◆タイのコロナ◆首相が大富豪に『チーム・タイランド』で助けてと…

この記事は 約6 分で読めます。

タイでは、国民救済の月額5,000バーツ(3ヶ月間)を900万人に現金配布を予定していた。しかし、現実には1ヶ月分しか予算化されていないことが判明し、申請した2,700万人に衝撃。プラユット首相は、トップ20の大富豪に『チーム・タイランドでタイを救おう!』と支援要請するも…

プラユット首相はタイのトップ20の大富豪に支援を求める

Prayut appeals to the 20 richest Thais for help

記事引用先:The Nation Thailand

In a nationally televised speech, Prayut calls on the 20 richest people in Thailand to help the government in its fight against Covid-19.

In a special 10-minute speech broadcast on national TV at 6pm on Friday (April 17), Prime Minister Prayut Chan-o-cha called on Thailand’s 20 richest people to step up and help the government in its fight against the Covid-19 outbreak. 
 
Prayut said he will next week write an open letter to the 20 tycoons, asking for help in efforts to tackle the pandemic, which he said has become a deadly threat to people’s health and economic wellbeing.

4月17日午後6時に国営テレビで10分間の特別スピーチ放送で、プラユット首相は、タイで最も裕福な20人に、Covid-19の大流行に対する政府の強化と支援を呼びかけました。 
 
プラユット氏は来週、20人の大物への公開書簡を書いて、人々の健康と経済的健康に致命的な脅威となるパンデミックへの取り組みに協力を求めた。

『チーム・タイランド』が国を救う!

‘Team Thailand’ to save nation

記事引用先:Bangkok Post

Prime Minister Prayut Chan-o-cha will next week ask the kingdom’s top 20 wealthiest businessmen and key leaders to join his so-called “Team Thailand”, a group that will shape the fight against Covid-19 in the future as the government considers relaxing anti-virus measures.
“The government alone cannot give answers to all questions,” he said. “This crisis is big and complicated, so we need to unite and join together as Team Thailand.”

プラユット首相は、来週、トップ20の裕福なビジネスマンと主要指導者に、政府が検討するCovid-19との戦いを形作る、いわゆる「チーム・タイランド」への参加を要請します。
「政府だけではすべての質問に答えることはできない」と彼は言った。「この危機は大きく複雑なので、チームタイとして団結し、共に参加する必要があります。」

救済基金は1ヶ月分しかカバーされない:900万人の予算に2700万人が申請

Relief cash only covers a month

記事引用先:Bangkok Post

People gather at the Finance Ministry in Bangkok on Tuesday to appeal its decision to reject their claims for a 5,000-baht cash handout. (Photo by Nutthawat Wicheanbut)

Prime Minister Prayut Chan-o-cha has stressed the government has yet to finalise the period for its 5,000-baht cash handout scheme to those affected by Covid-19, as the existing fund only covers one month.
Earlier, the government said it would allocate 5,000 baht per month for three months from April to June to 8-9 million to temporary employees and self-employed workers hit by the virtual economic shutdown imposed to contain the virus.

プラユット首相は、既存の基金は1か月しかカバーしていないため、政府はCovid-19の影響を受ける人々への5,000バーツの現金配布スキームの期間をまだ確定していないと強調しました。
政府は以前、4月から6月までの3か月間、月額5,000バーツを800万から900万に割り当て、ウイルスを封じ込められた経済停止の影響を受けた臨時従業員と自営業者に割り当てた。

There are at least 27 million people registered for the cash handouts, but the government said it will pick only 8-9 million people to get the money.
As of Wednesday, about 12 million registered people had been disqualified.

現金配布には少なくとも2700万人が登録されていますが、政府は、資金を獲得するために800万人から900万人だけを選ぶと発表しました。水曜日の時点で、約1200万人の登録者が失格となった。

◆海外在住者に楽天モバイル◆利用がなければ毎月無料(1Gまで0円)

応援お願いします!更新の励みになります!

◆日本人のタイ入国は?

◆サンドボックスの落とし穴◆同乗者感染で強制隔離14日間へ
タイではデルタ株が猛威、1日の陽性が9,000人を超え事実上のロックダウン突入。 一方、政府肝いりのサンドボックス実証実験は粛々進行中に思わぬ落とし穴が。 ドバイからの観光客の陽性が確認され、同じフライトの13人が強制隔離施設へ…
◆タイ入国◆強制隔離14日間に逆戻り+医療ビザ一時発行停止
タイでは新型コロナ第三波が到来し、短縮されていた強制隔離期間が14日間に逆戻り。 4月から強制隔離は10日間に、ワクチン接種者は7日間に短縮されていたが、一律14日に。 あわせて、メディカルビザの発行も感染状況が改善されるまで一時発行停止に。
◆タイ入国:隔離検疫ASQホテルリスト◆最高22万B〜最安3万B(14泊)
タイへの入国には、14日間の強制的な隔離検疫が義務化されている。 外国人は、タイ政府が認定したホテルへの滞在が必須。ホテルは病院と提携し、パッケージには、1日三食、無料Wifi、24時間看護が含まれる。

◆タイのワクチン接種に関する記事はこちら

◆タイのワクチン調達計画◆アストラゼネカじゃダメ?
2021年7月27日、在タイ日本国大使館が在留邦人向けワクチン接種に関するセミナーを開催。 セミナーでは、在留邦人向けにアストラゼネカ製ワクチン接種プログラムを後日公開と発表。 前日に発表されていたバムルンラード病院の予約開始は誤りと指摘…
◆アストラゼネカ予約再開◆バムルンラード病院:日本寄贈
日本政府寄贈のアストラゼネカ製ワクチンの接種予約サイトがバムルンラード病院から。 病院の専用サイトからの申し込み後、提供可否のSMSもしくはメールが送信される。 在タイ日本大使館から7月27日14時のセミナーで発表と想定、事前の予約がおすすめ!
◆アストラゼネカ初回接種◆副反応は?重症化・デルタ株に効果?
ASEAN諸国ではシンガポールを除き多くの国で採用のアストラゼネカ社のワクチン。 そもそもデルタ株はなぜ感染力が強いの?効果はあるの?ワクチンは重症化を防げるの? アストラゼネカのワクチン接種後の副反応や血栓との関係も気になる…
◆バムルン病院でモデルナ予約◆2021年11月接種開始予定
バンコクのバムルンラード病院で、7月9日(金)午前9時モデルナ製ワクチンの予約開始。 接種可能時期は2021年11月、値段は1本1,650B、他のワクチン接種者にも対応。 対象は18歳以上、ワクチン未接種者を優先し、シノバック接種済は1回予約可能。
◆タイのワクチン接種◆副反応で死亡補償140万円:忌避率増加中
タイ政府の調査で、副作用や効果を懸念しワクチン接種忌避の割合が増加中。 政府は、ワクチン接種が引き起こす副作用に対する補償内容(死亡、重度、軽度)を公開。 ワクチン接種によって、死亡もしくは重度の障害で40万バーツ(約140万円)の補償金…

◆タイの新型肺炎、コロナウィルス 関連記事

◆在外邦人の帰国ワクチン接種◆7月19日インターネット予約開始
在外邦人向け『一時帰国ワクチン接種』インターネット予約受付が7月19日(金)開始。 対象は、在外邦人で住民票を持たない(転出届を提出済み)、接種時に満12歳以上の方。 在外邦人でも日本に住民票がある者、帰国時に転入届を出した場合は対象外。
◆タイでPCR検査費用◆バンコクで日本語対応3大病院+コロナ治療概算費用
新型コロナの感染が疑われる時には、一刻も早くPCR検査を受けたいですね。 バンコクの三大病院でもPCR検査が可能です。ただし、1日の対応可能数には限りがあり、通常の治療が必要な患者さんを優先しましょう。
◆タイのコロナ:保険補償額確認要◆重症化の医療費が最大で1千万円
海外で新型コロナに感染した場合、海外旅行者保険が適用可能。但し、海外では医療費が高額。タイのサミティベート病院の日本人医師によると重症化してICUなどに長期入院の場合最大で1千万円。一般的保険は200〜300万円程度。あなたの保険は?
◆海外旅行保険◆新型コロナに感染したら保険適用されるのか?
日本国内では、2020年3月6日、新型コロナウィルスのPCR検査は健康保険の適用。また、感染後の治療費に関しては『指定感染症』の為、公費の負担。では、海外旅行中の検査や治療費は海外旅行者保険で適用されるのか?