◆タイのコロナ:北海道◆帰国タイ人夫婦発症⇒タイ政府が渡航自粛強調

この記事は 約2 分で読めます。

タイの保健省は、2月26日、北海道旅行から帰国したタイ人夫婦がコロナウィルスに感染したと発表。タイで確認された感染者は40名。
タイ政府は、日本への渡航延期を国民に強く要請。

日経新聞提供:新型肺炎 感染MAP

北海道から帰国のタイ人夫婦感染 渡航延期強く要請―新型肺炎

記事引用先:時事通信

タイ保健省は26日、北海道旅行から帰国したタイ人夫婦および同居している孫の男児が新型コロナウイルス検査で陽性と確認されたと発表した。タイで確認された新型肺炎の感染者は40人になった。
アヌティン保健相は記者会見で「現状を正しく判断してほしい」と述べ、国民に日本への渡航延期を強く要請。「タイで感染が拡大するのを容認しない」と強調した。

北海道旅行から帰国 タイ人夫婦の感染確認

記事引用先:TBS NEWS

北海道旅行から帰国したタイ人の新型コロナウイルスへの感染が確認されました。
 タイの保健省によりますと、感染が確認されたのは60代の夫婦で、夫婦は2月20日まで北海道を旅行していましたが、帰国後に発熱などの症状が出たため診察を受け、感染が分かりました。
 当初、夫婦は北海道を旅行した事実を申告していなかったということです。夫婦の近くに住む親戚の8歳の少年も感染が確認されました。
 タイ政府は既に、日本など感染が拡大している国や地域への旅行の延期を呼びかけていますが、今後は“日本などから帰国したすべての人に例外なく14日間の自宅待機を命じる”ことを検討しています。

◆海外在住者に楽天モバイル◆利用がなければ毎月無料(1Gまで0円)

お願い:ランキングでの応援!

◆日本人のタイ入国は?

◆在東京タイ王国大使館◆観光目的入国可能+ビザ免除滞在45日間へ
在東京タイ王国大使館『観光目的の入国可能』『ビザ免除滞在45日間』正式発表。 入国許可証(COE)の取得と14日間の強制隔離を除けば、コロナ前と同じに。 但し、日本の第三波、タイの大規模クラスター発生で、ますますタイが遠ざかる…
◆タイ入国:定期便再開◆2021年1月〜ANA/JAL/タイ航空
待ちに待った、バンコク線の定期便が2021年1月から再開。 ANA・JAL・タイ航空が定期便のスケジュールを公開(特別便は廃止)。 タイ入国に際しての入国許可証取得、14日間の強制隔離などの条件は変更なし。
◆タイ入国:隔離検疫ASQホテルリスト◆最高22万B〜最安3万B(14泊)
タイへの入国には、14日間の強制的な隔離検疫が義務化されている。 外国人は、タイ政府が認定したホテルへの滞在が必須。ホテルは病院と提携し、パッケージには、1日三食、無料Wifi、24時間看護が含まれる。

タイの新型肺炎、コロナウィルス 関連記事

◆タイでPCR検査費用◆バンコクで日本語対応3大病院+コロナ治療概算費用
新型コロナの感染が疑われる時には、一刻も早くPCR検査を受けたいですね。 バンコクの三大病院でもPCR検査が可能です。ただし、1日の対応可能数には限りがあり、通常の治療が必要な患者さんを優先しましょう。
◆タイのコロナ:保険確認要◆重症化の医療費が最大で1千万円
海外で新型コロナに感染した場合、海外旅行者保険が適用可能。但し、海外では医療費が高額。タイのサミティベート病院の日本人医師によると重症化してICUなどに長期入院の場合最大で1千万円。一般的保険は200〜300万円程度。あなたの保険は?
◆海外旅行保険◆新型コロナに感染したら保険適用されるのか?
日本国内では、2020年3月6日、新型コロナウィルスのPCR検査は健康保険の適用。また、感染後の治療費に関しては『指定感染症』の為、公費の負担。では、海外旅行中の検査や治療費は海外旅行者保険で適用されるのか?