... ...

目指せ老後資産貯金1億円(05):管理人の資産運用歴【仮想通貨編】

この記事は 約3 分で読めます。

最終更新日:2018-11-30

アーリーリタイアし、タイ王国に海外移住。これまで、ニューヨーク、シンガポール、香港で海外駐在を経験し、現在はロングステイ先の#バンコクで修業中。管理人の「バンコクで修業中。」です。

今日から「老後資金貯金ナビ:目指せ一億円!」シリーズ始めます!

第一回は、管理人の資産運用歴と仮想通貨の運用歴をお伝えします!

管理人の資産運用歴

  1. 外国為替:1996年、88円/US$の円高で初のUS$購入
  2. 外国通貨投資信託:1998年、香港駐在時に初めての外国為替投資信託購入
  3. 日本株式:2000年、日本への帰国後に初めての株式購入
  4. 日本円投資信託:2000年、日本への帰国後に初めての投資信託購入
  5. 仮想通貨:2017年6月、ロングステイ先のバンコクで初の仮想通貨購入

管理人の仮想通貨歴

黎明期:ビットコイン購入開始(2017年6月)

 

2017年6月、友人の「管理人、仮想通貨 やってる?」のラインのメッセージが引き金となり、ビットコイン・リップルを買い始める。

この時期、株式市場も盛り上がっていたので、リーマンの時に買って十分キャピタルゲインを確保できた株式を売り仮想通貨の購入資金を確保。

株式運用に関しては、別の機会に報告予定。

250,000円/BTCで購入開始、あっという間に価格高騰し最高値は350,000円近辺で購入

転機:ビットコイン・BCH大量売却(2017年12月)

株式市場の過熱も有って「ビットコインが2万ドルを超えたら売り」と決めていたので、JPY2,000,000近辺で5BTCを残して売り尽くし、現在に至る。

BTCは2,200,000円近辺で売り切る。10万円で購入したBCHは、211,690円で20BCH売り切る。

潜伏期:現在の保有仮想通貨(2018年12月)

 

 

5BTCは、当初の予定通り、2020年の東京オリンピックまでは塩漬けの予定。

転機の2017年12月につけたピーク価格の4分の一以下となったものの余剰資金なので、予定通り塩漬け。

2018年11月30日現在、5BTC、236万円。

今後の予定:掲載記事予定

  1. 株式投資に関する記事掲載予定
  2. 外国為替投資に関する記事掲載予定
  3. 投資信託に関する記事掲載予定
  4. 生命保険に関する記事掲載予定

『老後資金1億円』の気になる記事をチェック!

◆老後資金1億円◆え?アーリーリタイアに1億円じゃ足りないの?
老後資金2,000万円を貯めるのは簡単! 20歳の時からお給料の半分を運用・貯金すればよいのです。 でも、なかなかできません。 『身の丈に合った生活』と『それに応じた老後資金2,000万円つくり』をすればよいのです。
https://www.escape2bangkok.com/retirement-funds-start-75-years-old
50代のこんな人は狙われる+投資はやめとけ!経験不足が老後資金1億円に脅威
老後の生活設計に不安を抱える50代が狙われていると... 50代・こんな人は投資とかやめとけ!のポイント::: (1)50代は退職後の不安で投資に興味を持ちがち (2)投資経験ないので「絶対儲かる」にだまされる (3)50代でお金を増やすのは遅いので、20代~40代から「老後を意識した生活設計」
◆老後資金1億円◆サラリーマンは○○で老後破産しないって本当?
念願のアーリーリタイアを実現し、バンコクにロングステイ中の「バンコクで修業中。」です。サラリーマン♪ 気楽な稼業ときたもんだ♪私は、独立して起業する度胸もなかったので、一生涯サラリーマンでした。『サ...
◆老後資金1億円◆あなたの死ぬまでの老後生活費はいくら必要?
【死ぬまでに必要なコスト】 1. 年間の生活コストを詳細まで見直す 2. 親族の平均寿命から自分がいつ頃まで生きるかを推定し、現状から何年生きるかを想定 3. 年間の生活コスト x (推定寿命 - 現在の年齢)=死ぬまでに必要なコスト

おすすめ『老後資金作りに保険の見直し』3選

老後の資金を貯めるのに払いすぎている生命保険などの保険料の見直しをして、余計な部分を削り老後に備えましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で