スポンサーリンク

バンコクでタイ・ビザ(1):リタイアメント・ロングステイ申請まとめ【ビザの種類編】

スポンサーリンク

f:id:lukehide:20180905130504j:plain

最終更新日:2018年9月5日

アーリーリタイアし、

バンコクにロングステイ中の「バンコクで修業中。」です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「バンコクでタイ・ビザ取得」シリーズの気になる記事をチェック!

バンコクでタイ・ビザ申請の3つのポイント

  • 海外移住組のロングステイ・リタイアメント・ビザと呼ばれるのは『ノンイミグラント・タイプ ”O”』ビザの事

  • ノンイミグラント・タイプ “B”/”O”はいずれも3ヶ月シングル、若しくは1年マルチプル

  • 観光目的の中期ツーリスト・ビザ(3ヶ月・6ヶ月)は日本で申請する

ポイントは3つです。

詳細をご覧になりたい方は、以下をご覧ください!

そもそもビザ(VISA)って?

 

f:id:lukehide:20180905130944j:plain

2017年1月、ベトナムのホーチミンに行った時のビザなんだけど、懐かしいなあ。

f:id:lukehide:20180905134915j:plain

 フォーが食べたくなってきたよ(笑)

おいおい、そもそもビザ(VISA)って、なんで必要なんだ?

わからない事が有ったら、WIKI先生に聞いてみよう!

査証又はビザ(VISA)とは、国家が自国民以外に対して、その人物の所持する旅券が有効であり、かつその人物が入国しても差し支えないと示す証書である。

多くの国では入国を保証するものではなく、入国許可(上陸許可)申請に必要な書類の一部となっている。大多数の国が同様の制度を運用しているが、同時に一定の条件内で査証免除が行われている場合が多い。

簡単に言うと、日本国が「『旅人くん』は日本国民ですよ」「『旅人くん』あなたの国に入国しても問題ないですよ」と支援するものなんじゃよ。

その支援するというところが、引っかかるんですけど…

良く読んでごらん、「入国を保証するものではなく」身分を証明するものであって、その国が入国を許可するかどうかの判断基準の一部に該当するもんじゃよ。

ビザ免除国・地域(短期滞在)

 

最近、ビザの免除の国が増えてるって聞いたんだけど。

2014年4月、バリ島に行った時はまだビザ(VISA)が必要だったなあ。なくなってもよさそうな気がするんだけど…

f:id:lukehide:20180905130952j:plain

外務省のホームページを見てみよう。

 2017年7月の時点で,68の国・地域に対してビザ免除措置を実施しています。
これらの諸国・地域人は,商用,会議,観光,親族・知人訪問等を目的とする場合には,入国に際してビザを取得する必要はありません。ただし,日本で報酬を受ける活動に従事する場合,又はそれぞれ国毎に決められた短期滞在の期間を超えて滞在する場合にはビザを取得する必要があります。

インドネシアもビザ免除国に入ってるけど、「インドネシアの在外公館でIC旅券を事前登録した人に限る」って、インドネシアに滞在してる人しかダメなんですね…

そうじゃな、各国免除の条件が異なるから事前に確認する必要があるんじゃ。

 

管理人はなんのビザ(VISA)でバンコクで修業?

管理人は何のビザ(VISA)でバンコクに居るんだい?

ん、今はね、「ノンイミグラントB」 ビザだよ。

f:id:lukehide:20180905135317j:plain

f:id:lukehide:20180905135330j:plain

もう、期限が切れてるじゃん。

そう、これは、「ノンイミグラントB:3ヶ月シングル」(90日間のBビザ)でこれを延長していくんだよ。

f:id:lukehide:20180905135533j:plain

こっちが、「ノンイミグラントB-1年マルチプル」だよ。有効期限が、2018年6月から2019年6月3日になってるだろ。

良くわかんねえよ、ノンイミグラントとかマルチプルとか…

 

タイのビザは大きく分けて3種類

簡単に行ってしまえば、観光、海外転職・海外移住、永住の3つだよ。

  1. ツーリスト・ビザ:観光目的
  2. ノンイミグラント・ビザ(非永住ビザ):海外転職・海外移住
  3. 永住ビザ

 

1. ツーリストビザ:観光目的

タイの場合、観光だと30日間はビザ免除じゃないの?

そうだよ、3ヶ月・6ヶ月の中期観光滞在が目的のビザだよ。

  • シングルエントリー:3ヶ月
  • マルチエントリー:6ヶ月

ビザなので、タイに入国前に取得しておく必要が有る。しかも、現地でノービザ入国から切り替えられないからな、要注意じゃ。

2. ノンイミグラント・ビザ(非永住ビザ):海外転職・海外移住

ここからが、海外移住の本題ですね!

ちょっと、表にしてみたよ!

種類・カテゴリー目的・対象最長期間
ノンイミグラント B業務目的:海外駐在・海外転職・海外就職3ヶ月シングル・エントリー
ノンイミグラント B業務目的:海外駐在・海外転職・海外就職1年マルチプル・エントリー
ノンイミグラント ED教育関連:留学、視察、セミナーへの参加等3ヶ月 or 1年
ノンイミグラント O海外移住:年金受給生活者・タイ人配偶者3ヶ月 or 1年

海外転職組はノンイミグラントのBで、海外移住組はノンイミグラントOと言う事だね。

海外駐在組は「ノンイミグラントB」ですね。

上記以外にもあるので、詳細はタイ王国大阪領事館のホームページを見てもらおう。

 

3. 永住ビザ

 タイ人の配偶者がいる方で、タイ王国に永住する方が対象のビザですね。

それだけじゃないみたいだぞ。日本人が取得できるのは年間100名まで(2018年9月)とか、ワークパーミットを持って3年以上働いたとか、細かい条件があるようじゃ。タイの移民局に相談するのが一番じゃな。

 

ロングステイ・リタイアメント・ノンイミグラントタイプ”O”

タイの50歳以上の人にでるビザ(VISA)は、「ノンイミグラントビザのタイプ”O”」じゃ。「リタイアメントビザ」「ロングステイビザ」「NON-O(1年)」は同じものじゃぞ! 

管理人個人的なまとめ

私は、現在、ノンイミグラントBビザで滞在していますが、近々、ノンイミグラントOビザに切り替える予定です(笑) 役所によって、言う事が違うタイ王国。タイらしいと言えばそうなんですが。色々と調査して、報告したいと思います。

 

【注意】

情報は2018年11月現在です。最新はタイ王国移民局から入手して下さい。

みなさまの参考になればうれしいです。

★参考になりましたら、ポチッと⇒にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ

「海外移住・ロングステイ・ナビ」の気になる記事をチェック!

「バンコクでタイ・ビザ取得」シリーズの気になる記事をチェック!

「目指せ!老後資金1億円!」シリーズの気になる記事をチェック!

★参考になりましたら、ポチッと⇒にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ