... ...

◆タイの消費刺激策◆予算1700億円で2400万人低所得層支援

この記事は 約5 分で読めます。

2020年9月29日追記:
低所得者層への追加支援も承認された。

タイ、6度目の非常事態宣言延長 低所得者支援を拡充

記事引用先:日経新聞

29日の閣議では低所得層に向け、510億バーツ(約1700億円)の予算規模で新たな生活支援策の導入も決めた。すでに1400万人に支給している月200~300バーツの生活費補助を10~12月は月500バーツ加算。月3000バーツを上限に、生活必需品の購入額の5割を補助する制度も始める。


タイ政府が、新型コロナで疲弊した経済に消費刺激策を投じる。
政府は、10月から12月までの3ヶ月で510億バーツ(約1,700億円)を拠出し、主に低所得層の2400万人の日用品などの買い物に割引を提供し、一般庶民の購買力を高める。
タイの経済刺激策は、日本の『Go Toキャンペーン』より、低所得者層や一般庶民を対象としたより生活に密着した支援策の様です。
 :
割引スキームは、年収により低所得者層に向けて提供される。

予算1700億円で2400万人低所得層支援

記事引用先:The Nation Thailand

Bt51bn consumption stimulus package gets green light

The government’s Centre for Economic Situation Administration (CESA) on Wednesday approved a three-month consumption stimulus package worth Bt51 billion.
The package will cover 24 million mainly low-income people via two schemes.​

政府の経済状況管理センター(CESA)は、510億バーツ相当の3か月の消費刺激策を承認しました。このパッケージは、2つのスキームを通じて、主に低所得の人々を2400万人カバーします。

1400万人の買い物に500B x 3ヶ月間の割引

In the first scheme, 14 million welfare cardholders will receive an extra monthly discount of Bt500 from October to December on their shopping. The budget for this scheme is Bt21 billion.

最初のスキームでは、1400万人の福祉カード所有者が10月から12月までのショッピングで500バーツの月額割引を受けられます。 このスキームの予算は210億バーツです。

1000万人に、日用品50Bを毎日割引(上限3000B)

Meanwhile, under the “Kon La Khreung” (Let’s Go Halves) scheme, 10 million people will get daily discounts of up to Bt50 on food, beverages and household essentials (not including alcohol, tobacco or lottery tickets). The subsidy is capped at Bt,3000 per person. Thai citizens aged 18 or over can register online.
一方、“Kon La Khreung” (Let’s Go Halves) スキームでは、1,000万人の人々が、食品、飲料、および家庭用品(アルコール、タバコ、宝くじは含まない)を最大50バーツまで毎日割引します。助成金の上限は1人あたり3,000バーツです。18歳以上のタイ国民はオンラインで登録できます。

政府は、4,000億バーツの復興助成金から510億拠出を承認

A CESA meeting chaired by PM Prayut Chan-o-cha agreed on the Bt51-billion budget to maintain domestic consumption and increase purchasing power for low-income groups and the general public, as proposed by the Finance Ministry.
The budget will be allocated from the government’s Bt400 billion recovery loan and proposed to the Cabinet on September 22, with registration scheduled to open on October 16.
プラユット首相が議長を務めるCESA会議は、大蔵省の提案に従い、国内消費を維持し、低所得層や一般市民の購買力を高めるための510億バーツの予算に合意しました。予算は、 9月22日に政府が4千億バーツの復興ローンから拠出し、10月16日に登録開始が予定されている。

お願い:ランキングでの応援!

◆日本人のタイ入国は?

◆在東京タイ王国大使館◆観光目的入国可能+ビザ免除滞在45日間へ
在東京タイ王国大使館『観光目的の入国可能』『ビザ免除滞在45日間』正式発表。 入国許可証(COE)の取得と14日間の強制隔離を除けば、コロナ前と同じに。 但し、日本の第三波、タイの大規模クラスター発生で、ますますタイが遠ざかる…
◆タイ入国:定期便再開◆2021年1月〜ANA/JAL/タイ航空
待ちに待った、バンコク線の定期便が2021年1月から再開。 ANA・JAL・タイ航空が定期便のスケジュールを公開(特別便は廃止)。 タイ入国に際しての入国許可証取得、14日間の強制隔離などの条件は変更なし。
◆タイ入国:隔離検疫ASQホテルリスト◆最高22万B〜最安3万B(14泊)
タイへの入国には、14日間の強制的な隔離検疫が義務化されている。 外国人は、タイ政府が認定したホテルへの滞在が必須。ホテルは病院と提携し、パッケージには、1日三食、無料Wifi、24時間看護が含まれる。

タイの新型肺炎、コロナウィルス 関連記事

◆タイのコロナ:PCR検査◆バンコクの日本語の通じる3大病院+治療概算費用
新型コロナの感染が疑われる時には、一刻も早くPCR検査を受けたいですね。 バンコクの三大病院でもPCR検査が可能です。ただし、1日の対応可能数には限りがあり、通常の治療が必要な患者さんを優先しましょう。
◆タイのコロナ:保険確認要◆重症の場合の医療費が最大で1千万円
海外で新型コロナに感染した場合、海外旅行者保険が適用可能。但し、海外では医療費が高額。タイのサミティベート病院の日本人医師によると重症化してICUなどに長期入院の場合最大で1千万円。一般的保険は200〜300万円程度。あなたの保険は?
◆新型コロナ◆海外旅行期間中に感染したら保険適用されるのか?
日本国内では、2020年3月6日、新型コロナウィルスのPCR検査は健康保険の適用。また、感染後の治療費に関しては『指定感染症』の為、公費の負担。では、海外旅行中の検査や治療費は海外旅行者保険で適用されるのか?
★お願い:参考になったら、クリック!タイ情報ランキングの応援おねがいします!


★ブログの更新をメールで受け取れます!

5,915人の購読者に加わりましょう

バンコクタイムズ
◆シェアして、友達にもおしえてあげよう◆
バンコクで修業中。