海外移住ロングステイちょい住み旅行 違いは滞在期間ビザ住民票?(03)

この記事は 約4 分で読めます。

最終更新日:2019-03-04

念願のアーリーリタイアを実現し、バンコクにロングステイ中の「バンコクで修業中。」です。

みなさんは、『海外移住』『ロングステイ』『海外駐在』『海外転職』『現地採用』『ちょい住み』『海外旅行』『ビザ』『税金』『年金』『健康保険』『海外保険』などの検索キーワードでたどり着いた方が多いと思います。

『海外移住・ロングステイするのは簡単』です。

年齢が各国の規定を超えていて、その地に移住・ロングステイするため各国の条件をクリアして、必要な書類を揃え、それを移民局に持っていけば!

でも、そこは異国です。

異国には異国の文化、ルールがあり、それに従う必要があります。その典型的なのが、言葉でしょう。記入すべき書類は英語とその国の言葉の併記、移民局では多少の英語しか通じず、その国の言葉がメインです。

そのような状況の中でも、タイ語のできない私が、自分でタイ王国・バンコク移民局に出向き、自分でリタイアメントビザを取得した経験、ノウハウ、ヒントをお伝えしたいと思います。

さらに、海外に住み続けるためには、日本の税金、年金、健康保険、など手間の掛かる事がたくさんあります。

しかも、海外では日本のような健康保険がないので医療費が高額です。現地で滞在ビザの更新、健康保険や生命保険に入るなど、やることがいっぱいです・・・

私はタイ王国以外にも、ニューヨーク(アメリカ・米国)、シンガポール、香港に駐在した経験もあり、その点でも色々とお伝えできると思います。

海外移住・ロングステイを希望する皆さんの参考になればうれしいです。

「海外移住・ロングステイ・旅行の違い」のまとめ

  1. 滞在期間が、三か月以上か未満かが分かれ目

  2. 住民票を残しているか、否か。納税に影響

  3. VISAが必要か、否か。

『ロングステイの定義』by 一般財団法人 ロングステイ財団

管理人は「 ロングステイ財団」を知ってる? 毎年11月後半に開催される『ロングステイ・フェア』は?

駐在帰国以降 毎年参加して、チェンマイ・バリ島・ランカウイ島・セブ島とかの候補地のセミナーを受けてました。

その ロングステイ財団が、「ロングステイ」を定義してるよ。

海外においては、生活の源泉を日本に置きながら海外の1ヶ所に比較的長く滞在し(2週間以上)、その国の文化や生活に触れ、国際親善に寄与する海外滞在型余暇を総称したものである。

簡単に言うと?

  • 生活のベースは日本

  • 海外の一か所に2週間以上滞在

  • 現地の文化に触れながら余暇を楽しむ

けっこう、シンプルですね。

そもそもが、生活ベースや収益源を日本に確保したままなので、リスクが低いのが 財団の定義する「 ロングステイ」と言えるね。

海外移住・ロングステイ・旅行の違い詳細

具体的に違いを見てみよう。

1. 滞在期間:三か月が分かれ目

VISA無しで滞在できるのが三か月の国が多いので、ロングステイは三か月以内で、それ以上が海外移住と言う事ですね。

2. 生活基盤:収益源・帰る家(住民票)

海外転職した人は現地で収益を確保するけど、ロングステイ・リタイア組は日本に収益源(年金やその他の収益源)を確保しているよね。

管理人

帰る家と言うよりは、住民票を残しているかが重要だね。

3. 納税義務:日本 or 現地

納税義務を左右するのが『住民票』だよ。

住民票あれば「住民税」収入あれば「所得税」ですね

「住民税」はシンプルだけど、「所得税」はそんなに簡単じゃないんよ!

4. 年金納付・受領:日本 or 現地

年金に関しては、先日まとめた記事を参照ください。

年金保険料は任意継続がおすすめ!(02)海外移住ロングステイ2019
念願のアーリーリタイアを実現し、バンコクにロングステイ中の「バンコクで修業中。」です。 海外移住・海外転職:年金に関する3つのポイント 年金は任意加入(任意継続)がおすすめ! ...

5. VISA:要・否

  • VISA必要:海外移住・海外転職
  • VISA微妙:ノマドワーカー(※期間、滞在先による)
  • VISA不要:短期ロングステイ・旅行

6. 健康保険:

 ロングステイヤーは、日本に住民票を残しているから「健康保険」には入っているよね。

私は「住民票」を抜き「国民健康保険」も無しです。会社の福利厚生で、タイの民間の「健康保険」に入ってます。

 そうなると、滞在先で保険の無い「ロングステイヤー」と「ノマドワーカー」は心配だよね。単なる風邪でも高額請求されるからね。

そうなんですよ、私もシンガポールで簡単な手術で一週間入院したら、帰りに150万円相当額を請求されて、クレジットカードで泣きながら払わされました。

 健康な人でも「まさか」はあるからね。

ロングステイと海外移住の違いがわかったら?

次は、具体的に、本人の志向を見直さないとな。

管理人
管理人

それは、自分や同行する家族がロングステイを希望するのか、海外移住を希望するのか?と言う事ですか?

そうじゃ、希望してもできる事とできない事が有るから、VISAの件も含めて滞在先の検討が次のステップじゃな!

管理人個人的なまとめ

わたしは、元々が「リタイアして海外移住」を目指していましたが、「リタイアまで待てない」「待つ必要が無い」と判断し、海外移住を決断しました。当然、収益源の確保や家族の同意など容易ではありませんでした。ただし、一旦「出る」と決めれば早かったです。決めるべき事を決め、できる事・できない事をつぶし、短期間で実現しました。

参考になったら応援お願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

『バンコクでロングステイ』おすすめ記事!

管理人のおすすめはこちら!

海外移住・海外ロングステイをご希望の皆様!

海外で暮らしたい
『タイでリタイアメントビザを取得するのは簡単』です。年齢が50歳以上で、タイで一年間生活できる程度の『不労所得(年金若しくは貯金)』があり、過去に犯罪歴がないなどの一定の条件をクリアして、必要な書類を揃え、それを移民局に持っていけば!

タイ・バンコク・パタヤでロングステイ・ちょい住みを希望の皆様!

バンコクで暮らしたい
『タイ・バンコクに旅行するのは簡単』です。タイ王国への海外旅行にビザを取得する必要はありませんし、親日国で日本人には優しいし、タイ人の日本という国への興味は年々高まっていて、日本人には優しいし、気候は温暖で過ごしやすいし、ご飯は美味しいし… 良い事ばかりですね。

セミリタイア・アーリーリタイアめざし老後資金を貯めたい皆様!

老後資金
『老後資金を貯めるのは簡単』です。 20歳の時からお給料の半分を老後のために、運用・貯金すればよいのです。 でも、そんな人は居ませんよね・・・ もう40代、50代、60代になってしまった皆さんは取り返しがつかないのか? そうではありません。...

海外旅行・現地情報を収集して、楽しみたい人はこちら!

海外旅行したい
「海外旅行したい」の記事一覧です。

キャリアをかえて(天職を求めて)人生を好転させたい人はこちら!

キャリアアップしたい
「キャリアアップしたい」の記事一覧です。

参考になったら応援お願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で