◆アジアは日本のゴミ箱なの?◆2019年廃プラ90万トンを輸出◆

この記事は 約3 分で読めます。

2019年、日本の廃棄プラスチックの輸出量が90万トンとジェトロから報告。
90%以上をマレーシア、台湾、ベトナム、タイなどの東南アジア、東アジア諸国に輸出。
アジア諸国は『日本のゴミ箱なのか?』
タイでの地球温暖化への対応の一環として、2020年1月1日からレジ袋削減を実行しています。
国民や旅行者の評判は必ずしも良くはありませんが、私は大歓迎です。
 :
タイ自身も世界で6番目の『海洋汚染国・海洋プラスチック流出国』でした。
国内でのプラスチックの処理もできていないのに、日本から最高で18万トンも受け入れていたとは信じられません。
 :
日本の輸出量が減ったのは、アジア諸国が廃棄プラスチックの輸入規制を始めたためです。
 :
日本国内で、すべて処理することを強く望みます。

◆タイ旅行:エコバッグを忘れずに◆2020年1月1日からレジ袋削減◆

タイは、これまで世界で6番の『海洋汚染国・海洋プラスチック流出国』でした。
タイ政府は、この悪名を覆すべく、コンビニや大手流通業者と協議の結果、2020年1月1日からのレジ袋廃止を決定しました。
◆タイ旅行:エコバッグを忘れずに◆2020年1月1日からレジ袋削減◆
タイは、これまで世界で6番の『海洋汚染国・海洋プラスチック流出国』でした。 タイ政府は、この悪名を覆すべく、コンビニや大手流通業者と協議の結果、2020年1月1日からのレジ袋廃止を決定しました。

2019年の日本の廃プラ輸出量は90万トン、100万トン割れは2004年以来

記事引用先:ジェトロ

財務省の1月30日の発表によると、2019年の日本の廃プラスチック(注)の輸出量は前年比10.9%減の89万8,000トンだった(表参照)。廃プラスチックの輸出量は2014年以降減少を続けていたが、100万トンを切るのは2004年(84万9,000トン)以来。
各国・地域への輸出量は、マレーシアが26万2,000トン、台湾が15万2,000トン、ベトナムが11万7,000トン、タイが10万2,000トンだった。マレーシアは前年に続いて最大の輸出先となり、2019年の日本の輸出総量に占める割合は30%近くに達した。

他方、2017年まで最大の輸出先だった中国は、輸出量が1万9,000トンで、構成比は2.1%だった。日本はこれまで、廃プラスチックの大半を中国に輸出していたが、中国が2017年末から段階的に輸入制限を行ったため、2018年以降、輸出量が激減している。
2018年以降、東南アジア諸国も相次いで輸入制限を実施しているほか、使い捨てプラスチックの生産・販売・利用を禁止する国・地域もある(地域・分析レポート特集「どうする?世界のプラスチック」参照)。日本も、2020年7月から全国一律で、小売業におけるプラスチック製買い物袋の提供が有料となる。

読んだよのクリックが励みになります!

👇不労所得におすすめ👇

マネースクエア
クラウドバンク

『バンコクタイムズ』おすすめ記事!

◆タイの格差社会が続く3つの理由◆贈与税と相続税と固定資産税!
タイは格差社会、上位1%の富裕層が持つ富が全体の約67%を占め、更に広がる傾向… 貧富の差はタイの政治対立を引き起こし、罪を犯した富裕層が罰を免れることも珍しくない。 格差を広げる理由は3つ、贈与税、相続税、そして日本で言う固定資産税が…
◆タイ王室は世界一裕福◆保有資産4.6兆円は英国王室の80倍◆
CEO Magazineが、タイ王室の保有するであろう430億ドル(約4兆6千億円)は世界で最も裕福な王室であると発表しています。 その金額は、イギリスのエリザベス女王の80倍であると報じています。 タイ王室は世界一裕福!資産4.6兆円は英国王室の80倍:バンコクタイムズ
◆タイリピーター要確認◆ノービザ入国制限:陸路(2回)・空路(6回)
◆タイリピーター要確認◆ノービザ入国制限:陸路(2回)・空路(6回) タイ大好き、タイリピーターの皆さんが気になるのがノービザ入国の制限ですよね。 近年の不法滞在者への取り締まりの強化を受け、ノービザ入国や『ビザラン』への規制が強化されています。
◆タイのエイズ孤児院に全てを捧げた日本人◆名取美和@バーンロムサイ
タイには約45万人のHIV感染者(=エイズではない)がいると推定される。 NHKが放送した『タイのエイズ孤児院に全てを捧げる日本人女性』が忘れられない。 チェンマイのバーンロムサイ(HIVに母子感染した孤児たちの生活施設)にその人が…
◆日本の10倍は事故死するのにタイには『あおり運転』と言う言葉は無い!実はもっとヤバイ!by 高田胤臣
日本では『あおり運転の厳罰化』で免許取消が可能となったと盛んに報道されている。 しかし、日本の10倍以上交通事故死があるタイには『あおり運転』という言葉がないと…