◆タイで炎上中◆団地内で子供を跳ね飛ばし、1800円渡して立ち去る◆

この記事は 約3 分で読めます。

2020年の新年早々、タイであるビデオが炎上。
なんと、団地内の路上で子供を跳ね飛ばしておきながら、1800円だけ手渡して、そのまま立ち去った女性ドライバーが… 逮捕後、今度は親の管理が悪いとネットが言い出した…
タイでは、今年も年末年始に『危険な7日間』で多くの交通事故が発生しました。タイ政府も運転者への締め付けを強化すべく、運転免許証のポイント制度を導入し取締り強化に躍起です。
 :
しかし、今度は、ひき逃げより立ちが悪い?
車で子供を跳ね飛ばしておきながら、金額を判断できない子供に、500バーツだけ渡して…

◆タイの年末年始2020:交通事故死317名◆飲酒運転が一番の原因◆

◆タイの年末年始2020◆交通事故死317名:飲酒運転が一番の原因
タイでは年間2回の『危険な7日間』が繰り返されています。 それは『カレンダーの年末年始』と『タイのお正月ソンクラン』の2回です。 タイ警察もこの時期は交通事故削減に躍起ですが…

交通事故を減らせ!タイで運転免許ポイントシステム導入!2019年12月予定!

◆タイで運転免許ポイント制度導入◆2020年ソンクラン前までに◆
交通事故を減らせ! ついに、タイに免許の点数制が導入! これまで、導入が噂されていた運転免許ポイントシステムを2020年4月開始!

◆団地内で子供を跳ね飛ばして、500バーツ渡して立ち去る◆

記事引用先:ThaiVisa

ちょっとインパクト強めです。
心してご覧ください…
27秒〜48秒の映像です。

Video: Boy knocked down by car in housing estate – driver hands over 500 baht and leaves

The car was being driven by a woman with a woman passenger. After the boy was knocked down they got out and the boy was given 500 baht. 
They then drove off. 

その車は女性と女性同乗者によって運転されていました。 少年を跳ね飛ばした後、車から出てきて、少年に500バーツを与えました。
そして、そのまま、走り去りました。

管理人のつぶやき

タイでは、軽い事故なら警察や保険会社を呼ぶのは面倒なので、容易に示談します。
 :
実は、管理人も示談を受けたことがあります。
狭い路上で、バイクで停車中に前の車が突然バックしてきて、フェンダーの前方が割れたことがありました。その時、降りてきた女性ドライバーは即座に金額を提示してきました…
 :
これが、タイの路上で起きている現実ですが、500バーツ(1800円)はないでしょう(笑笑)

読んだよのクリックが励みになります!

1日1回応援お願いします▶︎ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

『バンコクタイムズ』おすすめ記事!

◆タイの格差社会が続く3つの理由◆贈与税と相続税と固定資産税!
タイは格差社会、上位1%の富裕層が持つ富が全体の約67%を占め、更に広がる傾向… 貧富の差はタイの政治対立を引き起こし、罪を犯した富裕層が罰を免れることも珍しくない。 格差を広げる理由は3つ、贈与税、相続税、そして日本で言う固定資産税が…
◆タイ王室は世界一裕福:保有資産4.6兆円は英国王室の80倍
話題の日本の皇室財産は国に帰属し、皇室費用は毎年予算計上し国会承認が必要。 一方、世界には裕福な王室も多く世界一のお金持ちはタイ王室で資産は約4.6兆円。 有名なイギリスのエリザエス女王でさえ約550億円で、タイ王室はその80倍以上…
◆タイリピーター要確認◆ノービザ入国制限:陸路(2回)・空路(6回)
◆タイリピーター要確認◆ノービザ入国制限:陸路(2回)・空路(6回) タイ大好き、タイリピーターの皆さんが気になるのがノービザ入国の制限ですよね。 近年の不法滞在者への取り締まりの強化を受け、ノービザ入国や『ビザラン』への規制が強化されています。
◆タイのエイズ孤児院に全てを捧げた日本人◆名取美和@バーンロムサイ
タイには約45万人のHIV感染者(=エイズではない)がいると推定される。 NHKが放送した『タイのエイズ孤児院に全てを捧げる日本人女性』が忘れられない。 チェンマイのバーンロムサイ(HIVに母子感染した孤児たちの生活施設)にその人が…
◆日本の10倍は事故死するのにタイには『あおり運転』と言う言葉は無い!実はもっとヤバイ!by 高田胤臣
日本では『あおり運転の厳罰化』で免許取消が可能となったと盛んに報道されている。 しかし、日本の10倍以上交通事故死があるタイには『あおり運転』という言葉がないと…