◆タイのコロナ◆渡航中止勧告に関する梨田大使メッセージ:在タイ日本国大使館

この記事は 約3 分で読めます。

2020年3月31日、日本政府は新型コロナ感染の拡大を受け、感染症危険情報レベルの引き上げ等を発表。タイは、感染症危険情報レベル2(不要不急の渡航自粛)からレベル3(渡航中止勧告)へ。発表を受け、在タイ日本国大使館の梨田大使がメッセージ。

在タイ日本国大使館:2020年3月31日

渡航中止勧告に関する梨田大使メッセージ

引用先:在タイ日本国大使館

在タイ日本国大使館の梨田和也です。
在留邦人の皆様におかれましては、新型コロナウイルス感染者数の世界的な急拡大、タイ政府の非常事態令に基づく措置などを通じて、大変なご苦労とご不便が強いられているものと理解しております。
 
そして、本日31日、日本政府は、1万人あたりの新型コロナウイルスの感染者数、海外からの移入例等を考慮し、タイ王国を含む49か国・地域に対し、感染症危険情報レベルをレベル3(渡航中止勧告)に引き上げました。あわせて、日本政府部内での調整を経て、検疫強化を含め水際措置が一層強化される見込みです。詳しくは本日(日本時間31日午前)に行われた茂木外務大臣の記者会見の内容をご参照いただければと存じますが、その中で茂木大臣が述べておられる通り、「よほどの事情がない限り、海外への渡航はやめていただくようお願い申し上げます。」ということです。

したがって、本日発出された渡航中止勧告は、日本や第三国からタイへの渡航を中止することを主な目的としたものであり,在留邦人の皆様にすべからく直ちに日本に帰国していただくことを意図したものでは必ずしもありません。日本への帰国につきましては、皆さまそれぞれのご事情に基づいて、個別にご判断いただくものと考えます。ただし,観光等で一時的に滞在中の方や,日本に早期帰国の必要のある方等は,早めの帰国を御検討いただくことがよいと考えています。
 
当館は、タイ政府関係省庁と緊密に情報交換を重ね、在留邦人の皆様の安全確保のために必要な情報を迅速かつ正確に発信するなど、必要な支援に万全を期してまいります。
在留邦人の皆様におかれましては、引き続き新型コロナウイルスに関する状況を注視しつつ、感染予防に万全を期してください。

1日一回応援おねがいします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へPVアクセスランキング にほんブログ村

◆日本人のタイ入国は?

◆タイ入国制限撤廃◆ビザ無し滞在30⇒45日間に延長<期限付>
タイ政府が、2020年3月から続いた非常事態宣言の解除を発表。 10月01日からタイ入国時のワクチン接種証明又は陰性証明提示の撤廃。 ビザ免除国からの渡航者の滞在可能期間を30日から45日間に延長。
◆タイ入国情報◆外国人入国カード(TM6)空路は暫定免除
タイ政府が、空路で入国する外国人入国カード(TM6)記入を免除。 入国審査の渋滞緩和のための暫定措置のため、タイ入国者は最新情報の確認が必要。 以前から必要性に疑問あり評判の悪いTM6、いっそのこと永久にやめれば?

 

1日一回応援おねがいします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へPVアクセスランキング にほんブログ村

『バンコクタイムズ』おすすめ記事!

◆タイの格差社会が続く3つの理由◆贈与税と相続税と固定資産税!
タイは格差社会、上位1%の富裕層が持つ富が全体の約67%を占め、更に広がる傾向… 貧富の差はタイの政治対立を引き起こし、罪を犯した富裕層が罰を免れることも珍しくない。 格差を広げる理由は3つ、贈与税、相続税、そして日本で言う固定資産税が…
◆タイ王室は世界一裕福:保有資産4.6兆円は英国王室の80倍
話題の日本の皇室財産は国に帰属し、皇室費用は毎年予算計上し国会承認が必要。 一方、世界には裕福な王室も多く世界一のお金持ちはタイ王室で資産は約4.6兆円。 有名なイギリスのエリザエス女王でさえ約550億円で、タイ王室はその80倍以上…
◆タイリピーター要確認◆ノービザ入国制限:陸路(2回)・空路(6回)
◆タイリピーター要確認◆ノービザ入国制限:陸路(2回)・空路(6回) タイ大好き、タイリピーターの皆さんが気になるのがノービザ入国の制限ですよね。 近年の不法滞在者への取り締まりの強化を受け、ノービザ入国や『ビザラン』への規制が強化されています。
◆タイのエイズ孤児院に全てを捧げた日本人◆名取美和@バーンロムサイ
タイには約45万人のHIV感染者(=エイズではない)がいると推定される。 NHKが放送した『タイのエイズ孤児院に全てを捧げる日本人女性』が忘れられない。 チェンマイのバーンロムサイ(HIVに母子感染した孤児たちの生活施設)にその人が…
◆日本の10倍は事故死するのにタイには『あおり運転』と言う言葉は無い!実はもっとヤバイ!by 高田胤臣
日本では『あおり運転の厳罰化』で免許取消が可能となったと盛んに報道されている。 しかし、日本の10倍以上交通事故死があるタイには『あおり運転』という言葉がないと…