◆タイのコロナ:愛はタイを救う◆路上で食糧など無料配布+物々交換所

この記事は 約6 分で読めます。

やっぱり、タイは暖かい!
新型コロナの影響で苦境に立たされる人々を助ける、コミュニティーパントリー!
 :
必要なものは何でも自由にお取りください。共有できるものがあれば、なんでも良いです。
 :
路上に食糧や生活必需品を無償提供、物々交換する食器棚が、続々と設置される。
これもタンブンと退職金を注ぎ込むお母さん、素敵すぎる!
困った人を食い物にする『C国人』の卑劣な行動を目の当たりにした後に、タイの人々の優しさに触れると、涙が出ます。
 :
はやく、バンコクに戻りたい…
一時帰国して、日本のワイドショーに飽き飽きしている管理人でした…

◆タイのコロナ◆中国人経営の闇金融を摘発!最大で年率600%!

◆タイのコロナ◆中国人経営の闇金融を摘発!最大で年率600%!
タイで新型コロナで困窮する庶民に暴利で金を貸す中国人経営悪徳闇金融が摘発。 バンコクのコールセンターに73人の従業員を雇い、顧客は2万人に達した。 金利は最大で年率600%の暴利で、返せないと家に借金取りが送られた…

◆タイのコロナ◆感染抑制成功も格差社会の弱者、貧困層の自殺が急増中

◆タイのコロナ◆感染抑制成功も格差社会の弱者、貧困層の自殺が急増中
タイの自殺率は世界で32位、ASEANでは最悪だ。 タイのコロナの新規感染者数は、4月27日、一桁台に転じたが、緊急事態宣言は5月末まで延長され厳しい経済制限は続く。 著しい格差社会の弱者、貧困層の自殺が連日報じられている。

Community pantries help virus-hit needy

記事引用先:Bangkok Post

A man selects items from a community pantry on Sukhumvit 71 Road in Bangkok on Saturday. (Photo by Wichan Charoenkiatpakul)

“Please feel free to take anything you need, and leave anything you can share.”

必要なものは何でも自由にお取りください。共有できるものがあれば、なんでも良いです。
A sign like the one posted above a shelf unit outside a Toyota Sure showroom on Mittraphap Highway in Muang district of Khon Kaen can now be seen in several locations in the country, as people help one another make ends meet after the coronavirus has crippled the economy.
In the community pantry in Khon Kaen are essential items like instant noodles, bottled water, eggs, canned fish and basic medicines.
コンケンのムアン地区にあるトヨタのショールームの外の食器棚の上に掲示されているような標識は、コロナウイルスが経済を崩壊させた後、人々が互いに助け合うため、国内のいくつかの場所で見ることができるようになりました。コンケンのコミュニティパントリーには、インスタントラーメン、ボトル入り飲料水、卵、缶詰の魚、基本的な医薬品などの必須アイテムがあります

A family adds items to a community pantry in Muang district of Khon Kaen on Sunday. (Photo by Chakkrapan Natanri)

The roadside cupboard in Khon Kean was set up on Saturday by Kulwadee Theswong, who also bought items to fill it up. Ms Kulwadee said she bought it from a furniture shop in the municipality and the owner gave her a discount of 400 baht from the price tag of 2,200 baht when she told him what it was for.
“I saw community pantries in other provinces and wanted to have one here in Khon Kaen,” she said.

コンケーンの道端の食器棚は、土曜日にクルワディーさんによって設置されました。彼女は、自治体の家具店からそれを買った。そのとき、彼女がそれが何であるかを伝えると、家具屋さんは2,200バーツの値札から400バーツの割引してくれました。
「私は他の州でコミュニティパントリーを見た、そしてここコンケンにも設置したかった」と彼女は言った。

A community pantry serves the needy in the Mittapharp community in Muang district of Nakhon Ratchasima. (Photo by Prasit Tangprasert)

“It really helps me and my family get something to eat during this difficult time,” Chet Sipromma, 65, an unemployed turner said as he was taking some items from the pantry in Khon Kaen. “I wish all donors prosperity and happiness,” he added.
Wiwet Chuchorhor, 64, spent some of her retirement funds on instant noodles, bags of rice, milk and water for the pantry in Nakhon Ratchasima on Sunday. “Sharing with those suffering is a way to make merit,” she said.

「私と私の家族がこの困難な時期に何かを食べるのを本当に助けてくれます」とコンケーンのパントリーからいくつかのアイテムを取っている失業者のChet Sipromma(65)は言った。「私はすべてのドナーの繁栄と幸福を願っています」と彼は付け加えた。
Wiwet Chuchorhorさん(64歳)は、日曜のナコンラチャシマのパン屋のインスタントヌードル、米の袋、牛乳、水に退職金の一部を費やしました。「苦しんでいる人々と共有することは、『タンブン』の1つです」と彼女は言った。

『タンブン』とは?

◆あなたもタイの『タンブン』で徳を積んで極楽へ◆洞窟サッカー少年も出家◆
タイは、敬虔な仏教徒の国というのは世界的にも有名です。 タイの仏教徒は人口の94%を占め、普段の生活の中にも深く浸透している。 特に、明るい来世のために徳を積む『タンブン』が重要です。

◆海外在住者に楽天モバイル◆利用がなければ毎月無料(1Gまで0円)

応援お願いします!更新の励みになります!

◆日本人のタイ入国は?

◆サンドボックスの落とし穴◆同乗者感染で強制隔離14日間へ
タイではデルタ株が猛威、1日の陽性が9,000人を超え事実上のロックダウン突入。 一方、政府肝いりのサンドボックス実証実験は粛々進行中に思わぬ落とし穴が。 ドバイからの観光客の陽性が確認され、同じフライトの13人が強制隔離施設へ…
◆タイ入国◆強制隔離14日間に逆戻り+医療ビザ一時発行停止
タイでは新型コロナ第三波が到来し、短縮されていた強制隔離期間が14日間に逆戻り。 4月から強制隔離は10日間に、ワクチン接種者は7日間に短縮されていたが、一律14日に。 あわせて、メディカルビザの発行も感染状況が改善されるまで一時発行停止に。
◆タイ入国:隔離検疫ASQホテルリスト◆最高22万B〜最安3万B(14泊)
タイへの入国には、14日間の強制的な隔離検疫が義務化されている。 外国人は、タイ政府が認定したホテルへの滞在が必須。ホテルは病院と提携し、パッケージには、1日三食、無料Wifi、24時間看護が含まれる。

◆タイのワクチン接種に関する記事はこちら

◆タイのワクチン調達計画◆アストラゼネカじゃダメ?
2021年7月27日、在タイ日本国大使館が在留邦人向けワクチン接種に関するセミナーを開催。 セミナーでは、在留邦人向けにアストラゼネカ製ワクチン接種プログラムを後日公開と発表。 前日に発表されていたバムルンラード病院の予約開始は誤りと指摘…
◆アストラゼネカ予約再開◆バムルンラード病院:日本寄贈
日本政府寄贈のアストラゼネカ製ワクチンの接種予約サイトがバムルンラード病院から。 病院の専用サイトからの申し込み後、提供可否のSMSもしくはメールが送信される。 在タイ日本大使館から7月27日14時のセミナーで発表と想定、事前の予約がおすすめ!
◆アストラゼネカ初回接種◆副反応は?重症化・デルタ株に効果?
ASEAN諸国ではシンガポールを除き多くの国で採用のアストラゼネカ社のワクチン。 そもそもデルタ株はなぜ感染力が強いの?効果はあるの?ワクチンは重症化を防げるの? アストラゼネカのワクチン接種後の副反応や血栓との関係も気になる…
◆バムルン病院でモデルナ予約◆2021年11月接種開始予定
バンコクのバムルンラード病院で、7月9日(金)午前9時モデルナ製ワクチンの予約開始。 接種可能時期は2021年11月、値段は1本1,650B、他のワクチン接種者にも対応。 対象は18歳以上、ワクチン未接種者を優先し、シノバック接種済は1回予約可能。
◆タイのワクチン接種◆副反応で死亡補償140万円:忌避率増加中
タイ政府の調査で、副作用や効果を懸念しワクチン接種忌避の割合が増加中。 政府は、ワクチン接種が引き起こす副作用に対する補償内容(死亡、重度、軽度)を公開。 ワクチン接種によって、死亡もしくは重度の障害で40万バーツ(約140万円)の補償金…

◆タイの新型肺炎、コロナウィルス 関連記事

◆在外邦人の帰国ワクチン接種◆7月19日インターネット予約開始
在外邦人向け『一時帰国ワクチン接種』インターネット予約受付が7月19日(金)開始。 対象は、在外邦人で住民票を持たない(転出届を提出済み)、接種時に満12歳以上の方。 在外邦人でも日本に住民票がある者、帰国時に転入届を出した場合は対象外。
◆タイでPCR検査費用◆バンコクで日本語対応3大病院+コロナ治療概算費用
新型コロナの感染が疑われる時には、一刻も早くPCR検査を受けたいですね。 バンコクの三大病院でもPCR検査が可能です。ただし、1日の対応可能数には限りがあり、通常の治療が必要な患者さんを優先しましょう。
◆タイのコロナ:保険補償額確認要◆重症化の医療費が最大で1千万円
海外で新型コロナに感染した場合、海外旅行者保険が適用可能。但し、海外では医療費が高額。タイのサミティベート病院の日本人医師によると重症化してICUなどに長期入院の場合最大で1千万円。一般的保険は200〜300万円程度。あなたの保険は?
◆海外旅行保険◆新型コロナに感染したら保険適用されるのか?
日本国内では、2020年3月6日、新型コロナウィルスのPCR検査は健康保険の適用。また、感染後の治療費に関しては『指定感染症』の為、公費の負担。では、海外旅行中の検査や治療費は海外旅行者保険で適用されるのか?