◆S&P500積立◆バフェットはS&P500に勝てるのか?◆株主への手紙のデータから検証

この記事は 約3 分で読めます。

バフェット氏の遺言『10%を短期国債に、90%をS&P500インデックス投資に』は有名。

相場の神様は妻にインデックス投資を勧めるが、アクティブ運用より勝ると言うのか?

元日本経済新聞編集委員の前田昌孝氏が『株主への手紙』のデータから検証。

以前、友人が『オマハの怪人、バフェット先生は奥さんに「俺が死んだらS&P500に全力投入してガチホだ」と言ったらしいぞ』と鬼の首でもとったかの様に知ったかぶり全開で話してた。

『ほぼ合ってるけど、ガチホだなんて言うか』と笑っていたのを思い出した。

相場の神様も自信がないのかなあ、なんて当時は考えていた。

 

先日、YouTubeを流していたら、興味をそそるネタが。

 
あまりPVは出てないけど、元日本経済新聞編集委員の前田昌孝氏が、バークシャー・ハザウェイ社が毎年2月末ごろに送る『株主への手紙』のデータを、1977年まで遡り検証している。
主筆・前田昌孝(元日本経済新聞編集委員):
マーケットエッセンシャル主筆。1957年生まれ。79年東京大学教養学部卒業、日本経済新聞社入社。産業部、神戸支社を経て84年証券部。91~94年ワシントン支局。証券部編集委員、ヴェリタス編集部編集委員、日本経済研究センター主任研究員、日本経済新聞編集委員などを経て2022年2月より現職。
 

 

バフェット氏がもしS&P500に投資していたら

バフェット氏は本当に相場の神様なのか検証したい。
Check
  • 『株主への手紙』の1977年末以降の元本累計額と時価評価額
  • 毎年の元本増加分を12等分した金額を毎月、S&P500に連動する投資信託に投資
この結果はグラフに示す通り、2021年末現在では元本累計額が1046億ドルなのに対し、S&P連動投信の純資産総額は4206億ドルと、バークシャー・ハザウェイの現実の株式ポートフォリオの時価評価額の3507億ドル(この金額には外国株も含んでいる)を700億ドルも上回っていた。

バフェット氏も余計なことをしないで、S&P連動投信を黙々と買っていたほうがよかったのではないだろうか。

👇詳細はこちら(有料記事)👇

『バフェット氏がもしS&P500に投資していたら』以外にも面白い記事がありますのでお試しあれ。

読んだよのクリックが励みになります!

1日1回応援お願いします▶︎ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

 

▼登録無料+オリジナルレポートをプレゼント▼
マネースクエア

『トラリピで不労所得』最新の記事はこちら

◆景気後退局面でも平均利益69万円◆不労所得トラリピ:11カ月
バンコクで修業中(@lukehide)は、毎月30万円のS&P500積立をメインに、トラリピで『0.55億円』運用中。 景気後退局面でも不労所得トラリピは11ヶ月間の累積利益762万円、月平均利益69万円。
◆次の買い場を待てない人の資産運用◆不労所得トラリピ:47週
リセッションが近づき、次の買い場到来を待てとの消極的な意見が目につく。 チャンスに買い迎えるように現金比率を上げろという人も。 管理人は相場に左右されない米国株積立をメインに、トラリピで『0.55億円』を運用中。
◆株価急落でも為替が動けば桶屋が儲かる◆不労所得トラリピ:46週
バンコクで修業中(@lukehide)は不労所得トラリピで『0.55億円』運用中 連日の株価下落局面でも、為替が動けば収益を上げるトラリピは強い。 運用46週間の累積利益760万円、毎週平均16万円、利益率20%
◆はじめてのトラリピ◆FXの自動売買?メリットもデメリットも…
バンコクで修業中(@lukehide)はトラリピ(豪ドル/NZドル)で4,000万円運用中。 トラリピ®とは、マネースクエア社が特許を取得しているFXの自動売買の注文方法。 リスクのない投資はない、メリット・デメリットを理解して楽しい投資を!
◆はじめてのトラリピ◆100万円を利益率20%で10年運用したら?
バンコクで修業中(@lukehide)はトラリピ(豪ドル/NZドル)で4,000万円運用中。 トラリピ®とは、マネースクエア社が特許を取得しているFXの自動売買の注文方法。 少額の売買利益をコツコツと貯める仕組みなので長期投資が必須!

▼登録無料+オリジナルレポートをプレゼント▼
マネースクエア

トラリピ®とは「トラップリピートイフダン®」という注文方法の略称です。

マネースクエア社が特許を取得したFXの自動売買の仕組みで『安定した収益確保』が魅力です。