◆タイのコロナ◆4月の自動車生産台数過去30年で最低:前年比84%減

この記事は 約5 分で読めます。

By The Nation

タイ工業連盟が、4月の自動車生産台数は過去30年で最低、前年比84%減と発表。
2019年に200万台に落ち込んだ年間生産台数だが、2020年の目標も100万台に下方修正。
しかし、現時点で新型コロナの影響は推測できず、再度の下方修正の可能性も…
2019年度の年間生産台数は、5年ぶりのダウンで前年比7%減の200万台をなんとかキープしました。
 :
タイ工業連盟自動車部としては、2020年度も200万台の目標を掲げていましたが、新型コロナの影響で100万台への下方修正を余儀なくされました。
 :
しかし、この100万台もコロナショックの前では風前の灯…
 :
タイは厳格なロックダウンの成果で、4月末に新規感染者が一桁台に、そして5月に入ると『ゼロ』の日が出現し、経済制限緩和の兆しが見えてきました。
 :
ただし、海外マーケットや消費者の心理は冷え切ったままのようです…

◆タイの自動車生産:2019年◆5年ぶりにマイナス7%で200万台

◆タイの自動車生産:2019年◆5年ぶりにマイナス7%で200万台
アジアの自動車工場というイメージのタイ。 2019年は5年ぶりの減産、マイナス7%で200万台を維持とジェトロが報告。 年間生産量約1000万台の日本のと比較し、タイは約5分の1。

◆タイの自動車業界◆米GM撤退レイオフの陰に日本車シェア85%超

◆タイの自動車業界◆米GM撤退レイオフの陰に日本車シェア85%超
タイの自動車業界に暗いニュースが続く。 2019年の年間生産量が5年ぶりにマイナスに転じ、かろうじて200万台キープ。 今度は、米GMがタイ撤退と1500人のレイオフ。一方、日本車の販売台数シェアは85%を超えた。

タイの新型コロナ新規感染者数推移:5月21日

Automobile production in April lowest in 30 years, says FTI

記事引用先:The Nation Thailand

Automobile production plunged in to the lowest level in 30 years in April due to the impact of the Covid-19 crisis, Surapong Paisitpattanapong, vice president and spokesman of the automobile chapter of the Federation of Thai Industries (FTI), said on Wednesday (May 20).

5月20日、タイの工業連盟(FTI)の副会長兼自動車支部長は、新型コロナの影響で4月の自動車生産が30年ぶりに最低水準に落ち込んだと語った。
FTI said that only 24,711 automobiles were produced in April, down 83.55 per cent year on year. “The production in April dropped to the lowest since 1990, when Thailand only used to manufacture 304,000 automobiles a year,” he said.
FTIによると、4月の自動車生産台数は24,711台で、前年比83.55%減少した。
「タイが年間304,000台の自動車しか製造していなかった1990年以降、4月の生産は最低に落ち込んだ」と彼は言った。
“The value of automobile exports dropped by 65.15 per cent to Bt12.389 billion,” he said, adding that the FTI has cut its production target for the automotive industry from 2 million to just 1 million.
「自動車の輸出額は65.15%減の123億8,900万バーツ」と彼は述べ、FTIが自動車産業の生産目標を200万からわずか100万に削減したと付け加えた。
“We are not really sure if the new target will be achieved because nobody has been visiting car showrooms even though the Covid-19 situation has improved,” he said.
“We also have to monitor the state of affairs to see if there will be a second wave of infections. If this condition lasts longer than expected, we will have to evaluate things again.”
「Covid-19の状況が改善されたとしても、誰も自動車のショールームに足を運ばなかったため、新しい目標が達成されるかどうかは本当にわかりません」と彼は言った。「また、感染の第2の波が発生するかどうかを確認するために状況を監視する必要があります。この状態が予想よりも長く続く場合は、もう一度評価する必要があります。」

◆海外在住者に楽天モバイル◆利用がなければ毎月無料(1Gまで0円)

お願い:ランキングでの応援!

◆日本人のタイ入国は?

◆在東京タイ王国大使館◆観光目的入国可能+ビザ免除滞在45日間へ
在東京タイ王国大使館『観光目的の入国可能』『ビザ免除滞在45日間』正式発表。 入国許可証(COE)の取得と14日間の強制隔離を除けば、コロナ前と同じに。 但し、日本の第三波、タイの大規模クラスター発生で、ますますタイが遠ざかる…
◆タイ入国:定期便再開◆2021年1月〜ANA/JAL/タイ航空
待ちに待った、バンコク線の定期便が2021年1月から再開。 ANA・JAL・タイ航空が定期便のスケジュールを公開(特別便は廃止)。 タイ入国に際しての入国許可証取得、14日間の強制隔離などの条件は変更なし。
◆タイ入国:隔離検疫ASQホテルリスト◆最高22万B〜最安3万B(14泊)
タイへの入国には、14日間の強制的な隔離検疫が義務化されている。 外国人は、タイ政府が認定したホテルへの滞在が必須。ホテルは病院と提携し、パッケージには、1日三食、無料Wifi、24時間看護が含まれる。

タイの新型肺炎、コロナウィルス 関連記事

◆タイでPCR検査費用◆バンコクで日本語対応3大病院+コロナ治療概算費用
新型コロナの感染が疑われる時には、一刻も早くPCR検査を受けたいですね。 バンコクの三大病院でもPCR検査が可能です。ただし、1日の対応可能数には限りがあり、通常の治療が必要な患者さんを優先しましょう。
◆タイのコロナ:保険確認要◆重症化の医療費が最大で1千万円
海外で新型コロナに感染した場合、海外旅行者保険が適用可能。但し、海外では医療費が高額。タイのサミティベート病院の日本人医師によると重症化してICUなどに長期入院の場合最大で1千万円。一般的保険は200〜300万円程度。あなたの保険は?
◆海外旅行保険◆新型コロナに感染したら保険適用されるのか?
日本国内では、2020年3月6日、新型コロナウィルスのPCR検査は健康保険の適用。また、感染後の治療費に関しては『指定感染症』の為、公費の負担。では、海外旅行中の検査や治療費は海外旅行者保険で適用されるのか?