◆アストラゼネカ初回接種◆副反応は?重症化・デルタ株に効果?

この記事は 約6 分で読めます。

ASEAN諸国ではシンガポールを除き多くの国で採用のアストラゼネカ社のワクチン。

そもそもデルタ株はなぜ感染力が強いの?効果はあるの?ワクチンは重症化を防げるの?

アストラゼネカのワクチン接種後の副反応や血栓との関係も気になる

2021年7月27日追記:
バンコクのバムルングラード病院から日本寄贈アストラゼネカ製ワクチン接種予約の案内がありました。
 
投稿日:2021年7月26日

2021年7月21日現在のASEAN諸国のワクチン採用状況がこちら…
 

タイでは、ようやく、在留邦人への無料ワクチン接種が始まりました。
 :
先日、ワクチン接種よりもテニスを選んだ、バンコクの友人Kさんからワクチン接種の報告がありました。

Kさん(75歳)のワクチン接種:

  • ワクチン:アストラゼネカ
  • 接種場所:バンスー駅@バンコク郊外
  • 代金:無料
  • 次回:10月17日(初回:7月25日)

接種会場

接種待ち

予約を取って行ったので良かったみたいです。激混みでしたからね。


副反応が心配とのことだったので、調べてみました!

【Q】そもそも、なぜデルタ株の感染力が強いの?重症化しやすいの?

【A】
詳しいことはまだわかっていません。シンガポールの国立感染症センターや保健省の分析では、デルタ株の感染者は、従来のウイルス株への感染者に比べ、ウイルスの排出量が多く、またウイルスの排出期間も長い傾向があったそうです。

英イングランド公衆衛生庁によると、今年3月29日~5月23日に検査を受けた感染者約4万3300人を分析したところ、デルタ株への感染者はアルファ株の感染者に比べ、検査から2週間以内の入院率が約2.3倍高かったそうです。
 また、シンガポール国立感染症センターの比較分析では、デルタ株への感染者は、従来株(アルファ株登場前の株)への感染者に比べ、酸素補給や集中治療室での治療が必要になったり、死亡したりするリスクが4.9倍高かったそうです。
 ただし重症化率や死亡率などについては、医療が十分に提供できなくなる医療崩壊が起きているかどうかなど、さまざまな要因によって変化します。このため、すべてがウイルスの性質によるとは限りません。世界保健機関(WHO)は、入院率が従来株より高い可能性はあるが、まだ科学的にきちんと証明されたわけではないとしています。

【Q】デルタ株に対し、ワクチンは効くのでしょうか?

【A】
ワクチンの効果が無くなるわけではありません。WHOは、デルタ株を含め現時点で見つかっている変異株についても、既存のワクチンがもつ重症化を防ぐ効果は維持されているとしています。
日本国内で接種が進むファイザー・ビオンテック社製のワクチンと、今後、一定の年齢以上に接種が始まる見通しのアストラゼネカ社製ワクチンについて、英イングランド公衆衛生庁などの研究チームが分析しています。
 どちらも2回の接種を終了した後、入院が必要になるほど重症化するのを防ぐ効果は、アルファ株に対してもデルタ株に対してもほぼ同等だったそうです。アルファ株に対するワクチンの重症化予防効果は従来株とほぼ同等だとみられています。
 具体的には、ファイザー社製は2回接種終了後の重症化予防効果はアルファ株で95%、デルタ株で96%でした。アストラゼネカ社製は、アルファ株は86%、デルタ株は92%でした
 一方、感染後に症状が出るのを防ぐ効果は、デルタ株では低下傾向がみられました。とくにその傾向が顕著だったのは、2回必要な接種のうち1回しか終えていない段階での効果です。
 ファイザー社製ワクチンでは、アルファ株に対しては、1回目接種終了後でも49.2%の効果があったのに対し、デルタ株では33.2%の効果しかありませんでした。アストラゼネカ社製では、1回目終了後はアルファ株で51.4%、デルタ株で32.9%でした。

【Q】アストラゼネカのワクチンとは?

【A】

イギリスの製薬大手、アストラゼネカは、オックスフォード大学と共同でワクチンを開発し、2021年1月からイギリスなどで接種が始まりました。

ウイルスベクターワクチン

このワクチンはウイルスベクターワクチンという種類で、ウイルスの表面にあるスパイクと呼ばれる突起部分のたんぱく質を作る遺伝子を無害な別のウイルスに組み込み、そのウイルスごと投与します。

すると、人の細胞に無害なウイルスが感染して、新型コロナウイルスのものと同じスパイクたんぱく質が作られるようになり、それを受けて免疫の働きで抗体が作られます。

実際のウイルスは使っておらず、ワクチンを接種することで新型コロナウイルスに感染することはありません。

接種方法、回数

接種方法は筋肉注射で、1回目の接種のあと通常、4週間あけて2回目の接種を受けます。

副反応は?

ワクチンの添付文書によりますと2万4000人あまりを対象にした臨床試験の解析から主な副反応は
疲労が1回目の接種後は49.6%、2回目の接種後は26.8%、
頭痛が1回目の接種後は48.6%、2回目の接種後は26.7%、
筋肉痛が1回目の接種後は40.3%、2回目の接種後は18.9%、
38度以上の発熱が1回目の接種後は7.1%、2回目の接種後は1.2%などとなっています。

血栓との関係

このワクチンをめぐって2021年3月、EU=ヨーロッパ連合の医薬品規制当局などから接種後に血の塊、「血栓」などが確認されたケースが報告され、ドイツやフランスなどヨーロッパ各国で予防的な措置として一時、接種を見合わせるなどの動きが出ました。

2021年4月7日に公表されたEMA=ヨーロッパ医薬品庁の調査結果によりますと、接種後に血栓が起きたケースの多くは接種から2週間以内の60歳未満の女性で報告されているということです。

ワクチンの免疫反応が関係している可能性はあるものの極めてまれなため、新型コロナウイルスに感染するリスクを考えると接種する利益のほうが上回るとしています。

また、イギリスの規制当局は、2021年5月12日までにイギリス国内でこのワクチンを1回接種した人が2390万人、2回接種した人は900万人いてこのうち、血小板の減少を伴う血栓症になったのが309人、そして56人が死亡したと報告しています。

血栓が起きる頻度は接種100万回あたり、12点3回だとしています。

血栓は若い世代の方が頻度が高く、イギリス政府は2021年4月7日、30歳未満に対しては別のワクチンの接種を勧めると発表し、その後、2021年5月7日には予防的な措置として、対象を10歳引き上げて40歳未満には他社のワクチンの接種を勧めると発表しました。

関連記事

◆ワクチン接種義務化とシノバック◆東南アジアのワクチン接種
デルタ株の感染爆発に伴い、ワクチン接種を義務化する国や組織が増加中。 フィリピンのドゥテルテ大統領が『接種を受けるか逮捕か』と発言し人権団体が非難。 効果に疑問のシノバック、シンガポールでは接種数から除外も、依存する国も多数…

管理人のつぶやき

まずは、アストラゼネカの第一回接種が完了して安心しました。
Kさんはとても社交的なので、多くの人と接する機会がい多いので…
 :
一日も早く、自由に海外に往来できる日が来ることを、心より祈っております。
それまでは、ご安全に💚

読んだよのクリックが励みになります!

👇ほかの人のブログをご覧になりたい方はこちら👇

◆日本人のタイ入国は?

◆サンドボックスの落とし穴◆同乗者感染で強制隔離14日間へ
タイではデルタ株が猛威、1日の陽性が9,000人を超え事実上のロックダウン突入。 一方、政府肝いりのサンドボックス実証実験は粛々進行中に思わぬ落とし穴が。 ドバイからの観光客の陽性が確認され、同じフライトの13人が強制隔離施設へ…
◆タイ入国◆強制隔離14日間に逆戻り+医療ビザ一時発行停止
タイでは新型コロナ第三波が到来し、短縮されていた強制隔離期間が14日間に逆戻り。 4月から強制隔離は10日間に、ワクチン接種者は7日間に短縮されていたが、一律14日に。 あわせて、メディカルビザの発行も感染状況が改善されるまで一時発行停止に。
◆タイ入国:隔離検疫ASQホテルリスト◆最高22万B〜最安3万B(14泊)
タイへの入国には、14日間の強制的な隔離検疫が義務化されている。 外国人は、タイ政府が認定したホテルへの滞在が必須。ホテルは病院と提携し、パッケージには、1日三食、無料Wifi、24時間看護が含まれる。

◆タイのワクチン接種に関する記事はこちら

◆タイのワクチン調達計画◆アストラゼネカじゃダメ?
2021年7月27日、在タイ日本国大使館が在留邦人向けワクチン接種に関するセミナーを開催。 セミナーでは、在留邦人向けにアストラゼネカ製ワクチン接種プログラムを後日公開と発表。 前日に発表されていたバムルンラード病院の予約開始は誤りと指摘…
◆アストラゼネカ予約再開◆バムルンラード病院:日本寄贈
日本政府寄贈のアストラゼネカ製ワクチンの接種予約サイトがバムルンラード病院から。 病院の専用サイトからの申し込み後、提供可否のSMSもしくはメールが送信される。 在タイ日本大使館から7月27日14時のセミナーで発表と想定、事前の予約がおすすめ!
◆アストラゼネカ初回接種◆副反応は?重症化・デルタ株に効果?
ASEAN諸国ではシンガポールを除き多くの国で採用のアストラゼネカ社のワクチン。 そもそもデルタ株はなぜ感染力が強いの?効果はあるの?ワクチンは重症化を防げるの? アストラゼネカのワクチン接種後の副反応や血栓との関係も気になる…
◆バムルン病院でモデルナ予約◆2021年11月接種開始予定
バンコクのバムルンラード病院で、7月9日(金)午前9時モデルナ製ワクチンの予約開始。 接種可能時期は2021年11月、値段は1本1,650B、他のワクチン接種者にも対応。 対象は18歳以上、ワクチン未接種者を優先し、シノバック接種済は1回予約可能。
◆タイのワクチン接種◆副反応で死亡補償140万円:忌避率増加中
タイ政府の調査で、副作用や効果を懸念しワクチン接種忌避の割合が増加中。 政府は、ワクチン接種が引き起こす副作用に対する補償内容(死亡、重度、軽度)を公開。 ワクチン接種によって、死亡もしくは重度の障害で40万バーツ(約140万円)の補償金…

◆タイの新型肺炎、コロナウィルス 関連記事

◆在外邦人の帰国ワクチン接種◆7月19日インターネット予約開始
在外邦人向け『一時帰国ワクチン接種』インターネット予約受付が7月19日(金)開始。 対象は、在外邦人で住民票を持たない(転出届を提出済み)、接種時に満12歳以上の方。 在外邦人でも日本に住民票がある者、帰国時に転入届を出した場合は対象外。
◆タイでPCR検査費用◆バンコクで日本語対応3大病院+コロナ治療概算費用
新型コロナの感染が疑われる時には、一刻も早くPCR検査を受けたいですね。 バンコクの三大病院でもPCR検査が可能です。ただし、1日の対応可能数には限りがあり、通常の治療が必要な患者さんを優先しましょう。
◆タイのコロナ:保険補償額確認要◆重症化の医療費が最大で1千万円
海外で新型コロナに感染した場合、海外旅行者保険が適用可能。但し、海外では医療費が高額。タイのサミティベート病院の日本人医師によると重症化してICUなどに長期入院の場合最大で1千万円。一般的保険は200〜300万円程度。あなたの保険は?
◆海外旅行保険◆新型コロナに感染したら保険適用されるのか?
日本国内では、2020年3月6日、新型コロナウィルスのPCR検査は健康保険の適用。また、感染後の治療費に関しては『指定感染症』の為、公費の負担。では、海外旅行中の検査や治療費は海外旅行者保険で適用されるのか?