◆タイで働く:現地採用◆給与だけでなく保険,退職金等,福利厚生確認が重要

この記事は 約9 分で読めます。

新型コロナの影響で海外駐在員の帰国が増え、現地採用への依存度が増加中。
海外ではローカルスタッフのマネジメント経験する機会も多く、国内ではできない経験。
就職活動の際、給与だけではなく保険や退職金などの福利厚生の確認が重要。
管理人は、新卒で入社した日立で海外営業に配属され、ニューヨーク、シンガポール、香港で海外駐在しマネジメント経験を積んできました。

帰国直後に、伸び盛りの米国のシスコシステムズに転職し、以降、ドイツのSAP、米国のSASなど複数の外資系企業で営業、チーム・マネジメント、カントリーマネージャなども経験しています。
 :
サラリーマン生活の最後を、タイの日系企業で採用も行なった管理人の経験をお伝えします。
  • 海外転職したいけど、採用の条件とか知りたい…
  • 海外転職したいけど、福利厚生とかはどうなの?
  • 海外転職したいけど、どんな経歴が求められるの?
などなど、いろいろな疑問をお持ちだと思いますので、そんな皆様に向けて書いています。

実際の募集要項・採用条件

管理人が、実際にタイで営業を募集し、人材紹介会社に採用を依頼した実際の「Job Dscription(募集要項)」を掲載し、詳細を説明します。
実際の募集要項・採用条件は以下の通りです。
A. Company information
A-1. Company Name; XXXXXX
A-2. Business; Sales of IT Hardware/Software/Service & solution
B. Job Description
B-1. Job Title; Japanese IT Sales Account Manager
B-2. Job details;
2-1. Developing IT product/service/solution business into existing accounts on Japanese market in Thailand to archive
goals and objectives.
2-2. Developing the strategic sales-marketing plan to strength and expand both existing and new IT
product/service/solution business into Japanese market to achieve goals and objectives for short term and 3-years plan.
2-3. Build and maintain strong business relationship, full commitment and a mutual trust and drive new business
expansion into Japanese accounts.
2-5. Report line; Director(Thai)-Manager(Japanese)-Account Sales(He/She)
B-3. Requirement;
B-3-1. Must have(minimum requirement)
3-1-1. Minimum 1-3 years of IT sales experience (Does not matter H/W, S/W and/or Solution) in Japanese
3-1-2. Minimum 2-5 years of B2B(Business to Business) sales experience in Japanese
3-1-3. Minimum TOEIC 600 or equivalent
3-1-4. He/She must be self-starter, active learner, logical thinker and self motivated.
B-3-2. Nice to have(consider plus)
3-2-1. Ability to communicate in Thai
3-2-2. Working/Studying abroad
3-2-3. Working experience with foreigners and/or in Non-Japanese company
3-2-4. Knowledge of Project management and consultation methodology
C. Conditions;
C-1. Employment; permanent
C-2. Probation period; 119 days under Thai law
C-3. Business hour; Monday to Friday, 08:00-16:30
C-4. Salary; THB XX,000 up(included Tax)
C-5. Incentive; Every 3 months
C-6. Bonus; Every year(One month guarantee)
C-7. Medical allowance; THB XX0,000 per year
C-8. Provident Fund; YES
C-9. Annual Leave; 10 days up(No Annual Leave in the first 12 months)

A. Company information:会社情報

実際にはより詳細な情報、住所、勤務場所、従業員数、創立年などが書いてありますが、ここでは割愛しています。

B. Job Description:募集要項

本題の募集要項ですね。

B-1. Job Title; Japanese IT Sales Account Manager

一般的に、「Account Manger」は部下を持たない、Single Contributor、担当です。

B-2. Job details;

詳細は、割愛します。海外転職ご希望の方であれば、ご自身で読み込んでください。

2-5. Report line; Director(Thai)-Manager(Japanese)-Account Sales(He/She)
ここ重要です。
Report  Lineは、指揮命令系統と誰があなたを評価するのかが判ります。
一般的には、ここまで書きませんが、この様に事前に公開されている様な企業を探すことをおススメします。入ってから、話が違うというのを避ける為にも。

B-3. Requirement;

求められるスキルや経験が記されています。
一般的には、必至要件と有ればプラスの様な要件提示になります。

B-3-1. Must have(minimum requirement)

必須要件の項目では、「○○業界での経験3年以上」、「B2B営業経験3年以上」、「TOEIC600点以上」などの要件が記されます。

B-3-2. Nice to have(consider plus)

ここでは、「持っていれば採用検討の際にプラスに働く、無くても問題ない」というような要件が提示されます。例えば、「タイ語を話せればBetter」「海外での勤務経験あればBetter」などです。

C. Conditions;条件

この項目では、勤務の条件や福利厚生などが記されます。

C-1. Employment; permanent

正社員、契約社員、期間契約社員等。ここでは、Permanent :正社員です。

C-2. Probation period; 119 days under Thai law

使用期間、法律で定められています。

タイの法律では、試用期間は最長119日まで設定する事が可能です。

C-3. Business hour; Monday to Friday, 08:00-16:30

タイの一般的なビジネスアワーは、日本と同じ09:00-17:00ですが、工場などは始業が8時やもう少し早い場合も有ります。そのぶん、就業時間も前倒しになります。

渋滞のひどいバンコクでは、早目の就業はありがたいです。

C-4. Salary; THB XX,000 up(included Tax)

給与に関しては、また、別途詳細に説明する予定ですが、

5万バーツ以上、10万バーツ以下が一般的です。

職種や職責によるのは日本と同じです。

C-5. Incentive; Every 3 months

営業は、インセンティブ・プログラムが標準です。

タイ人の場合は、定額サラリー:インセンティブが20% vs 80%など日本と比較して厳しい設定です。その代り、達成すれば大きくお金を得られます。

C-6. Bonus; Every year(One month guarantee)

支給月は、その会社の絞めの月によります。12月〆の会社は、翌年2月に支給など。

アジアでは、13カ月分(毎月12か月+ボーナス1か月)保証が一般的です。

C-7. Medical allowance; THB XX0,000 per year

医療費が高額なタイでは、貧乏人は医者に掛かれません。

健康保険福利厚生の手厚さを測る重要な指標です。
ちなみに、私の会社は、年間15万バーツが活用できる良い会社でした。

C-8. Provident Fund; YES

社員の積立金と同額を会社が負担し、そのお金をプロのファンドに委託します。

各個人の自由意思で、給与の15%まで積み立てが可能です。これは、法律上15%まで設定が可能ですが、企業によります。%をあげれば、企業の福利厚生費用が上がってしますので、中小企業では採用さえしてないです。

「退職金積立金」も福利厚生の手厚さを測る重要な指標です。

但し、企業によって勤務期間により支給率を設定しています。

  • 1年未満:会社からの積立金額の0%支給
  • 2年未満:20%
  • 3年未満:40%
  • 4年未満:60%
  • 5年未満:80%
  • 5年以上:100%

※401Kの様に、転職先が採用していれば継続が可能です。

ちなみに、この会社はMaxの15%まで積み立てを許可していました。

管理人のつぶやき

転職活動では、給与を一番重視しがちですが、医療費(病院代)の高い海外では、保険加入や退職金などの福利厚生を確認することが非常に重要です。
 :
住居費や食費などの生活費は、日本に比べれば安価ですが、まさかの時の医療費や、将来のための退職金・年金制度などは将来が左右されますので、慎重に。
 :
海外転職、現地採用で一番重要なことは、その国に滞在する許可証を手に入れることができるかです。すなわち、その国で適法に就労するためには企業に所属することです。
 :
企業に所属する前に、タイにくればなんか仕事にありつけるだろうとあさはかな行動を取ることはおすすめしません。
 :
そのためには、十分な検討の上、海外転職、現地採用に強いエージェントに相談することです。エージェントも有象無象が存在しますので、信頼できるパートーナーを早めに見つける事をおすすめします。

海外就職のすすめ:関連記事

◆海外就職のすすめ◆日本は外国人が働きたくない国ランキング首位!
海外から駐在する外国人にとって、日本は一番働きたくない国とランキング。 イギリスの金融大手HSBC(香港上海銀行)が、海外駐在員の実態調査を発表。 日本は、収入やワークライフバランスなどで最下位。いっそ、海外で働きますか!
◆海外就職のすすめ◆海外就職基本情報:いっそ海外で働きますか?
近年、グローバル化の進展に伴い、海外での就職・転職・現地採用が、選択肢の一つに。 海外はワークライフバランスが充実し、グローバルな経験が積めて市場価値の向上も。 新型コロナの影響もあり駐在員ではなく、現地採用に裁量を持たせる企業が増加中。
◆タイで働く:現地採用◆給与だけでなく保険,退職金等,福利厚生確認が重要
新型コロナの影響で海外駐在員の帰国が増え、現地採用への依存度が増加中。 海外ではローカルスタッフのマネジメント経験する機会も多く、国内ではできない経験。 就職活動の際、給与だけではなく保険や退職金などの福利厚生の確認が重要。
◆海外で働くために求められるスキルとは?◆海外就職のすすめ
海外駐在であれ、現地採用であれ、海外で働くために求められるスキルは共通。 第一に業界・業務のプロフェッショナルであることで、マネジメント能力と英語が続く。 特に、東南アジアで働く場合は、ローカルスタッフの管理など必要に迫られる。

海外お宝求人:タイ・ベトナム編

◆ベトナムで働く:2021年8月◆ホーチミン・ハノイ厳選お宝求人
ベトナムは新型コロナが再燃する中、東南アジアで一人勝ちと言われる程、経済回復中。 政府は4〜6月期のGDPが前年同期比6.6%増と発表、好調な対米輸出が4割増と牽引。 採用活動も活発化した、2021年08月のベトナムのお宝求人をお届けします!
◆タイで働く:2021年7月◆バンコク・チョンブリお宝求人
タイは生活しやすい上に、アジアで最も海外就職・現地採用の機会が多い国。 新型コロナの感染拡大に伴い、駐在員の帰国も増加し現地採用へのシフトも加速。 高額給与案件も散見される2021年07月のタイのお宝求人をお届け!

海外就職に強い転職エージェント:3選

JACリクルートメント

・外資系・グローバル企業、経営・マネージャーに強い

リクルートエージェント

・非公開求人20万件以上は業界最大級!

ビズリーチ

・ヘッドハンターと国内外の優良・成長企業が直接スカウト

応援お願いします!更新の励みになります!