◆タイのコロナ◆大富豪が『チームタイランド』でタイを救う

この記事は 約7 分で読めます。

タイの大富豪が『チームタイランド』に合流してタイを救う!
プラユット首相のトップ20の億万長者への支援の呼びかけに、直接の財政支援は表明しなかった。しかし、大富豪は、各自のプロジェクトでタイを助ける。
4月17日、プラユット首相がタイのトップ20の大富豪に『チーム・タイランドで助けて』と書簡を送って懇願した。
しかし、4月28日、首相は『大富豪からの財政的支援の提案はなかった』と悲痛な報告した。
 :
ところが、大富豪は彼らのやり方で『チーム・タイランド』の一員として、タイを救うと主張している。
 :
タイ王国、No.1 のCPグループのドンは、7億バーツの寄付をして新型コロナ対策をしていると…
 :
No.2のレッドブル帝国は、コロナショックからの回復に3億バーツ を投入していると…
 :
『チーム・タイランド』の総力を結集して、タイを救え!

◆タイのコロナ◆大富豪の財政支援なし…現金支給は2600万人に拡大

◆タイのコロナ◆大富豪の財政支援なし…現金支給は2600万人に拡大
首相は会見で、大富豪からの財政支援の提案はなかった、但し、従業員をできる限り守るとの約束。 現金給付の対象は、農家の1,000万人が追加され、既に承認されていた1400万人も1600万人へ、併せて2,600万人に拡大した。

◆タイのコロナ◆首相が大富豪に『チーム・タイランド』で助けてと…

◆タイのコロナ◆首相が大富豪に『チーム・タイランド』で助けてと…
タイでは、国民救済の月額5,000バーツ(3ヶ月間)を900万人に現金配布を予定していた。現実には1ヶ月分しかないことが判明し、申請した2,700万人に衝撃。プラユット首相は、トップ20の大富豪に『チーム・タイランドでタイを救おう!』と支援要請…

億万長者は社会貢献していると主張する:CPグループ

記事引用先:Bangkok Post

Billionaire highlights social contributions
Dhanin says millions spent to offset crisis

Clearing for take-off: AirAsia staff take care of passengers at Don Mueang Airport after the resumption of domestic flights at airports in Bangkok and 14 provinces yesterday. Passengers and staff are required to take preventive Covid-19 transmission measures that range from wearing masks to having passengers step on disinfectant-soaked carpets prior to boarding. (Photo by Pornprom Satrabhaya)

Thai billionaire and senior chairman of Charoen Pokphand Group (CP) Dhanin Chearavanont has donated over 700 million baht to fund the company’s projects to fight the spread of Covid-19 and insisted the company has no plans to lay off staff.

タイの億万長者でCPグループの上級会長(Dhanin Chearavanont)は、Covid-19の蔓延と戦う同社のプロジェクトに7億バーツを寄付し、同社はスタッフをレイオフする計画はないと主張しました。
Of the donated money, the group has set up a CP mask factory worth about 175 million baht to produce face protection to beat shortages, he said, adding the factory has produced and delivered around three million items a month to those who need them for free.
寄付された資金のうち、グループはマスク不足を打開するフェイスマスクを生産するために約1億7500万バーツのCPマスク工場を設立し、工場は月に約300万個の製品を生産し、無料でそれらを必要とする人々に届けました。

二人の大富豪がチームタイランドに合流:レッドブル帝国とPMグループ

記事引用先:Bangkok Post

Two more moguls join ‘Team Thailand’

Two additional Thai millionaires — Chalerm Yoovidhya and Prayudh Mahagitsiri — will allocate multi-million baht budgets to help the newly-established Team Thailand fill the state’s coffers amid efforts to tackle the economic impact of Covid-19.

更に、二人のタイの億万長者-Chalerm YoovidhyaとPrayudh Mahagitsiri-が『チームタイランド』に合流した。Covid-19の経済的影響に取り組むため、数百万バーツの予算を割り当てて、緊急支援の財源を埋めるのを支援します。
The Yoovidhya family, owners of the Red Bull energy drink empire, will spend 300 million baht to help make Thailand more self-reliant as it joins efforts by the nation’s 20 richest people to help tackle the virus.
レッドブルのエナジードリンク帝国の所有者であるユビダヤ一家は、タイがウイルスへの取り組みを支援する国の最も裕福な20人のチームタイランドに参加することにより、コロナショックから回復させるために3億バーツを費やします

Meanwhile Mr Prayudh, chairman of the PM Group with an array of businesses ranging from industry, consumer products, to property development, said in his letter that he wants to support farmers by helping them develop technology so they can add value to their products. Up to 150 million baht has been allocated to help people, he said.

一方、消費財から不動産開発に至るまで幅広い事業を展開するPMグループの会長であるPrayudh氏は、農家が製品に付加価値を付けるための技術開発を支援することで農家を支援したいと語った最大1億5000万バーツが割り当てられたと彼は言った。

◆海外在住者に楽天モバイル◆利用がなければ毎月無料(1Gまで0円)

応援お願いします!更新の励みになります!

◆日本人のタイ入国は?

◆サンドボックスの落とし穴◆同乗者感染で強制隔離14日間へ
タイではデルタ株が猛威、1日の陽性が9,000人を超え事実上のロックダウン突入。 一方、政府肝いりのサンドボックス実証実験は粛々進行中に思わぬ落とし穴が。 ドバイからの観光客の陽性が確認され、同じフライトの13人が強制隔離施設へ…
◆タイ入国◆強制隔離14日間に逆戻り+医療ビザ一時発行停止
タイでは新型コロナ第三波が到来し、短縮されていた強制隔離期間が14日間に逆戻り。 4月から強制隔離は10日間に、ワクチン接種者は7日間に短縮されていたが、一律14日に。 あわせて、メディカルビザの発行も感染状況が改善されるまで一時発行停止に。
◆タイ入国:隔離検疫ASQホテルリスト◆最高22万B〜最安3万B(14泊)
タイへの入国には、14日間の強制的な隔離検疫が義務化されている。 外国人は、タイ政府が認定したホテルへの滞在が必須。ホテルは病院と提携し、パッケージには、1日三食、無料Wifi、24時間看護が含まれる。

◆タイのワクチン接種に関する記事はこちら

◆タイのワクチン調達計画◆アストラゼネカじゃダメ?
2021年7月27日、在タイ日本国大使館が在留邦人向けワクチン接種に関するセミナーを開催。 セミナーでは、在留邦人向けにアストラゼネカ製ワクチン接種プログラムを後日公開と発表。 前日に発表されていたバムルンラード病院の予約開始は誤りと指摘…
◆アストラゼネカ予約再開◆バムルンラード病院:日本寄贈
日本政府寄贈のアストラゼネカ製ワクチンの接種予約サイトがバムルンラード病院から。 病院の専用サイトからの申し込み後、提供可否のSMSもしくはメールが送信される。 在タイ日本大使館から7月27日14時のセミナーで発表と想定、事前の予約がおすすめ!
◆アストラゼネカ初回接種◆副反応は?重症化・デルタ株に効果?
ASEAN諸国ではシンガポールを除き多くの国で採用のアストラゼネカ社のワクチン。 そもそもデルタ株はなぜ感染力が強いの?効果はあるの?ワクチンは重症化を防げるの? アストラゼネカのワクチン接種後の副反応や血栓との関係も気になる…
◆バムルン病院でモデルナ予約◆2021年11月接種開始予定
バンコクのバムルンラード病院で、7月9日(金)午前9時モデルナ製ワクチンの予約開始。 接種可能時期は2021年11月、値段は1本1,650B、他のワクチン接種者にも対応。 対象は18歳以上、ワクチン未接種者を優先し、シノバック接種済は1回予約可能。
◆タイのワクチン接種◆副反応で死亡補償140万円:忌避率増加中
タイ政府の調査で、副作用や効果を懸念しワクチン接種忌避の割合が増加中。 政府は、ワクチン接種が引き起こす副作用に対する補償内容(死亡、重度、軽度)を公開。 ワクチン接種によって、死亡もしくは重度の障害で40万バーツ(約140万円)の補償金…

◆タイの新型肺炎、コロナウィルス 関連記事

◆在外邦人の帰国ワクチン接種◆7月19日インターネット予約開始
在外邦人向け『一時帰国ワクチン接種』インターネット予約受付が7月19日(金)開始。 対象は、在外邦人で住民票を持たない(転出届を提出済み)、接種時に満12歳以上の方。 在外邦人でも日本に住民票がある者、帰国時に転入届を出した場合は対象外。
◆タイでPCR検査費用◆バンコクで日本語対応3大病院+コロナ治療概算費用
新型コロナの感染が疑われる時には、一刻も早くPCR検査を受けたいですね。 バンコクの三大病院でもPCR検査が可能です。ただし、1日の対応可能数には限りがあり、通常の治療が必要な患者さんを優先しましょう。
◆タイのコロナ:保険補償額確認要◆重症化の医療費が最大で1千万円
海外で新型コロナに感染した場合、海外旅行者保険が適用可能。但し、海外では医療費が高額。タイのサミティベート病院の日本人医師によると重症化してICUなどに長期入院の場合最大で1千万円。一般的保険は200〜300万円程度。あなたの保険は?
◆海外旅行保険◆新型コロナに感染したら保険適用されるのか?
日本国内では、2020年3月6日、新型コロナウィルスのPCR検査は健康保険の適用。また、感染後の治療費に関しては『指定感染症』の為、公費の負担。では、海外旅行中の検査や治療費は海外旅行者保険で適用されるのか?

◆海外在住者に楽天モバイル◆利用がなければ毎月無料(1Gまで0円)

応援お願いします!更新の励みになります!

『バンコクタイムズ』おすすめ記事!

◆タイの格差社会◆貧富の差が続く3つの理由!贈与税と相続税と固定資産税!
タイは格差社会だ。 しかもその格差が縮小することはなく続くと思われる理由がある... タイの格差社会(貧富の差)が続く3つの理由!贈与税と相続税と固定資産税! ・タイは相続税が『ほぼゼロ』 ・タイは固定資産税が『ほぼゼロ』
◆タイ王室は世界一裕福◆保有資産4.6兆円は英国王室の80倍◆
CEO Magazineが、タイ王室の保有するであろう430億ドル(約4兆6千億円)は世界で最も裕福な王室であると発表しています。 その金額は、イギリスのエリザベス女王の80倍であると報じています。 タイ王室は世界一裕福!資産4.6兆円は英国王室の80倍:バンコクタイムズ
◆タイリピーター要確認◆ノービザ入国制限:陸路(2回)・空路(6回)
◆タイリピーター要確認◆ノービザ入国制限:陸路(2回)・空路(6回) タイ大好き、タイリピーターの皆さんが気になるのがノービザ入国の制限ですよね。 近年の不法滞在者への取り締まりの強化を受け、ノービザ入国や『ビザラン』への規制が強化されています。
◆チェンマイのHIV感染孤児院に全てを捧げた日本人◆名取美和(バーンロムサイ)さん!
タイには約45万人のHIV感染者がいると推定されている。 NHKが放送した『タイのエイズ孤児院に全てを捧げる日本人女性』が忘れられない。 チェンマイのバーンロムサイ(HIVに母子感染した孤児たちの生活施設)にその人が…
◆日本の10倍は事故死するのにタイには『あおり運転』と言う言葉は無い!実はもっとヤバイ!by 高田胤臣
日本では『あおり運転の厳罰化』で免許取消が可能となったと盛んに報道されている。 しかし、日本の10倍以上交通事故死があるタイには『あおり運転』という言葉がないと…