※当サイトには広告を含む記事があります。

◆タイのコロナ◆5月3日アルコール販売解禁!飲食店では提供不可!

PVアクセスランキング にほんブログ村

この記事は 約6 分で読めます。

タイで販売が禁止されていたアルコールの販売が解禁。
4月30日に緊急事態宣言の延長に伴い、同様に延長と発表されたが、一転して解禁に。
但し、レストランでの提供は依然として禁止。パブなどは閉鎖が続く。

◆タイのコロナ◆アルコール販売禁止延長+屋外スポーツなど一部解禁

◆タイのコロナ◆アルコール販売禁止延長+屋外スポーツなど一部解禁
4月30日、タイ政府はアルコール販売禁止の延長を発表。 期限は明確にせず、噂されていた5月1日、2日のアルコール販売は否定。 一方、5月3日から一部の経済制限を解禁。 市場やレストラン、屋外スポーツ(ゴルフ、テニス)などを許可。

◆タイのコロナ◆政府は緊急事態宣言を1ヶ月延長+深夜外出禁止継続

◆タイのコロナ◆政府は緊急事態宣言を1ヶ月延長+深夜外出禁止継続
タイ政府は緊急事態宣言の1ヶ月延長を決定。 3月26日の宣言以降、都市封鎖、夜間外出禁止などの厳しい制限により感染者の新規発生は横ばいから減少へ。但し、政府は『公衆衛生主導の経済』を選択。深夜外出禁止も継続。

◆4月30日まで延長◆バンコクはアルコール終日販売禁止◆タイのコロナ

◆4月30日まで延長◆バンコクはアルコール終日販売禁止◆タイのコロナ
4月9日、バンコク都知事は4月10日から20日まで酒類の販売禁止を発動。 3月26日、非常事態宣言が発動されバンコク 、パタヤなどがロックダウンされても人々は集まり酒を飲んでは感染拡大を起こしかねない行動を…

5月3日アルコール販売解禁!飲食店では未だ不可!

記事引用先:Bangkok Post

Sales of alcoholic beverages will be allowed again starting from Sunday. (Bangkok Post photo)

Sales of alcoholic beverages will be allowed again from Sunday but people will not be allowed to drink in restaurants when they reopen, the government said on Friday.
The announcement was published on Friday in the Royal Gazette as part of the easing of some of the stringent measures imposed in the battle against the coronavirus.

政府は、日曜日から酒類の販売を再開するが、営業再開時には飲食店での飲酒を禁止すると発表した。この発表は、コロナウイルスとの戦いで課せられた厳格な措置の一部を緩和する一環として、金曜日に王室官報で発表されました。

The decision represents an about-face by the government, which said earlier this week that the alcohol ban would remain in effect until May 31 after it renewed the emergency decree for another month.
“Shops selling alcoholic beverages are allowed to open but consumption at the shop is banned,” said the Royal Gazette notice signed by Prime Minister Prayut Chan-o-cha. It will take effect on Sunday.

この決定は政府によるおかしな点があり、今週初め、アルコール禁止令は緊急事態宣言の延長後の5月31日まで有効であると述べた。
「アルコール飲料を販売する店は営業を許可されていますが、飲食店での販売は禁止されています」と首相プラユット・チャンオチャが署名した王室官報は述べた。日曜日に実施されます。

Restaurants will not be allowed to serve alcohol as part of the condition for their reopening from Sunday. Pubs and other entertainment venues where alcohol is served will remain closed.

レストランは日曜日から再開するための条件の一部としてアルコールを提供することはできません。アルコールが提供されるパブやその他の娯楽施設は閉鎖されたままです。

Thailand to allow alcohol sales after three-week ban: officials

記事引用先:ThaiVisa

FILE PHOTO: A woman wearing a protective mask lines up outside a liquour shop after Bangkok and several other provinces announced a 10-day ban on alcohol sale starting April 10 during the coronavirus disease (COVID-19) outbreak in Bangkok, Thailand, April 9, 2020. REUTERS/Jorge Silva/File Photo

“The new order, which will take effect on Sunday, means you can buy and sell liquor, beer, wine. You can buy from restaurants but only as takeaways. You can buy at convenience stores, supermarkets, anywhere in the country,” Deputy Prime Minister Wissanu Krea-ngam told Reuters.

「日曜日に発効する新しい措置は、酒、ビール、ワインを売買できることを意味します。レストランから購入できますが、持ち帰りとしてのみ購入できます。コンビニエンスストア、スーパーマーケット、全国のどこからでも購入できます。」ウィッサヌクレアガン首相はロイター通信に語った。

1日一回応援おねがいします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

◆日本人のタイ入国は?

◆タイ入国制限撤廃◆ビザ無し滞在30⇒45日間に延長<期限付>
タイ政府が、2020年3月から続いた非常事態宣言の解除を発表。10月01日からタイ入国時のワクチン接種証明又は陰性証明提示の撤廃。ビザ免除国からの渡航者の滞在可能期間を30日から45日間に延長。
◆タイ入国情報◆外国人入国カード(TM6)空路は暫定免除
タイ政府が、空路で入国する外国人入国カード(TM6)記入を免除。入国審査の渋滞緩和のための暫定措置のため、タイ入国者は最新情報の確認が必要。以前から必要性に疑問あり評判の悪いTM6、いっそのこと永久にやめれば?

 

1日一回応援おねがいします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

『バンコクタイムズ』おすすめ記事!

タイの格差社会が続く3つの理由:贈与税と相続税と固定資産税!
タイは格差社会、上位1%の富裕層が持つ富が全体の約67%を占め、更に広がる傾向…貧富の差はタイの政治対立を引き起こし、罪を犯した富裕層が罰を免れることも珍しくない。格差を広げる理由は3つ、贈与税、相続税、そして日本で言う固定資産税が…
◆タイ王室は世界一裕福:保有資産4.6兆円は英国王室の80倍
話題の日本の皇室財産は国に帰属し、皇室費用は毎年予算計上し国会承認が必要。一方、世界には裕福な王室も多く世界一のお金持ちはタイ王室で資産は約4.6兆円。有名なイギリスのエリザエス女王でさえ約550億円で、タイ王室はその80倍以上…
◆タイリピーター要確認◆ノービザ入国制限:陸路(2回)・空路(6回)
◆タイリピーター要確認◆ノービザ入国制限:陸路(2回)・空路(6回)タイ大好き、タイリピーターの皆さんが気になるのがノービザ入国の制限ですよね。近年の不法滞在者への取り締まりの強化を受け、ノービザ入国や『ビザラン』への規制が強化されています。
タイのエイズ孤児院に全てを捧げた日本人:名取美和@バーンロムサイ
タイには約45万人のHIV感染者(=エイズではない)がいると推定される。NHKが放送した『タイのエイズ孤児院に全てを捧げる日本人女性』が忘れられない。チェンマイのバーンロムサイ(HIVに母子感染した孤児たちの生活施設)にその人が…
◆日本の10倍は事故死するのにタイには『あおり運転』と言う言葉は無い!実はもっとヤバイ!by 高田胤臣
日本では『あおり運転の厳罰化』で免許取消が可能となったと盛んに報道されている。しかし、日本の10倍以上交通事故死があるタイには『あおり運転』という言葉がないと…