◆タイのコロナ◆5月3日アルコール販売解禁!飲食店では提供不可!

この記事は 約6 分で読めます。

タイで販売が禁止されていたアルコールの販売が解禁。
4月30日に緊急事態宣言の延長に伴い、同様に延長と発表されたが、一転して解禁に。
但し、レストランでの提供は依然として禁止。パブなどは閉鎖が続く。

◆タイのコロナ◆アルコール販売禁止延長+屋外スポーツなど一部解禁

◆タイのコロナ◆アルコール販売禁止延長+屋外スポーツなど一部解禁
4月30日、タイ政府はアルコール販売禁止の延長を発表。 期限は明確にせず、噂されていた5月1日、2日のアルコール販売は否定。 一方、5月3日から一部の経済制限を解禁。 市場やレストラン、屋外スポーツ(ゴルフ、テニス)などを許可。

◆タイのコロナ◆政府は緊急事態宣言を1ヶ月延長+深夜外出禁止継続

◆タイのコロナ◆政府は緊急事態宣言を1ヶ月延長+深夜外出禁止継続
タイ政府は緊急事態宣言の1ヶ月延長を決定。 3月26日の宣言以降、都市封鎖、夜間外出禁止などの厳しい制限により感染者の新規発生は横ばいから減少へ。但し、政府は『公衆衛生主導の経済』を選択。深夜外出禁止も継続。

◆4月30日まで延長◆バンコクはアルコール終日販売禁止◆タイのコロナ

◆4月30日まで延長◆バンコクはアルコール終日販売禁止◆タイのコロナ
4月9日、バンコク都知事は4月10日から20日まで酒類の販売禁止を発動。 3月26日、非常事態宣言が発動されバンコク 、パタヤなどがロックダウンされても人々は集まり酒を飲んでは感染拡大を起こしかねない行動を…

5月3日アルコール販売解禁!飲食店では未だ不可!

記事引用先:Bangkok Post

Sales of alcoholic beverages will be allowed again starting from Sunday. (Bangkok Post photo)

Sales of alcoholic beverages will be allowed again from Sunday but people will not be allowed to drink in restaurants when they reopen, the government said on Friday.
The announcement was published on Friday in the Royal Gazette as part of the easing of some of the stringent measures imposed in the battle against the coronavirus.

政府は、日曜日から酒類の販売を再開するが、営業再開時には飲食店での飲酒を禁止すると発表した。この発表は、コロナウイルスとの戦いで課せられた厳格な措置の一部を緩和する一環として、金曜日に王室官報で発表されました。

The decision represents an about-face by the government, which said earlier this week that the alcohol ban would remain in effect until May 31 after it renewed the emergency decree for another month.
“Shops selling alcoholic beverages are allowed to open but consumption at the shop is banned,” said the Royal Gazette notice signed by Prime Minister Prayut Chan-o-cha. It will take effect on Sunday.

この決定は政府によるおかしな点があり、今週初め、アルコール禁止令は緊急事態宣言の延長後の5月31日まで有効であると述べた。
「アルコール飲料を販売する店は営業を許可されていますが、飲食店での販売は禁止されています」と首相プラユット・チャンオチャが署名した王室官報は述べた。日曜日に実施されます。

Restaurants will not be allowed to serve alcohol as part of the condition for their reopening from Sunday. Pubs and other entertainment venues where alcohol is served will remain closed.

レストランは日曜日から再開するための条件の一部としてアルコールを提供することはできません。アルコールが提供されるパブやその他の娯楽施設は閉鎖されたままです。

Thailand to allow alcohol sales after three-week ban: officials

記事引用先:ThaiVisa

FILE PHOTO: A woman wearing a protective mask lines up outside a liquour shop after Bangkok and several other provinces announced a 10-day ban on alcohol sale starting April 10 during the coronavirus disease (COVID-19) outbreak in Bangkok, Thailand, April 9, 2020. REUTERS/Jorge Silva/File Photo

“The new order, which will take effect on Sunday, means you can buy and sell liquor, beer, wine. You can buy from restaurants but only as takeaways. You can buy at convenience stores, supermarkets, anywhere in the country,” Deputy Prime Minister Wissanu Krea-ngam told Reuters.

「日曜日に発効する新しい措置は、酒、ビール、ワインを売買できることを意味します。レストランから購入できますが、持ち帰りとしてのみ購入できます。コンビニエンスストア、スーパーマーケット、全国のどこからでも購入できます。」ウィッサヌクレアガン首相はロイター通信に語った。

お願い:ランキングでの応援!

◆日本人のタイ入国は?

◆在東京タイ王国大使館◆観光目的入国可能+ビザ免除滞在45日間へ
在東京タイ王国大使館『観光目的の入国可能』『ビザ免除滞在45日間』正式発表。 入国許可証(COE)の取得と14日間の強制隔離を除けば、コロナ前と同じに。 但し、日本の第三波、タイの大規模クラスター発生で、ますますタイが遠ざかる…
◆タイ入国:定期便再開◆2021年1月〜ANA/JAL/タイ航空
待ちに待った、バンコク線の定期便が2021年1月から再開。 ANA・JAL・タイ航空が定期便のスケジュールを公開(特別便は廃止)。 タイ入国に際しての入国許可証取得、14日間の強制隔離などの条件は変更なし。
◆タイ入国:隔離検疫ASQホテルリスト◆最高22万B〜最安3万B(14泊)
タイへの入国には、14日間の強制的な隔離検疫が義務化されている。 外国人は、タイ政府が認定したホテルへの滞在が必須。ホテルは病院と提携し、パッケージには、1日三食、無料Wifi、24時間看護が含まれる。

タイの新型肺炎、コロナウィルス 関連記事

◆タイのコロナ:PCR検査◆バンコクの日本語の通じる3大病院+治療概算費用
新型コロナの感染が疑われる時には、一刻も早くPCR検査を受けたいですね。 バンコクの三大病院でもPCR検査が可能です。ただし、1日の対応可能数には限りがあり、通常の治療が必要な患者さんを優先しましょう。
◆タイのコロナ:保険確認要◆重症の場合の医療費が最大で1千万円
海外で新型コロナに感染した場合、海外旅行者保険が適用可能。但し、海外では医療費が高額。タイのサミティベート病院の日本人医師によると重症化してICUなどに長期入院の場合最大で1千万円。一般的保険は200〜300万円程度。あなたの保険は?
◆新型コロナ◆海外旅行期間中に感染したら保険適用されるのか?
日本国内では、2020年3月6日、新型コロナウィルスのPCR検査は健康保険の適用。また、感染後の治療費に関しては『指定感染症』の為、公費の負担。では、海外旅行中の検査や治療費は海外旅行者保険で適用されるのか?
★お願い:参考になったら、クリック!タイ情報ランキングの応援おねがいします!


★ブログの更新をメールで受け取れます!

5,915人の購読者に加わりましょう

バンコクタイムズ
◆シェアして、友達にもおしえてあげよう◆
バンコクで修業中。