◆タイ政府◆バンコク含むレッドゾーン(高度管理地域)で規制強化

この記事は 約4 分で読めます。

日本では緊急事態宣言の再発出が炎上する最中、タイではより厳しい規制強化が発令。
タイ政府は、レッドゾーン(高度管理地域)の28県に、店内飲食禁止、県間移動制限など。
タイ国内では、感染が発生した場所や感染者の行動を公開して警戒呼びかけ。

首相、1都3県で「緊急事態の検討に入る」と表明

記事引用先:日経新聞
菅義偉首相は4日午前11時から首相官邸で年頭記者会見を開いた。新型コロナウイルスの感染対策として「緊急事態宣言の検討に入る」と表明した。東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県を想定する。「飲食の感染リスクの軽減を実効的なものにするために内容を早急に詰める」と話した。
緊急事態宣言を受けた措置は昨年4月の発令時と比較して限定的なものにする考えだ。「約1年のなかで学んできた。どこが問題かは明確になっている。諮問委員会にはかったうえで(内容を)決定したい」と語った。感染リスクの高い飲食店を中心に「やはり限定的に行うことが効果的だ」と述べた。
緊急事態宣言の検討にいたった理由は「1都3県の感染者数が極めて高い水準だ。より強いメッセージが必要と考えた」と説明した。感染拡大要因を巡り「経路不明の感染原因の多くは飲食によるものだ。飲食による感染リスクを減らすことが重要だ」と訴えた。
 
タイ政府の規制強化の内容は、バンコク都の発令した規制内容とほぼ同等の模様。
 :
ただし、状況によってはさらに強化(県間移動禁止、飲食店営業停止)などが見込まれる模様。

関連記事:◆バンコク封鎖強化◆1月2日娯楽・運動・学校施設、酒類は購入可能

◆バンコク封鎖強化◆1月2日娯楽・運動・学校施設、酒類は購入可能
バンコク都は、バーやパブなどの娯楽施設、マッサージパーラーなどの営業停止を決定。 タイ全土での第二波による感染拡大抑制のため、1月2日から15日までの規制強化実施。 アルコール販売は禁止されていないが、レストランはテイクアウトを推奨。

新型コロナウイルスに関するお知らせ(「非常事態令第9条に基づく決定事項(第16号)」及び「CCSA指令(1/2564)」の発表)

在タイ日本国大使館:2021年1月4日

【ポイント】
・1月3日、タイ政府は、高度管理地域(いわゆるレッドゾーン)における措置の基本方針として「非常事態令第9条に基づく決定事項(第16号)」を発表し、現時点での適用地域として「CCSA指令(1/2564)」にてバンコク都を含む28都県を高度管理地域に指定しました。
・本措置の適用は、1月4日午前6時開始となっております。
・当館において作成した、主要部分の日本語仮訳は以下のとおりです。
・今後、更なる詳細につき各都県より発表される可能性があります。また、今後の発表等により変更の可能性もありますので、最新の情報収集に努めて下さい。

【本文】
○非常事態令第9条に基づく決定事項(第16号)
・日本語仮訳
https://www.th.emb-japan.go.jp/files/100132405.pdf
・原文(タイ語)
http://www.ratchakitcha.soc.go.th/DATA/PDF/2564/E/001/T_0001.PDF
○CCSA指令(1/2564)
・日本語仮訳
https://www.th.emb-japan.go.jp/files/100132404.pdf
・原文(タイ語)
http://www.ratchakitcha.soc.go.th/DATA/PDF/2564/E/001/T_0004.PDF

在留邦人及び滞在者の皆様におかれては、引き続きマスク着用・手洗い・うがい等の励行に努め、感染予防に努めてください。
なお、邦人の感染情報がありましたら、お手数ですが当館に御一報ください。

優等生タイが再び苦境に…コロナ再拡大で正念場

記事引用先:FNNプライムオンライン

タイ政府は新年早々、新型コロナウイルス感染抑制のため活動制限を再強化する方針を決めた。
これまで国内感染を比較的抑え込んできたタイだが、2020年12月以降に感染再拡大が始まり感染者数が急増しているためだ。厳しい活動規制で再び感染拡大を抑制できるのか。タイは新年早々、正念場を迎えている。

お願い:ランキングでの応援!

◆日本人のタイ入国は?

◆在東京タイ王国大使館◆観光目的入国可能+ビザ免除滞在45日間へ
在東京タイ王国大使館『観光目的の入国可能』『ビザ免除滞在45日間』正式発表。 入国許可証(COE)の取得と14日間の強制隔離を除けば、コロナ前と同じに。 但し、日本の第三波、タイの大規模クラスター発生で、ますますタイが遠ざかる…
◆タイ入国:定期便再開◆2021年1月〜ANA/JAL/タイ航空
待ちに待った、バンコク線の定期便が2021年1月から再開。 ANA・JAL・タイ航空が定期便のスケジュールを公開(特別便は廃止)。 タイ入国に際しての入国許可証取得、14日間の強制隔離などの条件は変更なし。
◆タイ入国:隔離検疫ASQホテルリスト◆最高22万B〜最安3万B(14泊)
タイへの入国には、14日間の強制的な隔離検疫が義務化されている。 外国人は、タイ政府が認定したホテルへの滞在が必須。ホテルは病院と提携し、パッケージには、1日三食、無料Wifi、24時間看護が含まれる。

タイの新型肺炎、コロナウィルス 関連記事

◆タイでPCR検査◆バンコクで日本語対応3大病院+コロナ治療概算費用
新型コロナの感染が疑われる時には、一刻も早くPCR検査を受けたいですね。 バンコクの三大病院でもPCR検査が可能です。ただし、1日の対応可能数には限りがあり、通常の治療が必要な患者さんを優先しましょう。
◆タイのコロナ:保険確認要◆重症化の医療費が最大で1千万円
海外で新型コロナに感染した場合、海外旅行者保険が適用可能。但し、海外では医療費が高額。タイのサミティベート病院の日本人医師によると重症化してICUなどに長期入院の場合最大で1千万円。一般的保険は200〜300万円程度。あなたの保険は?
◆新型コロナ◆海外旅行期間中に感染したら保険適用されるのか?
日本国内では、2020年3月6日、新型コロナウィルスのPCR検査は健康保険の適用。また、感染後の治療費に関しては『指定感染症』の為、公費の負担。では、海外旅行中の検査や治療費は海外旅行者保険で適用されるのか?
★お願い:参考になったら、クリック!タイ情報ランキングの応援おねがいします!


★ブログの更新をメールで受け取れます!

5,917人の購読者に加わりましょう

バンコクタイムズ
◆シェアして、友達にもおしえてあげよう◆
バンコクで修業中。