◆注意喚起◆バンコクで邦人被害のバイクタクシーひったくり続発

この記事は 約4 分で読めます。

2020年12月28日追記:
実際に被害にあった方のツイートを公開します。

 

在タイ日本国大使館から『邦人被害のバイクタクシーによるひったくり事件』の注意喚起。
バンコクのプロンポンエリアの日本人を狙った、夜間のひったくり事件が続発中。
新型コロナで職を失ったり、収入を絶たれ、容易に犯罪に走るケースが増加中。
比較的安全だと言われるタイでも日本人が事件に巻き込まれるケースは少なくありません。
 :
記憶に新しいところでは、2019年12月の深夜に、日本人が二人組の強盗に襲われる事件がありました。

関連記事:◆タイの安全対策情報:2019年10月-12月◆タイで邦人襲撃事件◆

◆タイの安全対策情報:2019年10月-12月◆タイで邦人襲撃事件◆
タイに長期滞在する日本人に衝撃的な事件が発生。 『比較的安全』とされるバンコク。 日本人が、深夜に二人組の強盗に襲われ、刃物で刺され、去り際に後頭部を切りつけられる凄惨な事件。 改めて『安全対策』の重要性を認識させられた。
ただでさえも年末は物騒な時期ですが、新型コロナで収入が減ってるバクタクシードライバーによる小遣い稼ぎでしょうが、ちょっと怖いですね。

 

関連記事:◆バンコク事件簿◆管理人は見た!プラカノン通り白昼の逮捕劇◆

◆バンコク事件簿◆管理人は見た!プラカノン通り白昼の逮捕劇◆
バンコクの田舎、プラカノンは平和な街です。 そのプラカノンで事件が発生しました。なんと白昼堂々、ベテラン・スリが捕まった。 いつもの食堂から帰りの管理人が報告します!
そういえば、管理人も近所で、どろぼうの逮捕劇に遭遇したことがありました。
 :
iPhoneで写真をガンガン撮っても何も言われなかったのが不思議でした…

 

在タイ日本国大使館 【注意喚起】邦人被害のバイクタクシーによるひったくり事件の発生

・12月頃から、首都バンコクのプロンポンエリアにおいて、在留邦人の方が歩行中、後方から走行してきたバイクタクシーに乗車した者に、持っていたショルダーバック等をひったくられ、そのまま逃走される窃盗(ひったくり)事件が連続で発生しています。

・12月頃から夜間帯に、首都バンコクのプロンポンエリアで、後方から減速して近づいてきたバイクタクシーに乗車する者が、歩行中の被害者の方が所持するセカンドバックやハンドバッグをひったくり、そのまま逃走する窃盗(ひったくり)事件が続発しています。
・タイに滞在中の方やこれからタイ入国を計画されている方におかれましては、
○車道と歩道の区別がない道路に特に気をつける
○バッグ等は車道側とは反対側に持ち、ショルダーバッグは、しっかりと体の前方に持つようにする
○夜間帯はできるだけ明るく、人通りの多い道を選んで歩く
○後方からオートバイのエンジン音などが聞こえたら後方を警戒する
○「歩きスマートフォン」や「歩き音楽プレーヤー」はやめる
等被害防止のための対策を取るなど、皆様の安全と安心のために御注意ください。
・同様の窃盗(ひったくり)被害に遭われた方や、他種別の街頭犯罪等の被害に遭われた方がおられましたら、当館に御一報ください。

(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
電話:(66-2)207-8500、696-3000
FAX:(66-2)207-8511
所在地: 177 Witthayu Road, Lumphini, Pathum Wan, Bangkok 10330
(ウィタユ通り、ルンピニー警察署とMRTルンピニー駅のほぼ中間)

管理人のつぶやき

管理人もバイクを運転するので、バイクの小回りの効く機動性は認めます。でも、それを犯罪に使ってはダメですね。
 :
しかも、バイタクの運ちゃん、捕まってバイタクの免許も失っちゃうとますます困窮…
 :
みなさん、お気をつけて!

お願い:ランキングでの応援!

◆日本人のタイ入国は?

◆在東京タイ王国大使館◆観光目的入国可能+ビザ免除滞在45日間へ
在東京タイ王国大使館『観光目的の入国可能』『ビザ免除滞在45日間』正式発表。 入国許可証(COE)の取得と14日間の強制隔離を除けば、コロナ前と同じに。 但し、日本の第三波、タイの大規模クラスター発生で、ますますタイが遠ざかる…
◆タイ入国:定期便再開◆2021年1月〜ANA/JAL/タイ航空
待ちに待った、バンコク線の定期便が2021年1月から再開。 ANA・JAL・タイ航空が定期便のスケジュールを公開(特別便は廃止)。 タイ入国に際しての入国許可証取得、14日間の強制隔離などの条件は変更なし。
◆タイ入国:隔離検疫ASQホテルリスト◆最高22万B〜最安3万B(14泊)
タイへの入国には、14日間の強制的な隔離検疫が義務化されている。 外国人は、タイ政府が認定したホテルへの滞在が必須。ホテルは病院と提携し、パッケージには、1日三食、無料Wifi、24時間看護が含まれる。

タイの新型肺炎、コロナウィルス 関連記事

◆タイでPCR検査◆バンコクで日本語対応3大病院+コロナ治療概算費用
新型コロナの感染が疑われる時には、一刻も早くPCR検査を受けたいですね。 バンコクの三大病院でもPCR検査が可能です。ただし、1日の対応可能数には限りがあり、通常の治療が必要な患者さんを優先しましょう。
◆タイのコロナ:保険確認要◆重症化の医療費が最大で1千万円
海外で新型コロナに感染した場合、海外旅行者保険が適用可能。但し、海外では医療費が高額。タイのサミティベート病院の日本人医師によると重症化してICUなどに長期入院の場合最大で1千万円。一般的保険は200〜300万円程度。あなたの保険は?
◆新型コロナ◆海外旅行期間中に感染したら保険適用されるのか?
日本国内では、2020年3月6日、新型コロナウィルスのPCR検査は健康保険の適用。また、感染後の治療費に関しては『指定感染症』の為、公費の負担。では、海外旅行中の検査や治療費は海外旅行者保険で適用されるのか?
★お願い:参考になったら、クリック!タイ情報ランキングの応援おねがいします!


★ブログの更新をメールで受け取れます!

5,917人の購読者に加わりましょう

バンコクタイムズ
◆シェアして、友達にもおしえてあげよう◆
バンコクで修業中。