タイ総選挙2019年(03):タクシン派政党解党命令!タイ憲法裁判所

スポンサーリンク

スポンサーリンク

3月7日最新:タクシン派政党に解党命令、タイ憲法裁判所


投稿日:2019-02-25

念願のアーリーリタイアを実現し、バンコクにロングステイ中の「バンコクで修業中。」です。

2019年3月24日に決まった投票日に向けて、バンコクの街中でも、日本の様に選挙カーが走り回っています。読んでない方は、先日の記事をご覧ください。

国王の姉のウボンラット女王を首唱に擁立したタクシン派の一発逆転ホームラン!

と思ったら、国王から「しきたりに反する」と反対され、形勢逆転・・・

二転三転している、民主政権奪還、タイの総選挙に、また、動きが・・・

近所で撮影した選挙の看板なんだけど、通りの樹木とか電柱に乱雑に、適当に掲示してました。日本の様に、掲示板などなく好き勝手な場所に・・・ 数の制限とか、ルールとかなさそう(笑)

 

「タイの総選挙2019」気になる記事をチェック!

タイ国家維持党(タイ・ラクサー・チャート党)の解党是非に関する判断発表(3月7日(木)15時頃)

3月6日、在タイ日本国大使館領事部からお知らせがありました!

1. 3月7日(木)13時30分頃から,バンコク都内にある憲法裁判所において,タイ国家維持党の解党是非に関する協議が行われ,15時頃にはその協議結果が示される予定です。
2. 周辺には,政党関係者や警察関係者が多数集まるとの報道がありますので,近寄らないように十分ご注意ください。

3月7日(木)13時30分頃から,バンコク都内にある憲法裁判所(Constitutional Court:チェーンワタナ地区の入国管理局の近く)において,タイ国家維持党(タイ・ラクサー・チャート党)の解党是非に関する協議が行われ,15時頃にはその協議結果が示される予定です。
報道によれば,バンコク都警察は,同党関係者及び支持者が憲法裁判所周辺に約200名程度集まる可能性があるとして,複数の警備部隊を動員して,憲法裁判所周辺の警備を強化するとしています。
状況によっては,不測の事態が発生し,周辺にいる人々が巻き込まれる可能性も否定できません。
つきましては,在留邦人及び旅行者の皆様におかれましては,最新の関連情報の入手に努めるとともに,可能な限り会場周辺には近づかない等,安全確保に十分注意を払って下さい。

バンコクで見かける選挙看板には何が書いてあるのか?

ANNGLEさんが面白い記事を書いてるので、ご覧ください!

バンコクで見かける選挙看板には何が書いてあるのか? - ANNGLE
5年前に発生したクーデター以降、軍事政権が続くタイで3月24日に民政復帰に向けた総選挙が行われます。前回の選挙から約7年ぶりとなる今回の総選挙は、選挙後も軍が影響力を維持するか民主的な政治を取り戻せるのかが焦点となるため…

タクシン派政党の解党危機!!!

ロイター:タイ王女擁立のタクシン派政党、選管が憲法裁に解党請求へ

タイ選挙管理委員会は、憲法裁判所に対し、タクシン元首相派のタイ国家維持党の解党を請求する方針だ。

タクシン派、厳しい戦い=王女擁立で解党危機-タイ総選挙まで1カ月

2014年5月のクーデター後から続く軍事政権と対立するタクシン元首相派は、王女を首相候補に擁立しようとした傘下の政党が解党の危機に直面。大勝を続けてきた01年以降の総選挙から一転し、厳しい選挙戦を強いられている。

 

しかし、王女を首相候補に擁立するかね!

結婚して王室は離れてるけどね。

 

そこが、タイらしいんじゃないか?
でも、相変わらず、タクシン派、やりたい放題だな!
 
しかも、今度は、やりすぎたから「政党を解党」するって(笑)
王室の人間が、首相に慣れないって法律は無いからなあ…
 

ウボンラット女王とは?

ウボンラッタナラーチャカンヤーシリワッタナーパンナワディーทูลกระหม่อมหญิงอุบลรัตนราชกัญญา สิริวัฒนาพรรณวดี, 旧名、ウボンラッタナラーチャカンヤー1951年4月5日 – )はタイ王国君主ラーマ9世(プーミポン・アドゥンラヤデート)とシリキット王妃の長女[1]。外国人と結婚したため、王族籍は消滅したが[1]、離婚したため、王族籍は戻っていないものの王族的な扱いを受けている。

留学先のアメリカで、アメリカ人と結婚して王室からは離れてるみたいだけどねえ・・・

 

へー、優秀なんだね。

マサチューセッツ工科大学(MIT)で博士号か!

 

1998年に離婚して帰国してたんだな。

でも、王室には戻れないんだね。

タイのウボンラット王女、党首相候補に 恋チュン話題

タイのウボンラット王女、党首相候補に 恋チュン話題:朝日新聞デジタル
 タイのタクシン元首相派の政党の一つ、タイ国家維持党は8日、3月24日の総選挙に向けた党の首相候補として、故プミポン前国王の長女でワチラロンコン現国王の姉のウボンラット王女(67)を届け出た。王室関係…

いいね、タイ!

日本の姉貴が、『タイで「恋チュン」が大人気なんだって?』と言ってたけど、これか?

タクシン・チナワットとは?

タクシン・チナワットタイ語ทักษิณ ชินวัตร, 発音: [tʰáksǐn tɕʰinnawát] (Speaker Icon.svg聞く)英語Thaksin Shinawatra1949年7月26日 – )は、タイ王国華裔客家人、タイ王国出身の実業家政治家拓殖大学客員教授。イングランドプレミアリーグマンチェスター・シティFC元会長である。本名:丘 達新首相(第31代)、下院議員を務めた。元警察官僚である。タイ北部のチエンマイの出身、華僑系のチナワット家の出である。第36代首相のインラック・シナワトラは妹。

おれ、タイの政治には興味なかったけど、マンチェスター・シティを買収した時は、ぶったまげたよ!タイには、スゲエ金持ちが居るんだなって!

当時は、マンチェスター・ユナイテッドの陰に隠れた、地元の人気チームだったからな。今じゃ、オイル資本で世界一リッチなサッカー・クラブだけどね。

 
タクシン派は、農民や貧困層への政策が受けて、北部や農民層の絶大な支持を受け取るんじゃよ。だから、今でも海外に亡命しているタクシンの影響力が強いんじゃ。
軍政権の前の第36代の首相も、妹のインラック・シナワトラなんじゃよ。
 

残り、一か月、まだまだ予断を許さないわね!!!


総選挙の前日と当日は酒類の販売が禁止になるので、旅行者の方はご注意あれ!

参考になったら⇒にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ

タイ総選挙2019・休日禁酒日・旧正月(春節)・大気汚染情報:

過去の在タイ日本国大使館領事部報告:

バンコクナビ:おすすめ記事はこちらをチェック!

「海外移住・ロングステイ・ナビ」の気になる記事をチェック!

タイ・バンコクでロングステイ関連記事はこちらをチェック!

参考になったら⇒にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ

 

★お知らせ★ブログの更新をメールで受け取れます!

584人の購読者に加わりましょう

ついでに読みたい!
バンコクでロングステイ
スポンサーリンク
★この記事が気に入ったらお友達にも教えてあげよう★
バンコクで修業中。