◆タイのコロナ◆渡航中止勧告に関する梨田大使メッセージ:在タイ日本国大使館

この記事は 約3 分で読めます。

2020年3月31日、日本政府は新型コロナ感染の拡大を受け、感染症危険情報レベルの引き上げ等を発表。タイは、感染症危険情報レベル2(不要不急の渡航自粛)からレベル3(渡航中止勧告)へ。発表を受け、在タイ日本国大使館の梨田大使がメッセージ。

在タイ日本国大使館:2020年3月31日

渡航中止勧告に関する梨田大使メッセージ

引用先:在タイ日本国大使館

在タイ日本国大使館の梨田和也です。
在留邦人の皆様におかれましては、新型コロナウイルス感染者数の世界的な急拡大、タイ政府の非常事態令に基づく措置などを通じて、大変なご苦労とご不便が強いられているものと理解しております。
 
そして、本日31日、日本政府は、1万人あたりの新型コロナウイルスの感染者数、海外からの移入例等を考慮し、タイ王国を含む49か国・地域に対し、感染症危険情報レベルをレベル3(渡航中止勧告)に引き上げました。あわせて、日本政府部内での調整を経て、検疫強化を含め水際措置が一層強化される見込みです。詳しくは本日(日本時間31日午前)に行われた茂木外務大臣の記者会見の内容をご参照いただければと存じますが、その中で茂木大臣が述べておられる通り、「よほどの事情がない限り、海外への渡航はやめていただくようお願い申し上げます。」ということです。

したがって、本日発出された渡航中止勧告は、日本や第三国からタイへの渡航を中止することを主な目的としたものであり,在留邦人の皆様にすべからく直ちに日本に帰国していただくことを意図したものでは必ずしもありません。日本への帰国につきましては、皆さまそれぞれのご事情に基づいて、個別にご判断いただくものと考えます。ただし,観光等で一時的に滞在中の方や,日本に早期帰国の必要のある方等は,早めの帰国を御検討いただくことがよいと考えています。
 
当館は、タイ政府関係省庁と緊密に情報交換を重ね、在留邦人の皆様の安全確保のために必要な情報を迅速かつ正確に発信するなど、必要な支援に万全を期してまいります。
在留邦人の皆様におかれましては、引き続き新型コロナウイルスに関する状況を注視しつつ、感染予防に万全を期してください。

◆海外在住者に楽天モバイル◆利用がなければ毎月無料(1Gまで0円)

お願い:ランキングでの応援!

◆日本人のタイ入国は?

◆在東京タイ王国大使館◆観光目的入国可能+ビザ免除滞在45日間へ
在東京タイ王国大使館『観光目的の入国可能』『ビザ免除滞在45日間』正式発表。 入国許可証(COE)の取得と14日間の強制隔離を除けば、コロナ前と同じに。 但し、日本の第三波、タイの大規模クラスター発生で、ますますタイが遠ざかる…
◆タイ入国:定期便再開◆2021年1月〜ANA/JAL/タイ航空
待ちに待った、バンコク線の定期便が2021年1月から再開。 ANA・JAL・タイ航空が定期便のスケジュールを公開(特別便は廃止)。 タイ入国に際しての入国許可証取得、14日間の強制隔離などの条件は変更なし。
◆タイ入国:隔離検疫ASQホテルリスト◆最高22万B〜最安3万B(14泊)
タイへの入国には、14日間の強制的な隔離検疫が義務化されている。 外国人は、タイ政府が認定したホテルへの滞在が必須。ホテルは病院と提携し、パッケージには、1日三食、無料Wifi、24時間看護が含まれる。

タイの新型肺炎、コロナウィルス 関連記事

◆タイでPCR検査費用◆バンコクで日本語対応3大病院+コロナ治療概算費用
新型コロナの感染が疑われる時には、一刻も早くPCR検査を受けたいですね。 バンコクの三大病院でもPCR検査が可能です。ただし、1日の対応可能数には限りがあり、通常の治療が必要な患者さんを優先しましょう。
◆タイのコロナ:保険確認要◆重症化の医療費が最大で1千万円
海外で新型コロナに感染した場合、海外旅行者保険が適用可能。但し、海外では医療費が高額。タイのサミティベート病院の日本人医師によると重症化してICUなどに長期入院の場合最大で1千万円。一般的保険は200〜300万円程度。あなたの保険は?
◆海外旅行保険◆新型コロナに感染したら保険適用されるのか?
日本国内では、2020年3月6日、新型コロナウィルスのPCR検査は健康保険の適用。また、感染後の治療費に関しては『指定感染症』の為、公費の負担。では、海外旅行中の検査や治療費は海外旅行者保険で適用されるのか?