承認が必要で、今後に注目。
連日、タイ国政府観光庁や観光評議会などから悲観的なメッセージばかり受け取って、涙を流すタイ愛好家の皆さんも多いと思います…
 :
タイの観光スポーツ省も手をこまねいているわけではなく、手を替え品を替え、海外からの観光客を招き込もうと躍起です。
 :
国内の観光業界の敵は、コロナと政府(新型コロナ管理センター:CCSA、the Centre for Covid-19 Situation Administration)のようです…

◆タイ観光評議会は来年も悲観的観測◆最悪のシナリオに備えろと警告

◆タイ観光評議会は来年も悲観的観測◆最悪のシナリオに備えろと警告
タイ政府観光庁に続き、タイ観光評議会も年内だけでなく2021年も悲観的と観測。 2019年度4,000万人の観光客を迎えたタイ観光業界も、今年は700万人以下の見通し。 2021年も危機的状況で、業界内で6~700万人が仕事を失っていると報道。

◆観光客は年内難しい…◆タイ国政府観光庁の副長官が悲観的予測

◆観光客は年内難しい…◆タイ国政府観光庁の副長官が悲観的予測
タイ国政府観光庁は、年内に観光客に国境が開かれるのは難しいと悲観的観測… 観光業界の最高収益源である年末年始はおろか、2021年の旧正月も厳しいと。 一方、タイ国内では検疫システムを見直さないと経済に深刻な影響を与えるとの反論も。

◆タイ入国:外国人は1日500人◆国際線の飛行禁止は無期限(CAAT)

◆タイ入国:外国人は1日500人◆国際線の飛行禁止は無期限(CAAT)
タイの民間飛行局長は『世界のパンデミックが続く限り商業飛行禁止は続く』 現在、ビジネス渡航者のみがタイ大使館のアレンジでフライト確保できる。 14日間の強制隔離ホテルは増えているが自己負担は変更なし。外国人の入国は500人/日…

Phuket tourism plan due on Oct 1

The general public is allowed entry to patong and other beaches on June 9, 2020 as Phuket attempts to jumpstart its economy after months of lockdown. (Photo by Achadtaya Chuenniran)

記事引用先:Bangkok post

タイ観光スポーツ省は『安全で封印された』観光プランを目指す

The Tourism and Sports Ministry aims to introduce its “Safe and Sealed” tourism plan in Phuket by Oct 1, while operators in Chiang Rai and Chiang Mai are teaming up as a northern hub for long-stay travellers.

観光スポーツ省は、10月1日までにプーケットで「安全で封印された」観光プランを導入することを目指しています。チェンライとチェンマイの旅行業者は、長期滞在旅行者の北のハブとしてチームを組んでいます。
Tourism and Sports Minister Phiphat Ratchakitprakarn said the ministry will join a meeting with Public Health, Interior, Foreign and Transport ministries on Aug 27 about the plan to open the country to tourists from low-risk cities or provinces who seek an excursion to Thailand.
観光・スポーツ大臣は、同省はタイへの海外旅行を求める低リスクの都市や省からの観光客に国を開放する計画について、8月27日に公衆衛生、内務省、外務省および運輸省との会合に参加すると述べた。

ASQホテルから14日間の検疫中にビーチを楽しむプラン

Mr Phiphat said one possible solution is to provide 1-2 kilometres of beach area near state quarantine villas, such as in Patong, to let tourists step outside hotels and enjoy the beach during the 14-day quarantine.
大臣は、1つの可能な解決策として、パトンなどの州のASQホテルの近くに1〜2 kmのビーチエリアを提供し、観光客がホテルの外に出て14日間の検疫中にビーチを楽しむことだと述べました。
The CCSA team already visited the province last week to assess the readiness of the destination, but the ministry and the Tourism Authority of Thailand (TAT) have to conduct another survey among locals a week after the CCSA visit.
CCSAチームは先週、目的地の準備状況を評価するために県を訪問しましたが、省とタイ政府観光局(TAT)は、CCSA訪問の1週間後に地元住民の間で別の調査を行う必要があります。

お願い:ランキングでの応援!

◆日本人のタイ入国は?

◆在東京タイ王国大使館◆観光目的入国可能+ビザ免除滞在45日間へ
在東京タイ王国大使館『観光目的の入国可能』『ビザ免除滞在45日間』正式発表。 入国許可証(COE)の取得と14日間の強制隔離を除けば、コロナ前と同じに。 但し、日本の第三波、タイの大規模クラスター発生で、ますますタイが遠ざかる…
◆タイ入国:定期便再開◆2021年1月〜ANA/JAL/タイ航空
待ちに待った、バンコク線の定期便が2021年1月から再開。 ANA・JAL・タイ航空が定期便のスケジュールを公開(特別便は廃止)。 タイ入国に際しての入国許可証取得、14日間の強制隔離などの条件は変更なし。
◆タイ入国:隔離検疫ASQホテルリスト◆最高22万B〜最安3万B(14泊)
タイへの入国には、14日間の強制的な隔離検疫が義務化されている。 外国人は、タイ政府が認定したホテルへの滞在が必須。ホテルは病院と提携し、パッケージには、1日三食、無料Wifi、24時間看護が含まれる。

タイの新型肺炎、コロナウィルス 関連記事

◆タイでPCR検査◆バンコクで日本語対応3大病院+コロナ治療概算費用
新型コロナの感染が疑われる時には、一刻も早くPCR検査を受けたいですね。 バンコクの三大病院でもPCR検査が可能です。ただし、1日の対応可能数には限りがあり、通常の治療が必要な患者さんを優先しましょう。
◆タイのコロナ:保険確認要◆重症化の医療費が最大で1千万円
海外で新型コロナに感染した場合、海外旅行者保険が適用可能。但し、海外では医療費が高額。タイのサミティベート病院の日本人医師によると重症化してICUなどに長期入院の場合最大で1千万円。一般的保険は200〜300万円程度。あなたの保険は?
◆新型コロナ◆海外旅行期間中に感染したら保険適用されるのか?
日本国内では、2020年3月6日、新型コロナウィルスのPCR検査は健康保険の適用。また、感染後の治療費に関しては『指定感染症』の為、公費の負担。では、海外旅行中の検査や治療費は海外旅行者保険で適用されるのか?
★お願い:参考になったら、クリック!タイ情報ランキングの応援おねがいします!


★ブログの更新をメールで受け取れます!

5,917人の購読者に加わりましょう

バンコクタイムズ
◆シェアして、友達にもおしえてあげよう◆
バンコクで修業中。