◆タイのコロナ:風評被害◆タイは危ない?と言う風評被害に実態を!

この記事は 約6 分で読めます。

『タイに行きたいのですが、新型肺炎が心配です。』『バンコクに住んでてコロナウィルスは怖くないですか?』などの質問を頂きました。
 :
タイの感染リスクは、日本とかわりません。
タイには中国や武漢からの航空便数、観光客数が多いだけです。
1月31日追記:
管理人のお気に入りの高田さんも記事を書いています。ご覧ください。
タイでも「新型肺炎」が話題に。日本以上に多い発覚した感染者数が多いワケ
連日、武漢の閉鎖や武漢からの日本人帰国などが報道されています。
 :
バンコクに住んでいると、どちらかと言うとコロナウィルスよりはPM2.5などによる大気汚染の方がより身近で深刻です。しかも、タイへの観光客が減るのも…
 :
新型肺炎を全く心配していないわけでもありません。
普段以上に、手洗い、うがいを念入りに行っています。
ただし、濃厚接触の機会は避けるべきでしょうね。

◆タイの観光客4000万人をコロナウィルスが…旧正月の稼ぎ時なのに◆

観光立国のタイは年間観光客4000万人の達成に躍起。
中国からタイへの観光客は年間1100万人以上で、全体の25%以上。
世界を震撼させている『コロナウィルス』がタイの観光業界を脅かしています。
◆タイの観光客4000万人◆旧正月の稼ぎ時なのにコロナウィルスが…
観光立国のタイは年間観光客4000万人の達成に躍起。 中国からタイへの観光客は年間1100万人以上で、全体の25%以上。 世界を震撼させている『コロナウィルス』がタイの観光業界を脅かしています。

◆タイの新型肺炎◆エアアジアが武漢への無料救出フライト提案◆

エアアジア航空が、タイ政府に武漢への無料救出フライトを提案。
タイの国民からエアアジア への称賛が多く寄せらた。
一方、タイのフラッグシップ、タイ国際航空は武漢への発着許可がないと苦しい発表…
◆タイのコロナ:救出◆エアアジアが武漢への無料救出フライト◆
エアアジア航空が、タイ政府に武漢への無料救出フライトを提案。 タイの国民からエアアジア への称賛が多く寄せらた。 一方、タイのフラッグシップ、タイ国際航空は武漢への発着許可がないと苦しい発表…

最新情報キュレーション

バンコクの移民局で全員検温の上、マスクを配布【1月30日】

1月30日所用があり、バンコクのチェーンワッタナーにある移民局をおとづれました。
移民局の入り口で、全員の体温を測り、健康状態を確認して、マスクを配布していました。

アメリカの大学が新型コロナウイルスの情報をほぼリアルタイムで示すサイト開設

アメリカの大学が新型コロナウイルスの情報をほぼリアルタイムで示すサイト開設
このサイトは、CDCとWHOのデータを使用して、感染者と死亡者の数、および感染が集中している場所を表示する。

1月30日【コロナウイルス】最も感染リスクの高い都市1位にバンコク

記事引用先:タイランドハイパーリンクス

イギリスのサウサンプトン大学のWorldPopチームが2020年1月28日に発表したデータによると、新型コロナウイルスに感染するリスクの高い中国以外の都市の1位はバンコク。その理由は、武漢とその近隣の地域からの旅行者数が多いという理由でした。2位に香港、3位に台北(台湾)、4位ソウル(韓国)、5位東京と続いています。
また感染リスクの高い国のランキングでは、1位タイ、2位日本、3位香港、4位台湾、5位韓国と続いています。

この記事の情報ソースの『Thailand and Bangkok ‘most at risk’ from coronavirus, scientists warn|ThaiVisa』を読んでもリスクの基準が、タイに来る人数だけであり、その他の理由は記載されていません。

1月29日:中国・武漢からの旅行者の多い空港

Twitterで流れて来た情報では、中国・武漢からの航空機の席数を計算しており、この数値を持ってしても『タイの感染リスクが高い』とは言えないともいます。
 :
逆に、中国人の間で蔓延している『日本は安全』『日本で高度の医療が無料で受けられる』との噂で中国人が日本へ脱出を図っている方が怖いです。

記事引用先:Twitter

1月28日:タイの新型肺炎感染、14人に急増

記事引用先:時事通信

タイ保健省は28日、新型コロナウイルスの感染者が国内で新たに6人確認され、計14人に急増したと発表した。6人はいずれも中国人で、5人は中国湖北省武漢市から、残る1人は重慶市からバンコクの空港に到着した。

管理人のつぶやき

当初、新型肺炎の感染者は中国人のDNAを持った人が感染しやすいと思っていましたが、日本でバスの運転手さんが感染したと聞き、私の信じていた説が覆され、残念です。
 :
全世界で人の移動が滞ると言うことは、経済も滞る。
私はこちらの方が心配です。

1日一回応援おねがいします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へPVアクセスランキング にほんブログ村

◆日本人のタイ入国は?

◆タイ入国制限撤廃◆ビザ無し滞在30⇒45日間に延長<期限付>
タイ政府が、2020年3月から続いた非常事態宣言の解除を発表。 10月01日からタイ入国時のワクチン接種証明又は陰性証明提示の撤廃。 ビザ免除国からの渡航者の滞在可能期間を30日から45日間に延長。
◆タイ入国情報◆外国人入国カード(TM6)空路は暫定免除
タイ政府が、空路で入国する外国人入国カード(TM6)記入を免除。 入国審査の渋滞緩和のための暫定措置のため、タイ入国者は最新情報の確認が必要。 以前から必要性に疑問あり評判の悪いTM6、いっそのこと永久にやめれば?

 

1日一回応援おねがいします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へPVアクセスランキング にほんブログ村

『バンコクタイムズ』おすすめ記事!

◆タイの格差社会が続く3つの理由◆贈与税と相続税と固定資産税!
タイは格差社会、上位1%の富裕層が持つ富が全体の約67%を占め、更に広がる傾向… 貧富の差はタイの政治対立を引き起こし、罪を犯した富裕層が罰を免れることも珍しくない。 格差を広げる理由は3つ、贈与税、相続税、そして日本で言う固定資産税が…
◆タイ王室は世界一裕福:保有資産4.6兆円は英国王室の80倍
話題の日本の皇室財産は国に帰属し、皇室費用は毎年予算計上し国会承認が必要。 一方、世界には裕福な王室も多く世界一のお金持ちはタイ王室で資産は約4.6兆円。 有名なイギリスのエリザエス女王でさえ約550億円で、タイ王室はその80倍以上…
◆タイリピーター要確認◆ノービザ入国制限:陸路(2回)・空路(6回)
◆タイリピーター要確認◆ノービザ入国制限:陸路(2回)・空路(6回) タイ大好き、タイリピーターの皆さんが気になるのがノービザ入国の制限ですよね。 近年の不法滞在者への取り締まりの強化を受け、ノービザ入国や『ビザラン』への規制が強化されています。
◆タイのエイズ孤児院に全てを捧げた日本人◆名取美和@バーンロムサイ
タイには約45万人のHIV感染者(=エイズではない)がいると推定される。 NHKが放送した『タイのエイズ孤児院に全てを捧げる日本人女性』が忘れられない。 チェンマイのバーンロムサイ(HIVに母子感染した孤児たちの生活施設)にその人が…
◆日本の10倍は事故死するのにタイには『あおり運転』と言う言葉は無い!実はもっとヤバイ!by 高田胤臣
日本では『あおり運転の厳罰化』で免許取消が可能となったと盛んに報道されている。 しかし、日本の10倍以上交通事故死があるタイには『あおり運転』という言葉がないと…

1日一回応援おねがいします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へPVアクセスランキング にほんブログ村

『バンコクタイムズ』おすすめ記事!

◆タイの格差社会が続く3つの理由◆贈与税と相続税と固定資産税!
タイは格差社会、上位1%の富裕層が持つ富が全体の約67%を占め、更に広がる傾向… 貧富の差はタイの政治対立を引き起こし、罪を犯した富裕層が罰を免れることも珍しくない。 格差を広げる理由は3つ、贈与税、相続税、そして日本で言う固定資産税が…
◆タイ王室は世界一裕福:保有資産4.6兆円は英国王室の80倍
話題の日本の皇室財産は国に帰属し、皇室費用は毎年予算計上し国会承認が必要。 一方、世界には裕福な王室も多く世界一のお金持ちはタイ王室で資産は約4.6兆円。 有名なイギリスのエリザエス女王でさえ約550億円で、タイ王室はその80倍以上…
◆タイリピーター要確認◆ノービザ入国制限:陸路(2回)・空路(6回)
◆タイリピーター要確認◆ノービザ入国制限:陸路(2回)・空路(6回) タイ大好き、タイリピーターの皆さんが気になるのがノービザ入国の制限ですよね。 近年の不法滞在者への取り締まりの強化を受け、ノービザ入国や『ビザラン』への規制が強化されています。
◆タイのエイズ孤児院に全てを捧げた日本人◆名取美和@バーンロムサイ
タイには約45万人のHIV感染者(=エイズではない)がいると推定される。 NHKが放送した『タイのエイズ孤児院に全てを捧げる日本人女性』が忘れられない。 チェンマイのバーンロムサイ(HIVに母子感染した孤児たちの生活施設)にその人が…
◆日本の10倍は事故死するのにタイには『あおり運転』と言う言葉は無い!実はもっとヤバイ!by 高田胤臣
日本では『あおり運転の厳罰化』で免許取消が可能となったと盛んに報道されている。 しかし、日本の10倍以上交通事故死があるタイには『あおり運転』という言葉がないと…