◆タイのワクチン接種◆モデルナ製(1万バーツ)の予約受付中止

この記事は 約4 分で読めます。

タイの民間病院が、未承認のモデルナ製ワクチンの予約受付を保健省の指示で中止に。
タイ政府はファイザー製ワクチンを1300万人分を契約済みで無償提供の予定。
タイの富裕層でなくても、1万バーツなら喜んで払うでしょう…
 
現時点で、ワクチン接種の予約受付をすると言ったニュースを聞いたことがなかったので、驚きました。
 :
タイ政府は、すでにファイザー製ワクチンを1,300万人分の供給契約に合意しています。
 

関連記事:◆タイのワクチン争奪戦◆1300万人分は2021年5月開始、在住者は?

◆タイのワクチン争奪戦◆1300万人分は2021年5月開始、在住者は?
タイの疾病管理局は、2021年5月からのワクチン接種開始を発表。 タイの人口は約7000万人、獲得済みのワクチンは現時点では1300万人分。 優先順位は、医療スタッフ、幼児、高齢者など。在住外国人の順番はいつか?

 

一方、タイ国民の7割の人はワクチン接種に前向きとあれば、ワクチン接種の優先順位が気になるところです。

関連記事:◆タイのワクチン接種◆世論調査で約7割が接種希望と回答

◆タイのワクチン接種◆世論調査で約7割が接種希望と回答
タイの感染症管理局の調査によると、約7割のタイ人はコロナワクチン接種を希望。 世界各国でワクチン接種に関する議論が活発で、エリザベス女王も率先して受けると明言。 日本でも厚生労働省が環境整備中で、住民票のある自治体で予約して接種が可能。

 

しかし、タイには7,000万の人口があり、全ての国民に行き渡るのはいつのことか。ましてや、タイ在住の外国人に回ってくるのは…

関連記事:◆シンガポール:ワクチン接種開始◆12月30日医療従事、2月70歳以上

◆シンガポール:ワクチン接種開始◆12月30日医療従事、2月70歳以上
シンガポールは、感染症センター医療従事者のワクチン接種を12月30日から開始。 2月から70歳以上高齢者の接種も開始、9月迄に外国人含めた全住民に接種完了予定。 ファイザー製ワクチンのアジア初の接種開始。日本での接種開始が待たれる。
シンガポールのように、在住の外国人も含めて全員に無料でワクチン接種するとは、タイ政府は言わないでしょうから…
 :
民間の病院が、1万バーツ(約34,500円)で予約開始したら、みんなが飛びつくことでしょう…
 :
有料でも良いので、1日も早くワクチンが出回って、自由にタイに行けるようになることを願っています…

Thai hospital banned from offer to sell COVID-19 vaccine

記事引用先:Reuters

民間病院は、ワクチンの予約受付を中止させられた

A private Thai hospital was ordered on Sunday to stop advertising COVID-19 vaccinations for sale in advance on the grounds that no vaccine is yet approved in Thailand.

タイの民間病院は、タイでワクチンがまだ承認されていないという理由で、COVID-19ワクチンの販売を事前に宣伝することをやめるように日曜日に命じられた。

Vibhavadi Hospitalのワクチン接種のオンライン予約は誤解だ

Vibhavadi Hospitalはロイターに、2回投与のModernaワクチンの初回予約1,000件のオンラインオファーは誤解の結果であると語った。

オンライン予約のワクチン接種の費用は10,000バーツ

予約の価格が4,000バーツの場合、予防接種を受けるための総費用は10,000バーツ(日本円 34,500円)になります。

タイ保健省は未承認ワクチンの宣伝は、病院の規制に違反と

保健省は声明の中で、タイでの使用が承認されたCOVID-19ワクチンはまだなく、その宣伝は病院の規制に違反していると述べた。

広告の削除が命じられ、予約受付を中止

VibhavadiHospitalは「誤解があったため、プログラムを中止しました…ワクチンを注文する予定でしたが、現在は中止しています」と語った。

管理人のつぶやき

管理人は、現在、横浜に疎開中ですが、一刻も早くバンコクに戻る準備中です。
 :
しかし、現時点ではワクチン接種がなければ、日本脱出もタイ入国も叶わないのではと思い始めています。
 :
現在、タイは観光客も受け入れると宣伝しているので、誰もが入国できます。でも、タイで外国人がワクチン接種できる機会が早期に訪れる気がしません。
 :
ワクチン接種なしでタイに渡るか、思案どころです…
 

お願い:ランキングでの応援!

◆日本人のタイ入国は?

◆在東京タイ王国大使館◆観光目的入国可能+ビザ免除滞在45日間へ
在東京タイ王国大使館『観光目的の入国可能』『ビザ免除滞在45日間』正式発表。 入国許可証(COE)の取得と14日間の強制隔離を除けば、コロナ前と同じに。 但し、日本の第三波、タイの大規模クラスター発生で、ますますタイが遠ざかる…
◆タイ入国:定期便再開◆2021年1月〜ANA/JAL/タイ航空
待ちに待った、バンコク線の定期便が2021年1月から再開。 ANA・JAL・タイ航空が定期便のスケジュールを公開(特別便は廃止)。 タイ入国に際しての入国許可証取得、14日間の強制隔離などの条件は変更なし。
◆タイ入国:隔離検疫ASQホテルリスト◆最高22万B〜最安3万B(14泊)
タイへの入国には、14日間の強制的な隔離検疫が義務化されている。 外国人は、タイ政府が認定したホテルへの滞在が必須。ホテルは病院と提携し、パッケージには、1日三食、無料Wifi、24時間看護が含まれる。

タイの新型肺炎、コロナウィルス 関連記事

◆タイでPCR検査◆バンコクで日本語対応3大病院+コロナ治療概算費用
新型コロナの感染が疑われる時には、一刻も早くPCR検査を受けたいですね。 バンコクの三大病院でもPCR検査が可能です。ただし、1日の対応可能数には限りがあり、通常の治療が必要な患者さんを優先しましょう。
◆タイのコロナ:保険確認要◆重症化の医療費が最大で1千万円
海外で新型コロナに感染した場合、海外旅行者保険が適用可能。但し、海外では医療費が高額。タイのサミティベート病院の日本人医師によると重症化してICUなどに長期入院の場合最大で1千万円。一般的保険は200〜300万円程度。あなたの保険は?
◆新型コロナ◆海外旅行期間中に感染したら保険適用されるのか?
日本国内では、2020年3月6日、新型コロナウィルスのPCR検査は健康保険の適用。また、感染後の治療費に関しては『指定感染症』の為、公費の負担。では、海外旅行中の検査や治療費は海外旅行者保険で適用されるのか?
★お願い:参考になったら、クリック!タイ情報ランキングの応援おねがいします!


★ブログの更新をメールで受け取れます!

5,917人の購読者に加わりましょう

バンコクタイムズ
◆シェアして、友達にもおしえてあげよう◆
バンコクで修業中。