◆タイのポストコロナ:観光戦略◆Amazing “Trusted” Thailand

この記事は 約7 分で読めます。

タイ観光庁は、ポストコロナの『Amazing TRUSTED Thailand』戦略を策定中。
健康と安全を重視し信頼のおける観光地として、量より質を優先する方針。
観光客が10月に戻ると想定し、海外の富裕層を優先し、最初に管理の容易な島に招く。
先日のタイ随一の財閥CPグループ総帥の提案していた「世界の富裕層をターゲットとしてホスピタリティーで囲い込め」との提案と一致する部分の多い計画のようです。
 :
プラユット首相も『この機会に、量より質を求めよ』と提言している模様。
 :
これまでの『アメージング・タイランド』に『トラスティッド』を加えた『アメージング・トラスティッド・タイランド』にリブランディングして海外にアピールしていく様ですね。
 :
タイの観光庁は、国際的な観光客が今年の10月に戻ってくると想定して、施策を進めようとしています。当初は、追跡など管理のしやすい、島々、プーケットやサムイなどから開放していこうと考えています。
 :
観光業の復興にもお金がかかる様で、観光庁長からプラユット首相に100〜200億バーツ (340〜680億円)の予算化を打診している模様です。

◆タイのアフターコロナ◆世界の富裕層をホスピタリティーで囲い込め

◆タイのポストコロナ◆世界の富裕層をホスピタリティーで囲い込め
タイ最大の財閥CPグループ総帥が世界の富裕層をホスピタリティーで囲い込めと訴えた。 総帥は、GDPの16~17%を占める観光ビジネス再開が重要で、5つ星ホテルとメディカルツーリズムのホスピタリティー資産を使い世界の富裕層に『安全な避難場所』を提供せよと。

◆タイのアフターコロナ◆300バーツの入国税でコロナ保険をカバー

◆タイのアフターコロナ◆300バーツの入国税でコロナ保険をカバー
タイがアフターコロナの観光産業再開に向けて着手。 昨年検討した案を見直し、300バーツの徴収でコロナ保険をカバーする方針。国家戦略、20年計画の一環。 2019年度には3,980万人の観光客も2020年度は1,600万人を目論むも前途多難…

タイの新型コロナ新規感染者数推移:5月20日

5月20日の新規感染者は、1名でした!

タイ国政府観光庁ホームページはこちら!

タイは『Amazing Trusted Thailand』にリブランド

記事引用先:Bangkok Post

Tourists stroll at Patong Beach, Phuket. The island may be among the first to welcome international tourists under the ‘Amazing Trusted Thailand’ campaign.

TAT ‘trusted’ rebranding curates market

Thailand plans to rebrand tourism in the post-coronavirus era to “Amazing Trusted Thailand”, aimed at selective markets and destinations in the country that can guarantee health and safety standards for both tourists and locals.

タイは、観光客と地元の人々の両方に健康と安全の基準を保証できる国内の厳選された市場と目的地を目指して、ポストコロナウイルス時代の観光を「アメイジングトラストタイ」にリブランドする予定です。
“We estimate international markets will return in October, so all related agencies are working on a proper recovery plan that won’t risk a second wave of the pandemic after our proven record of effective virus control during the first wave,” said Tourism Authority of Thailand (TAT) governor Yuthasak Supasorn.
「国際的な観光マーケットは10月に戻ると見込んでいるため、すべての関連機関は、第1波で効果的なウイルス対策が実証された後、パンデミックの第2波のリスクを冒さない適切な回復計画に取り組んでいます」と観光局長は述べています。
“Prime Minister Prayut Chan-o-cha suggested we use this opportunity to rebrand Thai tourism as a quality destination where we care more about trust than carrying capacity.”
「プラユット首相は、この機会を利用して、タイの観光を、大量生産よりも信頼を重視する質の高い目的地として再ブランディングすることを提言しています。」
Islands such as Phuket or Samui may be the first batch of destinations to welcome international tourists as their geography allows authorities to more easily control and keep track of tourists.
プーケットやサムイなどの島々は、その地理により当局が観光客をより簡単に管理および追跡できるため、国際的な観光客を歓迎する最初の目的地になる可能性があります。
Thailand is looking at high spenders within the region, such as Singapore, China and Vietnam, to visit designated areas in Thailand under a quota.
タイは、シンガポール、中国、ベトナムなど近隣諸国の富裕層をタイの限定された地域に招くことを検討している。
These tourists can visit selected destinations without being subjected to 14-day quarantine measures, but they have to provide health certification, fit-to-fly certificates and buy health insurance before visiting Thailand, while rapid testing will be available upon arrival.
これらの観光客は、14日間の検疫措置を受けずに特定の目的地を訪れることができますが、タイを訪問する前に健康診断書、適合証明書、健康保険を購入する必要があります。
Tourism and Sports Minister Phiphat Ratchakitprakarn said the ministry plans to discuss the tourism rehabilitation plan with Gen Prayut this week and propose the plan to the cabinet meeting next week. The plan requires 10-20 billion baht from the 400-billion-baht budget used for economic rehabilitation projects after the outbreak.
観光・スポーツ大臣は、同省は今週、観光リハビリテーション計画についてプラユット首相と話し合い、来週の閣議に提案することを明らかにした。計画では、経済復興プロジェクトに使用される4000億バーツの予算から100〜200億バーツが必要とされる。

読んだよのクリックが励みになります!

👇ほかの人のブログをご覧になりたい方はこちら👇

◆日本人のタイ入国は?

◆サンドボックスの落とし穴◆同乗者感染で強制隔離14日間へ
タイではデルタ株が猛威、1日の陽性が9,000人を超え事実上のロックダウン突入。 一方、政府肝いりのサンドボックス実証実験は粛々進行中に思わぬ落とし穴が。 ドバイからの観光客の陽性が確認され、同じフライトの13人が強制隔離施設へ…
◆タイ入国◆強制隔離14日間に逆戻り+医療ビザ一時発行停止
タイでは新型コロナ第三波が到来し、短縮されていた強制隔離期間が14日間に逆戻り。 4月から強制隔離は10日間に、ワクチン接種者は7日間に短縮されていたが、一律14日に。 あわせて、メディカルビザの発行も感染状況が改善されるまで一時発行停止に。
◆タイ入国:隔離検疫ASQホテルリスト◆最高22万B〜最安3万B(14泊)
タイへの入国には、14日間の強制的な隔離検疫が義務化されている。 外国人は、タイ政府が認定したホテルへの滞在が必須。ホテルは病院と提携し、パッケージには、1日三食、無料Wifi、24時間看護が含まれる。

◆タイのワクチン接種に関する記事はこちら

◆タイのワクチン調達計画◆アストラゼネカじゃダメ?
2021年7月27日、在タイ日本国大使館が在留邦人向けワクチン接種に関するセミナーを開催。 セミナーでは、在留邦人向けにアストラゼネカ製ワクチン接種プログラムを後日公開と発表。 前日に発表されていたバムルンラード病院の予約開始は誤りと指摘…
◆アストラゼネカ予約再開◆バムルンラード病院:日本寄贈
日本政府寄贈のアストラゼネカ製ワクチンの接種予約サイトがバムルンラード病院から。 病院の専用サイトからの申し込み後、提供可否のSMSもしくはメールが送信される。 在タイ日本大使館から7月27日14時のセミナーで発表と想定、事前の予約がおすすめ!
◆アストラゼネカ初回接種◆副反応は?重症化・デルタ株に効果?
ASEAN諸国ではシンガポールを除き多くの国で採用のアストラゼネカ社のワクチン。 そもそもデルタ株はなぜ感染力が強いの?効果はあるの?ワクチンは重症化を防げるの? アストラゼネカのワクチン接種後の副反応や血栓との関係も気になる…
◆バムルン病院でモデルナ予約◆2021年11月接種開始予定
バンコクのバムルンラード病院で、7月9日(金)午前9時モデルナ製ワクチンの予約開始。 接種可能時期は2021年11月、値段は1本1,650B、他のワクチン接種者にも対応。 対象は18歳以上、ワクチン未接種者を優先し、シノバック接種済は1回予約可能。
◆タイのワクチン接種◆副反応で死亡補償140万円:忌避率増加中
タイ政府の調査で、副作用や効果を懸念しワクチン接種忌避の割合が増加中。 政府は、ワクチン接種が引き起こす副作用に対する補償内容(死亡、重度、軽度)を公開。 ワクチン接種によって、死亡もしくは重度の障害で40万バーツ(約140万円)の補償金…

◆タイの新型肺炎、コロナウィルス 関連記事

◆在外邦人の帰国ワクチン接種◆7月19日インターネット予約開始
在外邦人向け『一時帰国ワクチン接種』インターネット予約受付が7月19日(金)開始。 対象は、在外邦人で住民票を持たない(転出届を提出済み)、接種時に満12歳以上の方。 在外邦人でも日本に住民票がある者、帰国時に転入届を出した場合は対象外。
◆タイでPCR検査費用◆バンコクで日本語対応3大病院+コロナ治療概算費用
新型コロナの感染が疑われる時には、一刻も早くPCR検査を受けたいですね。 バンコクの三大病院でもPCR検査が可能です。ただし、1日の対応可能数には限りがあり、通常の治療が必要な患者さんを優先しましょう。
◆タイのコロナ:保険補償額確認要◆重症化の医療費が最大で1千万円
海外で新型コロナに感染した場合、海外旅行者保険が適用可能。但し、海外では医療費が高額。タイのサミティベート病院の日本人医師によると重症化してICUなどに長期入院の場合最大で1千万円。一般的保険は200〜300万円程度。あなたの保険は?
◆海外旅行保険◆新型コロナに感染したら保険適用されるのか?
日本国内では、2020年3月6日、新型コロナウィルスのPCR検査は健康保険の適用。また、感染後の治療費に関しては『指定感染症』の為、公費の負担。では、海外旅行中の検査や治療費は海外旅行者保険で適用されるのか?