海外転出届はいつ?年金健康保険税金?(08)海外移住ロングステイ2019

この記事は 約3 分で読めます。

最終更新日:2018年9月3日

アーリーリタイアを実現し、バンコクにロングステイ中の「バンコクで修業中。」です。

みなさんは、『海外移住』『ロングステイ』『海外駐在』『海外転職』『現地採用』『ちょい住み』『海外旅行』『ビザ』『税金』『年金』『健康保険』『海外保険』などの検索キーワードでたどり着いた方が多いと思います。

『海外移住・ロングステイするのは簡単』です。

年齢が各国の規定を超えていて、その地に移住・ロングステイするため各国の条件をクリアして、必要な書類を揃え、それを移民局に持っていけば!

でも、そこは異国です。

異国には異国の文化、ルールがあり、それに従う必要があります。その典型的なのが、言葉でしょう。記入すべき書類は英語とその国の言葉の併記、移民局では多少の英語しか通じず、その国の言葉がメインです。

そのような状況の中でも、タイ語のできない私が、自分でタイ王国・バンコク移民局に出向き、自分でリタイアメントビザを取得した経験、ノウハウ、ヒントをお伝えしたいと思います。

さらに、海外に住み続けるためには、日本の税金、年金、健康保険、など手間の掛かる事がたくさんあります。

しかも、海外では日本のような健康保険がないので医療費が高額です。現地で滞在ビザの更新、健康保険や生命保険に入るなど、やることがいっぱいです・・・

私はタイ王国以外にも、ニューヨーク(アメリカ・米国)、シンガポール、香港に駐在した経験もあり、その点でも色々とお伝えできると思います。

海外移住・ロングステイを希望する皆さんの参考になればうれしいです。

海外移住:海外転出届の3つのポイント

  1. 海外転出届提出、すなわち住民票を抜く事

  2. 海外転出届提出すると、年金、健康保険、税金に関わってくる

  3. 海外転出届は、海外転出の14日前から最寄りの役所へ

海外転出届を出すと年金、健康保険、税金にかかわってくる

友達が海外転出届は出さない方が良いっていうんだけど…

海外転出届を出すと住民票を抜く事になるからね。

住民票を抜く、すなわち「住民基本台帳」から抜ける事になるからとても重要な事なんじゃ!!!

  • 海外転出届提出すると、年金支払い義務がなくなる
  • 海外転出届提出すると、健康保険の支払い義務がなくなる
  • 海外転出届提出すると、住民税の支払義務がなくなる

デメリットも有るから良く調べるんじゃ!!!

海外転出届はいつ、どこに出すの?

ふーん、海外転出届は出さなきゃいけないのね。

そうだよ、私も住んでた横浜の区役所に出してきたよ。

じゃあ、横浜市役所のホームページを見てみようか!

1年以上海外へ転出する予定の方は、海外転出届を戸籍課登録担当窓口に提出してください。すでに海外にお住まいの方で、海外から転出届を提出される際は、転出届とパスポートのコピー(顔写真が貼付されているページと出国日が分かるページ)を郵送でお住まいだった区役所の登録担当まで送付願います。

Q:いつ提出すればいいの?

A:海外転出の14日以内だよ。

Q:何を持って行けばいいの?

パートナー
パートナー

身分証明書(運転免許証、健康保険証、など)、印鑑ね。

忘れちゃいけないのが、印鑑登録証、住民基本台帳カード、マイナンバーカードなど役所に返還するものもね。

国外へ転出する際、通知カード・マイナンバーカードの返納手続きが必要となります。
お住まいの区の区役所戸籍課で、転出届を提出する際に、必ず通知カード・マイナンバーカードをお持ちください。なお、返納の手続き後、お持ちの通知カード・マイナンバーカードは失効しますが、マイナンバー(個人番号)を把握する手段として、国外への転出により返納をした旨の記載を行い、そのカードはお返しします。大切に保管をお願いします。

 管理人の個人的なまとめ

私は、海外転出届を出すのが重要だとは思っていなかったんですが、調べるとかなり重要な事だとわかりました。

横浜の区役所に行って、根掘り葉掘り聞いてきました。役所によっても届け出の方法なども微妙に違うようなので、最寄りの役所に確認する事をおすすめします。

参考になったら応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

『バンコクでロングステイ』おすすめ記事!

『おすすめカテゴリー』こちら!

タイに住みタイ!

タイに住みタイ
『タイ・バンコクに住むのは簡単』です。タイ王国への海外旅行にビザを取得する必要はありませんし、親日国で日本人には優しいし、タイ人の日本という国への興味は年々高まっていて、日本人には優しいし、気候は温暖で過ごしやすいし、ご飯は美味しいし… 良い事ばかりですね。

タイ旅行しタイ!

タイ旅行しタイ
『タイ・バンコクに旅行するのは簡単』です。タイ王国への海外旅行にビザを取得する必要はありませんし、親日国で日本人には優しいし、タイ人の日本という国への興味は年々高まっていて、日本人には優しいし、気候は温暖で過ごしやすいし、ご飯は美味しいし… 良い事ばかりですね。でも、ここはタイ、異国です。

タイ以外の海外旅行を楽しみたい人はこちら!

海外旅行したい
私が初めて海外に出たのは入社三年目の米国アトランタへの出張でした。 初めて手にしたパスポートと淡い期待を込めて降り立ったハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港は世界最大の空港でした。地下鉄が走っていて、どこにイミグレーションがある...

キャリアをかえて(天職を求めて)人生を好転させたい人はこちら!

キャリアアップしたい
普通に大学を卒業して、何も考えずに入社してしまった大手電機メーカー。 ニューヨーク、シンガポール、香港に海外駐在に出してくれたことには感謝以外の言葉はない。 でも、転職しました『天職』を探すために・・・

参考になったら応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で