◆タイ航空:7月末まで運休◆地方空港発着は10月24日まで運休

この記事は 約5 分で読めます。

タイ航空が7月31日までの日本発着便の運休を発表。
当初発表の7月1日からの運行開始を変更。札幌、仙台、中部、福岡発着便は10月24日まで運休。
経営破綻を受け法的整理、経営陣刷新、支援先なしなど問題山積みで再建への道は遠い…
7月31日まで運休の報に『タイ愛好家』の期待を裏切ることになってしまいました…
 :
タイは、国内の新規感染者が連日『ゼロ』を記録し早期の開国が期待されていましたが、ビジネス渡航者の入国許可は進む見込みですが、観光客への開国は遠い先なのか…
 :
この様なビジネス環境では、日本発着便の7月末までの運休は致し方ないところかと思います。
一方、札幌、仙台、中部、福岡発着便の運休の発表は、将来的な路線の廃止につながりかねないと危惧しています。
 :
1日も早い、新型コロナの終息とタイの開国をお祈りします。

◆タイ航空:資産凍結中◆800億円の未使用チケットへ払戻はできない

◆タイ航空:資産凍結中◆800億円の未使用チケットへ払戻はできない
タイ航空は、800億円にも達する未使用チケットには払い戻しできないと発表。 現在、破産法のもと資産凍結されており、チケット購入者は債権者とみなされ支払いが出来ないと説明。 手数料なしでの日程変更、チケットの有効期間延長には応じる見込み。

◆タイ航空:再建へ◆健全経営阻んだ国営企業労働関係法と既得権益者

◆タイ航空:再建へ◆健全経営阻んだ国営企業労働関係法と既得権益者
タイ政府は法的整理を決め、抵抗勢力の切り離しに着手。 国営企業のタイ航空は、国営企業労働関係法により会社分割や整理解雇から守られてきた。 既得権益者の政治家や軍関係者は役員として天下り、航空券販売の利権を手放したくなかった…

タイ国際航空、運航計画変更のお知らせ:6月5日更新

タイ国際航空(TG)は、新型コロナウィルスの感染拡大、またタイ政府および各国政府による入国規制の影響を受け、日本=バンコク間の運航計画※を変更させていただく事になりました。(政府認可条件)※2020年10月24日までの夏期スケジュール分まで
お客様には大変ご迷惑、ご不便をお掛けいたしますこと、心よりお詫び申し上げます。

■日本発 運休(2020年3月26日~8月1日まで)
<成田発> TG641便/TG643便/TG677便※
                ※TG677便は7月31日まで運休
<羽田発> TG661便/TG683便
<関西発> TG623便
<中部発> TG645便※
                ※TG645便は7月31日まで運休

■バンコク発 運休(2020年3月25日~7月31日まで)
<成田行き> TG640便/TG642便/TG676便
<羽田行き> TG660便/TG682便
<関西行き> TG622便
<中部行き> TG644便
■8月以降のフライトの運航状況
8月以降のフライトの運航状況についてはこちらの本社サイト(英語)よりご確認ください。
※検索時点の運航計画が表示されますが、今後の状況次第で予告なく変更になる場合がございます。(政府認可条件)
■日本発 運休(~2020年10月24日まで)
<札幌発> TG671便
<仙台発> TG627便
<関西発> TG673便
<中部発> TG647便
<福岡発> TG649便

■バンコク発 運休(~2020年10月24日まで)
<札幌行き> TG670便
<仙台行き> TG626便
<関西行き> TG672便
<中部行き> TG646便
<福岡行き> TG648便
なお、すでにご購入いただきました航空券のお取り扱いに関しましては、下記サイトをご参照ください。
■2020年3月24日以前に発券の航空券に関してはこちら
■2020年3月25日以降に発券の航空券に関してはこちら
払い戻しに関しましては、下記までご連絡をお願い致します。
1.旅行会社にて航空券をご購入頂いたお客様
ご購入の旅行会社へご連絡下さい。
2.タイ国際航空ウェブサイトまたは各支店にてご購入頂いた方
【ナビダイヤル】 0570-064-015
営業時間:月曜日 – 金曜日  10:00 – 15:00 (土日・祝祭日休)※4/30更新
※4月7日~6月末日まで、営業時間を上記に変更させていただいております。
タイ国際航空本社コンタクトセンター
+66 (02) 356-1111 (英語)
営業時間:24時間(年中無休)
払い戻し手続きには通常よりお時間いただく場合がございますことをあらかじめご了承ください。
なお、日本路線の欠航証明書はこちらに順次掲載致します。
※上記に掲載されていない欠航証明書に関しては、こちらの本社サイト(英語)よりお申込み下さい。
また、タイ国内およびタイ以遠のタイ国際航空運航便も多数運休となっております。詳細に関しましては、こちらの本社サイト(英語)よりご確認ください。
なお、タイスマイル(WE)は、2020年6月1日より、タイ国内の運航を一部開始致しました。詳しくは、こちらのタイスマイルのウェブサイト(英語)をご覧ください。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う特別対応

購入済みの航空券などの取り扱いに関しては、こちらを参照ください。

業務の継続と法的手続きによる再生プランについて

5月20日に、経営破綻を受けてアナウンスがありました。

◆海外在住者に楽天モバイル◆利用がなければ毎月無料(1Gまで0円)

お願い:ランキングでの応援!

◆日本人のタイ入国は?

◆タイ入国:4月1日~強制隔離短縮◆日本は変異株流行国以外に
タイ政府は、2021年4月1日から入国者の強制隔離期間短縮を発表。 日本を含む変異株流行国以外からの入国者は10日間、ワクチン接種者は7日間。 併せて、対象となるワクチン(シノバック、アストラゼネカ、ファイザー、モデルナ)も公開。
◆タイ入国:隔離検疫ASQホテルリスト◆最高22万B〜最安3万B(14泊)
タイへの入国には、14日間の強制的な隔離検疫が義務化されている。 外国人は、タイ政府が認定したホテルへの滞在が必須。ホテルは病院と提携し、パッケージには、1日三食、無料Wifi、24時間看護が含まれる。

タイの新型肺炎、コロナウィルス 関連記事

◆海外在住者のワクチン接種◆日本政府は早くて夏頃接種開始を検討
日本政府が、在外邦人の一時帰国ワクチン接種の対応方針を決定。 希望者は、管理システムで予約し、一時帰国して空港などで接種、3週間後に再接種。 政府は、一時帰国接種者を20万人程度と想定し、早ければ夏頃から接種開始を検討。
◆タイでPCR検査費用◆バンコクで日本語対応3大病院+コロナ治療概算費用
新型コロナの感染が疑われる時には、一刻も早くPCR検査を受けたいですね。 バンコクの三大病院でもPCR検査が可能です。ただし、1日の対応可能数には限りがあり、通常の治療が必要な患者さんを優先しましょう。
◆タイのコロナ:保険補償額確認要◆重症化の医療費が最大で1千万円
海外で新型コロナに感染した場合、海外旅行者保険が適用可能。但し、海外では医療費が高額。タイのサミティベート病院の日本人医師によると重症化してICUなどに長期入院の場合最大で1千万円。一般的保険は200〜300万円程度。あなたの保険は?
◆海外旅行保険◆新型コロナに感染したら保険適用されるのか?
日本国内では、2020年3月6日、新型コロナウィルスのPCR検査は健康保険の適用。また、感染後の治療費に関しては『指定感染症』の為、公費の負担。では、海外旅行中の検査や治療費は海外旅行者保険で適用されるのか?