◆タイのロングステイビザ 新基準10年更新?(05)リタイアバンコク◆

この記事は 約7 分で読めます。

最終更新日:2019-04-08

念願のアーリーリタイアを実現し、バンコクにロングステイ中の「バンコクで修業中。」です。

スポンサーリンク

ロングステイ・リタイアメント・ノンイミグラントタイプ”O”

タイの50歳以上の人にでるビザ(VISA)は、「ノンイミグラントビザのタイプ”O”」じゃ。「リタイアメントビザ」「ロングステイビザ」「NON-O(1年)」は同じものじゃぞ!

スポンサーリンク

リタイアメントビザ 新基準10年

管理人、し、し、知ってるか???

リタイアメントビザが10年になるってよおー!!!

管理人

聞いた聞いた、でも、だれも本当のことを知らないんだよ。

なんでも、2017年8月から効力を発揮するような発表らしいんだけど。 でも、2018年9月現在で、誰に聞いても、そんなビザ取ったって人には会った事ないって…

ここは、ガネーシャ先生、お願いします♪

スポンサーリンク

リタイアメントビザ新基準の3つのポイント

  1. 2016年11月の閣議で10年有効のロングステイビザ発行を承認
  2. 10年間は、5年間有効のビザ+5年間の延長の合計
  3. 300万バーツ以上の銀行預金
スポンサーリンク

タイ王国領事館よりの発表

領事館からの発表を見てみよう!

On 22 November 2016, the Cabinet of Thailand approved new scheme which allows nationals from 14 countries to stay in Thailand for the maximum period of 10 years. In order to enjoy this new scheme, the applicants must apply for Non-Immigrant Visa “O-X” (Long Stay) or so called Non-O-X Visa at the Royal Thai Embassy/Royal Thai Consulate-General (when applying outside Thailand) or the Immigration Bureau (when applying in Thailand).

The purpose of this type of visa is to promote long stay for foreign traveler to Thailand. Nationals from 14 countries with the age of 50 years old or over can apply for a multiple-entry Non-O-X visa and stay in the Kingdom for the maximum period of 10 years
(5 years according to visa validity plus an extension for another 5 years). The visa fee is 10,000 Baht (or local currency equivalent if applying outside Thailand).

In accordance with the Notification of the Ministry of Interior Re: Authorization for Certain Groups of Aliens to Enter the Kingdom on an exceptional case on Long-Stay Purpose in accordance with the Cabinet Resolution, dated 22 November B.E. 2559 (2016) (effective from 11 August 2017), foreigners with the following qualifications and supporting documents may apply for a multiple-entry Non-O-X visa:

結局、『タイあるある』?

いつもの「仏作って、魂入れない」パターンか?

管理人

概要だけ見ると良い感じだけどな・・・

スポンサーリンク

A. 概要

  • 2016年11月22日の閣議で、特定の14か国の国民に対し有効期間を最長10年とする事を承認
  • 通称「Non-O-X」Non-Immigrant Visa “O-X” (Long Stay) を「国外ではタイ大使館、在外タイ領事館」にて、「タイ国内では移民局」で申請
  • 10年の内訳は、5年間有効のビザ+5年間の延長
  • 申請費用は、10,000バーツ、若しくは相当の外貨
  • 2017年8月11日より、「以下の詳細」を満たす申請者に・・・
スポンサーリンク

B. 条件

  1.  年齢は50歳以上
  2. 対象は、以下の国のパスポート保持者:
    (1) Japan (2) Australia (3) Denmark (4) Finland (5) France (6) Germany (7) Italy (8) Netherlands (9) Norway (10) Sweden (11) Switzerland (12) United Kingdom (13) Canada (14) United States of America
  3. タイの銀行に300万バーツの預金を保持:詳細は「領事館発表」参照
  4. 申請者は、ハンセン病、結核、象皮病、麻薬中毒、第三ステージの梅毒でない
  5. 健康保険に加入している事
スポンサーリンク

C. 申請書類

  1. 6ヶ月以上期限のあるパスポート
  2. 6か月以内に撮影した4cm x6cmの3枚の写真
  3. One(1) Biography :意味不明なるも経歴と言う事か?
  4. ファイナンシャルステイタス:詳細は確認の事
  5. 無犯罪証明
  6. 健康証明書:上記病気に羅漢していない証明
  7. 健康保険の証明書
  8. ビザ申請費用:10,000バーツ(相当の外貨)
スポンサーリンク

D. プロセス

  1. 「国外ではタイ大使館、在外タイ領事館」にて、「タイ国内では移民局」で申請
  2. 申請は、役所にて審査される
  3. 審査を通過すると、有効期限5年のビザが発行される
  4. ビザホルダーは、タイ入国時に移民局から5年以下のビザ有効期限に基づいた滞在を許可される
スポンサーリンク

報道各社の報道を見てみよう!

2016年11月23日:newsclip

www.newsclip.be

いずれにしても、領事館の発表以外の情報は無いなあ・・・

これは、いつもの「タイあるある」じゃが、突然有効になる事も有るんじゃ。要チェックやー!!!

スポンサーリンク

管理人個人のまとめ(2018年9月現在)

一通り、読み込んでみましたが、どうなんだろうと思いました。2018年9月現在、不法滞在者に対する取り締まりが厳しくなっている昨今、この取り組みが進むとは容易に信じがたいのが現状です。当面は、これまで通り、NON-O(1年)の延長、延長が適用されると思います。

 

【注意】

情報は2019年03月現在です。最新はタイ王国移民局から入手して下さい。

スポンサーリンク

2019年ロングステイビザ取得に健康医療保険加入必須(09)タイでビザ

ロングステイビザ取得に健康医療保険加入必須(09)タイリタイアビザ条件変更!
最終更新日:2019-01-04 アーリーリタイアし、 バンコクにロングステイ中の「バンコクで修業中。」です。 この記事の3つのポイント(まとめ) リタイアメント/ロングス...

みなさまの参考になればうれしいです。

スポンサーリンク

「海外移住・ロングステイ・ナビ」の気になる記事をチェック!

スポンサーリンク

管理人のおすすめはこちら!

海外移住・ロングステイを目指すあなたはこちら!

海外で暮らしたい
「海外で暮らしたい」の記事一覧です。

アーリーリタイアめざし老後資金を貯めたいあなたはこちら!

老後資金
「老後資金」の記事一覧です。

海外旅行を楽しみたい人はこちら!

海外旅行したい
「海外旅行したい」の記事一覧です。

タイ・バンコクを楽しみたい方はこちら!

バンコクで暮らしたい
「バンコクで暮らしたい」の記事一覧です。

キャリアをかえて人生を好転させたい人はこちら!

キャリアアップしたい
「キャリアアップしたい」の記事一覧です。

★管理人おすすめ最新記事はこちら★


参考になったら応援お願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で