... ...

◆タイのコロナ◆感染危険国から入国はAOTアプリ義務化+GPS追跡

この記事は 約6 分で読めます。

タイでは、コロナ感染危険国からの入国者に『健康質問票』を義務化した。
タイの英字メディア、バンコクポストが『AOTアプリのダウンロード義務化、空港で無料のSIMカードを渡しGPSで行動を追跡する』と報道。
『中国、香港、マカオ、韓国、イタリア、イランから入国する方』が対象ですが、GPSで行動を追跡するとは大胆な施策です!

◆タイ政府観光庁:健康質問票◆空港でコロナ対策+アプリも可【日本は外れる】

タイに入国する『中国、香港、マカオ、韓国、イタリア、イランから入国する方』に『健康質問票』の提出を求める。タイ空港公社(AOT)が『健康質問票』記入と提出の義務化。記入及び提出はアプリでも可能。
◆タイのコロナ:健康質問票◆空港で提出+アプリも可【日本は外れる】
タイに入国する全ての人に『健康質問票』の提出を求める方針。3月12日、タイ国政府観光庁ホームページで、タイ空港公社(AOT)が入国する全ての人に『T8:健康質問票』記入と提出の義務化を調整中と発表。記入及び提出はアプリでも可能。

感染危険国からの入国者には無料SIMカード

記事引用先:Bangkok Post

Arrivals to get free SIM cards with internet

Mobile phone SIM cards with unlimited internet service will be distributed to inbound travellers for free before they pass through immigration counters as part of a move to help track arrivals amid the coronavirus outbreak.
Takorn Tantasith, secretary-general of the National Broadcasting and Telecommunications Commission (NBTC), said the free SIM cards, which can be used for 14 days, will be handed by major mobile operators.
Those who already have SIM cards will be given a 49-baht top-up for free.
Since last Thursday, inbound travellers have been required to download a mobile app developed by Airports of Thailand (AoT) in a move to track travellers who come from risky countries and those considered to require self-quarantine for 14 days upon arrival.

無制限のインターネットサービスを備えた携帯電話のSIMカードは、コロナウイルスの大流行の中で到着を追跡するための移動の一環として、入国カウンターを通過する前に無料でインバウンド旅行者に配布されます。

National Broadcasting and Telecommunications Commission(NBTC)の事務局長であるTakorn Tantasithは、14日間使用できる無料のSIMカードは主要な携帯電話事業者によって手渡されると述べました。

先週の木曜日以来、インバウンド旅行者は、タイの空港(AoT)が開発したモバイルアプリをダウンロードして、危険な国から来た旅行者と到着後14日間自己検疫が必要と考えられる旅行者を追跡する必要があります。

He said there are two categories for monitoring inbound passengers.
First, inbound travellers, both foreigners and Thais, who travelled from six risky countries and territories — China, Iran, South Korea, Italy, Hong Kong and Macau — are mandated to download the AoT app.
This falls in line with the public health ministry’s announcement in regards to dangerously contagious areas outside Thailand, caused by Covid-19, Mr Takorn said.
Second, inbound passengers who come from other countries will be asked to download the app, which complies with Section 12(7) of the immigration law. Those who refuse to download the app risk being barred from entering Thailand.
彼は、インバウンド乗客を監視するための2つのカテゴリーがあると言いました。
まず、6つの危険な国と地域(中国、イラン、韓国、イタリア、香港、マカオ)を旅行した外国人とタイ人がAoTアプリのダウンロードを義務付けられています。
これは、タイ国外の危険な伝染地域に関するCovid-19に起因する公衆衛生省の発表と一致しています、とTakorn氏は言いました。
第二に、他の国から来る乗客は、移民法のセクション12(7)に準拠するアプリをダウンロードするよう求められます。アプリのダウンロードを拒否した人は、タイへの入国が禁止されるリスクがあります。

タイ空港公社(AOT):スマホアプリ

iOS : App Store

‎AOT Airports
‎AOT Airports Application help you turn BUSY to EASY with Airport Intelligent Functions such as: - Flight Alert : Real-time Flight Notification - Flight Board ...

Android : Google Play

AOT Airports - Apps on Google Play
Airportthai turns your phone into the Arrivals and Departures board for any airport in THAILAND!. Just select your flight and Airportthai gives you arrival and...

管理人のつぶやき

タイはスマホ保有率がかなり高く、タイ政府は、何事にもスマホアプリを準備して対応しようとする傾向が高いんです。
 :
危険国からの入国者全員にスマホアプリのダウンロードを義務化した上に、GPSで追跡するとは大胆な施策。
 :
スマホ大国、タイならではですね!

お願い:ランキングへの応援ポチ!

最後までお読み頂き、有難うございます。ランキングに参加しています。1日一回、下のイラストをポチッとして、応援いただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

◆日本人のタイ入国は?

◆タイ入国:特別観光ビザ(STV)◆タイ大使館が申請方法を公開
東京のタイ大使館が、特別観光ビザ(STV)の申請方法を公開。 14日間の強制隔離、10万米ドルを補償する医療保険などの必須条件は変更なし。 日本は『低度感染危険国』認定。2021年9月30日までの期間限定措置。
◆速報◆タイ入国:長期滞在者と永住者◆CCSAが入国許可グループに推奨か
タイの新型コロナ管理センター(CCSA)長官が、長期滞在者と永住者を次のタイ入国許可のグループに推奨すると発言。高い購買力を持つことが推薦の理由。14日間の検疫隔離は必須。 今後、政府の承認プロセスに掛かるのかは、現時点では未定。
◆タイ入国:隔離検疫ASQホテルリスト◆最高22万B〜最安3万B(14泊)
タイへの入国には、14日間の強制的な隔離検疫が義務化されている。 外国人は、タイ政府が認定したホテルへの滞在が必須。ホテルは病院と提携し、パッケージには、1日三食、無料Wifi、24時間看護が含まれる。
◆タイ入国:居住証明証◆ピンクのIDカードで入国許可証申請可能か?
7月の時点でタイへの入国が許可されている日本人は、労働許可証保有者とその家族、タイ人の家族がいる人、そして『有効な居住証明書を有するか、居住を許可された人』など。 『有効な居住証明書』とはなにか、ピンクのIDカードで証明できるとの一報が…
『ビジネス渡航者向けPCR検査+陰性証明書発行』協力医療施設リスト
ビジネス渡航者向けのPCR検査と陰性証明書発行に協力する医療機関が公開された。 日本政府が、ベトナム、タイ、オーストラリア、ニュージーランドとの往来再開を進める中、陰性証明書の取得がネックとなっていた。 ようやく準備が整いつつある模様…

厚生労働省 公式 LINE アカウント

◆新型コロナ:厚生労働省◆感染症情報 LINE公式アカウント:QRコード
LINE株式会社は、厚生労働省の要請を受け、新型コロナウイルスの発生状況や予防法などの情報を広く提供するため、「新型コロナウイルス感染症情報 厚生労働省」LINE公式アカウントを開設したことをお知らせいたします。

タイの新型コロナ、感染者数、推移

Thailand Coronavirus: 3,506 Cases and 59 Deaths - Worldometer
Thailand Coronavirus update with statistics and graphs: total and new cases, deaths per day, mortality and recovery rates, current active cases, recoveries, tre...

タイの新型肺炎、コロナウィルス 関連記事

◆タイのコロナ:PCR検査◆バンコクの日本語の通じる3大病院+治療概算費用
新型コロナの感染が疑われる時には、一刻も早くPCR検査を受けたいですね。 バンコクの三大病院でもPCR検査が可能です。ただし、1日の対応可能数には限りがあり、通常の治療が必要な患者さんを優先しましょう。
◆タイのコロナ:保険確認要◆重症の場合の医療費が最大で1千万円
海外で新型コロナに感染した場合、海外旅行者保険が適用可能。但し、海外では医療費が高額。タイのサミティベート病院の日本人医師によると重症化してICUなどに長期入院の場合最大で1千万円。一般的保険は200〜300万円程度。あなたの保険は?
◆タイのコロナ:日本人差別◆梨田大使からタイ国民の皆様への手紙◆
タイで日本人に対する差別が発生している。 『日本人は出て行け』『刺身はバイ菌だらけ』などの風評被害。 これを危惧した在タイ日本国大使館の梨田大使が『梨田大使からタイ国民の皆様への手紙』を出した。
◆新型コロナ◆海外旅行期間中に感染したら保険適用されるのか?
日本国内では、2020年3月6日、新型コロナウィルスのPCR検査は健康保険の適用。また、感染後の治療費に関しては『指定感染症』の為、公費の負担。では、海外旅行中の検査や治療費は海外旅行者保険で適用されるのか?

お願い:ランキングへの応援ポチ!

最後までお読み頂き、有難うございます。ランキングに参加しています。1日一回、下のイラストをポチッとして、応援いただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

『バンコクタイムズ』おすすめ記事!

◆タイの格差社会◆貧富の差が続く3つの理由!贈与税と相続税と固定資産税!
タイは格差社会だ。 しかもその格差が縮小することはなく続くと思われる理由がある... タイの格差社会(貧富の差)が続く3つの理由!贈与税と相続税と固定資産税! ・タイは相続税が『ほぼゼロ』 ・タイは固定資産税が『ほぼゼロ』
◆タイ王室は世界一裕福◆保有資産4.6兆円は英国王室の80倍◆
CEO Magazineが、タイ王室の保有するであろう430億ドル(約4兆6千億円)は世界で最も裕福な王室であると発表しています。 その金額は、イギリスのエリザベス女王の80倍であると報じています。 タイ王室は世界一裕福!資産4.6兆円は英国王室の80倍:バンコクタイムズ
◆タイリピーター要確認◆ノービザ入国制限:陸路(2回)・空路(6回)
◆タイリピーター要確認◆ノービザ入国制限:陸路(2回)・空路(6回) タイ大好き、タイリピーターの皆さんが気になるのがノービザ入国の制限ですよね。 近年の不法滞在者への取り締まりの強化を受け、ノービザ入国や『ビザラン』への規制が強化されています。
チェンマイのHIV感染孤児院に全てを捧げた日本人!名取美和(バーンロムサイ)さん!
タイには約45万人のHIV感染者がいると推定されている。 NHKが放送した『タイのエイズ孤児院に全てを捧げる日本人女性』が忘れられない。 チェンマイのHIV感染孤児院に全てを捧げた日本人!名取美和(バーンロムサイ)さん
◆日本の10倍は事故死するのにタイには『あおり運転』と言う言葉は無い!実はもっとヤバイ!by 高田胤臣
日本では『あおり運転の厳罰化』で免許取消が可能となったと盛んに報道されている。 しかし、日本の10倍以上交通事故死があるタイには『あおり運転』という言葉がないと…

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

★1日一回、イラストをクリックしてランキングの応援おねがいします!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

★お知らせ★ブログの更新をメールで受け取れます!

5,915人の購読者に加わりましょう

バンコクタイムズ
◆シェアして、友達にもおしえてあげよう◆
バンコクで修業中。