◆タイのワクチン接種◆外国人では無くタイ人が優先とタイ政府

この記事は 約5 分で読めます。

タイ保険省は、ワクチン接種の『優先順位はタイ人であり外国人ではない』と正式表明。
外国人もタイ人同様に登録可能とする一部の英字新聞やTwitterでの報告を否定。
6月にチェンマイでワクチン接種登録に成功した米国人は、予約通りに行くと表明。
ワクチン接種に期待しているタイ在住外国人がざわついています。
 :
タイ在住外国人の間で信頼度抜群のリチャードが『保険大臣は、6月に外国人への無償ワクチン提供を否定した』と…

実際に、6月にチェンマイのマコーミック病院で予防接種を受けるために予約を完了した、Joe Cummingsは『決定的な様だね。とにかく、私は何が起こるか、実際に行ってみるよ。』とコメントとしています。

 

◆タイのワクチン接種◆外国人も予約可能:ピンクIDカード所有者
タイ在住外国人が信頼する英国人リチャード『外国人もワクチン接種予約に成功』と報告。 外国人のワクチン接種予約にはタイのピンクIDカード番号とセキュリティコードが必要。 外務省報道官『国籍に関係なくタイに住む全ての人に接種の資格』との報道も…

 

◆タイのワクチン接種◆LINE公式登録方法:タイのID番号必要
タイの一般人向けのワクチン接種は、60歳以上を対象に5月1日から登録開始。 登録には、ラインの公式アカウントからタイの13桁のID番号の登録が必要。 タイ産のアストラゼネカ製ワクチンは、政府の承認を受け6月出荷開始の見込み。

 

一昨日、管理人も希望を込めてアップした記事もあっという間にゴミになってしまいました…
 :
管理人の主催する『バンコクロングステイの会(※プライベートグループで、管理人の承認が必要)』でも病院登録の一歩手前まで行った日本人の方からの報告がありました。
 :
Mさん、一から出直しですね…

 

ワクチン接種の優先順位は、外国人では無くタイ人!

記事引用先:Bangkok Post 

‘Thais, not expats’ get jab priority

Thai people will always be given priority for Covid-19 vaccines, the Ministry of Public Health said yesterday, denying reports that some expats living in the kingdom would also be allowed to register for free jabs.

保健省は、タイ人が常にCovid-19ワクチン接種を優先されると述べ、タイ王国に住む一部の外国人も無料接種に登録可能という報告を否定した。
The ministry said while the government wanted take care of everyone living here, it had no plans to give free vaccines to expats due to very limited vaccine stocks, so Thai people would be the first to get it.
政府はタイに住むすべての人に提供したいが、ワクチンの供給量が非常に限られているため、外国人に無料のワクチンを提供する計画はなく、タイの人々が最初にそれを手に入れるだろうと述べた。
On Monday, some expats announced on social media that they had successfully registered to get the vaccine via the Mor Prom Line application.
@joecummings wrote on Twitter he had booked to have his vaccination at McCormick Hospital in Chiang Mai in June.
月曜日に、一部の外国人はソーシャルメディアで、Mor Prom Lineアプリケーションを介してワクチンを取得するための登録に成功したことを発表した。
@joecummingsは、6月にチェンマイのマコーミック病院で予防接種を受けるために予約したTwitterに書き込みました。

60歳以上で基礎疾患のある外国人は、6月と7月に無料のCovidワクチン接種に登録できます。

記事引用先:Thai Examination

Expats over 60 and with underlying conditions can register for free Covid vaccinations in June & July

Foreign residents and expats who are over 60 or have an underlying disease can register now for the second wave of the Thai government’s vaccination process with inoculations scheduled to be carried out in June and July. The vaccine will be free.

60歳以上または基礎疾患のある外国人居住者および外国人駐在員は、6月と7月に接種が予定されているタイ政府の予防接種プロセスの第2フェーズに今すぐ登録できます。 ワクチンは無料になります。

◆海外在住者に楽天モバイル◆利用がなければ毎月無料(1Gまで0円)

お願い:ランキングでの応援!

◆日本人のタイ入国は?

◆タイ入国:4月1日~強制隔離短縮◆日本は変異株流行国以外に
タイ政府は、2021年4月1日から入国者の強制隔離期間短縮を発表。 日本を含む変異株流行国以外からの入国者は10日間、ワクチン接種者は7日間。 併せて、対象となるワクチン(シノバック、アストラゼネカ、ファイザー、モデルナ)も公開。
◆タイ入国:隔離検疫ASQホテルリスト◆最高22万B〜最安3万B(14泊)
タイへの入国には、14日間の強制的な隔離検疫が義務化されている。 外国人は、タイ政府が認定したホテルへの滞在が必須。ホテルは病院と提携し、パッケージには、1日三食、無料Wifi、24時間看護が含まれる。

タイの新型肺炎、コロナウィルス 関連記事

◆海外在住者のワクチン接種◆日本政府は早くて夏頃接種開始を検討
日本政府が、在外邦人の一時帰国ワクチン接種の対応方針を決定。 希望者は、管理システムで予約し、一時帰国して空港などで接種、3週間後に再接種。 政府は、一時帰国接種者を20万人程度と想定し、早ければ夏頃から接種開始を検討。
◆タイでPCR検査費用◆バンコクで日本語対応3大病院+コロナ治療概算費用
新型コロナの感染が疑われる時には、一刻も早くPCR検査を受けたいですね。 バンコクの三大病院でもPCR検査が可能です。ただし、1日の対応可能数には限りがあり、通常の治療が必要な患者さんを優先しましょう。
◆タイのコロナ:保険補償額確認要◆重症化の医療費が最大で1千万円
海外で新型コロナに感染した場合、海外旅行者保険が適用可能。但し、海外では医療費が高額。タイのサミティベート病院の日本人医師によると重症化してICUなどに長期入院の場合最大で1千万円。一般的保険は200〜300万円程度。あなたの保険は?
◆海外旅行保険◆新型コロナに感染したら保険適用されるのか?
日本国内では、2020年3月6日、新型コロナウィルスのPCR検査は健康保険の適用。また、感染後の治療費に関しては『指定感染症』の為、公費の負担。では、海外旅行中の検査や治療費は海外旅行者保険で適用されるのか?

◆海外在住者に楽天モバイル◆利用がなければ毎月無料(1Gまで0円)

お願い:ランキングでの応援!

『バンコクタイムズ』おすすめ記事!

◆タイの格差社会◆貧富の差が続く3つの理由!贈与税と相続税と固定資産税!
タイは格差社会だ。 しかもその格差が縮小することはなく続くと思われる理由がある... タイの格差社会(貧富の差)が続く3つの理由!贈与税と相続税と固定資産税! ・タイは相続税が『ほぼゼロ』 ・タイは固定資産税が『ほぼゼロ』
◆タイ王室は世界一裕福◆保有資産4.6兆円は英国王室の80倍◆
CEO Magazineが、タイ王室の保有するであろう430億ドル(約4兆6千億円)は世界で最も裕福な王室であると発表しています。 その金額は、イギリスのエリザベス女王の80倍であると報じています。 タイ王室は世界一裕福!資産4.6兆円は英国王室の80倍:バンコクタイムズ
◆タイリピーター要確認◆ノービザ入国制限:陸路(2回)・空路(6回)
◆タイリピーター要確認◆ノービザ入国制限:陸路(2回)・空路(6回) タイ大好き、タイリピーターの皆さんが気になるのがノービザ入国の制限ですよね。 近年の不法滞在者への取り締まりの強化を受け、ノービザ入国や『ビザラン』への規制が強化されています。
◆チェンマイのHIV感染孤児院に全てを捧げた日本人◆名取美和(バーンロムサイ)さん!
タイには約45万人のHIV感染者がいると推定されている。 NHKが放送した『タイのエイズ孤児院に全てを捧げる日本人女性』が忘れられない。 チェンマイのバーンロムサイ(HIVに母子感染した孤児たちの生活施設)にその人が…
◆日本の10倍は事故死するのにタイには『あおり運転』と言う言葉は無い!実はもっとヤバイ!by 高田胤臣
日本では『あおり運転の厳罰化』で免許取消が可能となったと盛んに報道されている。 しかし、日本の10倍以上交通事故死があるタイには『あおり運転』という言葉がないと…