... ...

◆タイ国際航空◆最終赤字415億円3年連続⇒コロナで更に危機増幅

この記事は 約3 分で読めます。

タイ国際航空の経営危機がさらに深刻化。
すでに経営危機から経営再建を迫られていたが、三年連続の415億円の赤字。この最終赤字には、新型コロナの影響は含まれず、更なる経営再建が求められリストラは不可避。
新型コロナで遠のいた顧客を取り戻すために、ライバルのエアアジアはなりふり構わぬ顧客獲得を実施するもタイエアーに対抗策はあるのか?

がんばれタイ国際航空(タイエアー)!経営危機でタイ政府から最後通牒!

タイのナショナルフラッグシップであるタイ国際航空(タイ・エアウェイズ)が経営危機に瀕している。タイ政府が51%の株式を保有する国営企業。放漫経営がたたり・・・
https://www.escape2bangkok.com/entry/thai-air-rehab

◆エアアジアビッグセール◆会員は3月8日、一般は3月9日から3月15日【開催決定】

新型コロナで遠のいた顧客を取り戻す!
『Air Asia Big Sale(エアアジア ビッグセール)』が熱い!
年に4回5日間だけ開催されるセールでは、成田-バンコク間がなんと1万円!
セール開催時期は、毎年4回、3月・6月・9月・11月です。
◆エアアジアビッグセール:開催未定◆マレーシア国内乗放題セールは6月15日まで
『Air Asia Big Sale(エアアジア ビッグセール)』が熱い! 年に4回5日間だけ開催されるセールでは、成田-バンコク間がなんと1万円! セール開催時期は、毎年4回、3月・6月・9月・11月です。

タイ航空、最終赤字415億円 運賃下落で不振続く

記事引用先:日経新聞

政府系のタイ国際航空が2日発表した2019年12月期連結決算は、最終損益が120億バーツ(約415億円)の赤字だった。最終赤字は3年連続で、赤字額は前の期(116億バーツ)から膨らんだ。格安航空会社(LCC)などとの競争激化で運賃収入が下がった。新型コロナウイルスの影響は含んでおらず、20年12月期はさらに厳しい経営状況が見込まれる。
売上高は前の期比8%減の1840億バーツだった。観光客などの増加で乗客数は1%増えたが、1人当たりの運賃収入が低下した。米中貿易戦争の影響で航空貨物の需要が減り、貨物収入も振るわなかった。
経費は燃料費の減少を主因に6%減だった。特別損失として退職給付制度の見直しに伴う損失や、航空機などの資産の減損を計上したことから最終赤字が拡大した。配当は7年連続で実施を見送る。

管理人のつぶやき

タイ国際航空は、タイ政府が51%の株式を保有するほぼ国営企業で、フラッグシップ空港会社という地位に甘えた放漫経営でズブズブに。
これ以上の赤字経営を放置できないタイ政府も経営再建位向けた指導を行うも。
2020年度は新型コロナウィルス の影響をもろに被るだけに、より厳しい経営再建、リストラは不可避であろう…

『バンコクタイムズ』おすすめ記事!

◆タイの格差社会◆貧富の差が続く3つの理由!贈与税と相続税と固定資産税!
タイは格差社会だ。 しかもその格差が縮小することはなく続くと思われる理由がある... タイの格差社会(貧富の差)が続く3つの理由!贈与税と相続税と固定資産税! ・タイは相続税が『ほぼゼロ』 ・タイは固定資産税が『ほぼゼロ』
◆タイ王室は世界一裕福◆保有資産4.6兆円は英国王室の80倍◆
CEO Magazineが、タイ王室の保有するであろう430億ドル(約4兆6千億円)は世界で最も裕福な王室であると発表しています。 その金額は、イギリスのエリザベス女王の80倍であると報じています。 タイ王室は世界一裕福!資産4.6兆円は英国王室の80倍:バンコクタイムズ
◆タイリピーター要確認◆ノービザ入国制限:陸路(2回)・空路(6回)
◆タイリピーター要確認◆ノービザ入国制限:陸路(2回)・空路(6回) タイ大好き、タイリピーターの皆さんが気になるのがノービザ入国の制限ですよね。 近年の不法滞在者への取り締まりの強化を受け、ノービザ入国や『ビザラン』への規制が強化されています。
チェンマイのHIV感染孤児院に全てを捧げた日本人!名取美和(バーンロムサイ)さん!
タイには約45万人のHIV感染者がいると推定されている。 NHKが放送した『タイのエイズ孤児院に全てを捧げる日本人女性』が忘れられない。 チェンマイのHIV感染孤児院に全てを捧げた日本人!名取美和(バーンロムサイ)さん
◆日本の10倍は事故死するのにタイには『あおり運転』と言う言葉は無い!実はもっとヤバイ!by 高田胤臣
日本では『あおり運転の厳罰化』で免許取消が可能となったと盛んに報道されている。 しかし、日本の10倍以上交通事故死があるタイには『あおり運転』という言葉がないと…

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で