★お知らせ★ブログの更新をメールで受け取れます!

海外移住・ロングステイ・ナビ(1):不安なのはビザ?税金?年金?手続?【保存版】

f:id:lukehide:20180822233639j:plain

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事の3つのポイント

  1. 海外移住を始めるのは難しくない、続けるのが難しい

  2. 海外「生活費安い」は過去の話、日本と同じような生活は死活問題

  3. 現地での・銀行口座開設、日本でのを軽視することなかれ

 海外移住・ノマドを目指す皆さんの思い

  • 「ぼんやりとだけど、海外に住んでみたい・・・」
  • 「海外でロングステイをしてみたい・・・」
  • 「引退(リタイア)したら、暖かい所に・・・」
  • 「海外でノマドワーカーしてみたい・・・」
  • 「生活費の安いアジアに逃げ込みたい・・・」
  • 「日本におれの活躍の場所は無い・・・」

この記事をご覧になっている皆さんも、さまざまな思いで海外移住・ノマドワークの実現をめざしていると思います。

想定する読者

  • 想定する読者:海外移住、ロングステイ、ノマドワークを考えている人
  • 想定する読者年代:20代、30代、40代

管理人はだれ?

バンコクへ海外移住した管理人の「」です。

私は、新卒で就職した総合家電メーカーの海外営業として、ニューヨーク、シンガポール、香港に駐在を経験をしました。日本への帰国後、複数の外資系企業での十数年の勤務。2017年、念願の海外移住を実現しました。

皆さんの海外移住・ノマドワーク実現の参考になれば幸いです。

なぜか、他人から「波乱万丈な人生だね!」と言われるんです!
他人からは「波乱万丈な人生だね」とよく言われる 新卒で日系大手電機メーカーに就職し、海外営業としてニューヨーク・シンガポール・香港での海外駐在を経験。 帰国後、外資系企業へ転職。2017年、バンコクに海外移住。 他人からは「波...

海外移住企画・準備編

f:id:lukehide:20180823005400j:plain

海外移住には、向き不向きがはっきりしてますが、自分では良く分りませんよね。

  • 海外移住に合う人、合わない人
  • 海外移住とロングステイの違いを理解する

この点を理解すると、ぐっと現実的になってきます。

ビザ(VISA)取得の要否

海外に滞在するためには、VISAビザが必要になります。当然、自国の雇用を保持するためには、外人(ここでは日本人のこと)を簡単に働かせる訳にはいきませんよね。

お金を落としてくれるのは大歓迎ですが、タイでは違法滞在者が犯罪に関わるケースが増えており、年々、法律・取り締まりも強まる傾向にあります。

海外に滞在するためには、いくつかの方法があります。

  • ビザ免除期間で出入りを繰り返す(近隣諸国への行き来)
  • 観光ビザを取得、延長、繰り返す
  • 学生ビザを取得、延長、繰り返す
  • ワークパーミットを前提としたワークビザ取得
  • 投資ビザを取得する
  • リタイアメントビザを取得する(原則、働けません)

ロングステイを目指す人であれば、ビザ(VISA)の取得は不要でしょう。移住となるとビザ(VISA)の取得は必須です。

海外移住する国を決める

海外移住先を決めるにあたっては、生活費は? 医療は? 食事は合うのか? 気候は合うのか? 心配ですよね。

じっくり調査をして、複数の国を選択しましょう。

  • 想定する国の生活環境(衣食住)の調査をする
  • 想定する国のVISA制度を確認する

ロングステイを志向する人は、短期滞在ですので、色々な国を試しながらお気に入りを決めて行けば良いでしょう。

一方、移住を志向する人も、ロングステイを通じて移住先を決めて行けば良いと思います。

あなどってはいけないのが、生活費、特に食費です。

住居費や交通費など日本よりも割安ですが、日本と同じような食生活を望めばいくらおかなが有っても足りません。

決定・確認事項

    • ロングステイか移住か?:ビザ(VISA)の要否に関わる
    • お金の準備は十分か?:アジアは物価は思ったほど安くない
    • 日本の資産(不動産、等):管理をだれに任せるか?
    • 健康:海外の医療費は保険が利かないと高額です。

日本国内の役所への届けが重要!

f:id:lukehide:20180823004949p:plain

移住先が決まると、国や地方公共団体との手続きが多くかなり疲れますね。

  • 海外転出届
  • 国民年金強制加入義務喪失:任意継続も可能
  • 市民税の課税と免除処理
  • 国際免許証の取得、等

特に、アーリーリタイア組の皆さんは、年金は通算25年(2018年現在は、10年)の積み立てが受け取りの必須要件ですので、計画的に任意継続(すなわち、払い続ける)を検討する必要があります。

10年の積立で年金をもらえるように法改正が有りましたが、30年積立した人の三分の一しかもらえない事を理解してない人が多いです。

「国際免許」は必須ではありませんが、現地で大使館に英文に翻訳してもらい、それを持って現地の免許に書き換えてくれる国もあります(タイ王国)。

タイでは身分証の提示を頻繁に求められ、入館証と引き換えに身分証を預けなければならない時に時に、パスポートの代わりに現地の公式身運証明書である免許が役に立っています。

海外移住スタート、でも、重要なのはここからです!

f:id:lukehide:20180823005057j:plain

移住先でのお役所仕事

  • イミグレーションでのビザ(VISA)の申請
  • 日本大使館への在留届

役所関連の届出は、書式・必要書類が変更になったりするケースも多く、事前に日本大使館、ビザ取得代行業者に確認すること必須です。

銀行口座の開設

近年、マネー・ロンダリング防止の影響で、ビザ(VISA)を持たない人の銀行口座開設のハードルが年々 高くなっています。

この点に関しては、アメリカ・シンガポール・香港・タイでの口座開設の経験からお話ししていきたいと思います。

住まいの確保

  • ホテル、サービスホテル
  • アパート、コンドミニアムの賃貸、購入
  • 一軒家の賃貸、購入

日本とは違い、デポジット(前払い金)、家具付き物件が殆ど、など仕組みも物件によって異なりますので、現地の不動産屋、若しくはコンドミニアムのセールス・オフィスに依頼するのが得策です。

やる事、満載ですね。

今後、詳細について説明していきたいと思います。

 

★参考になりましたら、ポチッと⇒にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ

バンコクでロングステイ関連記事はこちら!

バンコクでロングステイ(24):【注意】タイのデング熱、患者前年比6割増!
最終更新日:10/26/2018 管理人の「バンコクで修業中。」です。 2018年10月:タイのデング熱患者、前年比6割増ペース 86人死亡 【タイ】タイ保健省によると、1月1日―10月20日にタイ国内で報告があったデング熱、...
バンコクでロングステイ(23):バンコク銀行のATMカード再発行
バンコク銀行でATMカードの再発行 ・タイの銀行は土日も営業【営業時間:月曜-日曜 10:30-19:30】 ・ATMカード再発行に必要なのは通帳とパスポート ・発行まで約15分程度
バンコクでロングステイ(22):バンコクは毎年2センチ(2㎝)地盤沈下?
グリーンピースの見積もりによれば、バンコクは年間2cmの都市減少を続けています。一方、タイ湾岸の表面は年に4mm上昇しており、世界平均を上回っています。 「地盤沈下の影響で10年後にバンコクの40%が沈没」との報告も!
バンコクでロングステイ(21):日本のパスポートは世界最強!
最終更新日:2018年10月17日管理人の「バンコクで修業中。」です。日本のパスポートは世界最強!旅人ビザなしで入国できる国が、190か国になってシンガポールを抜いて世界最強になったらしいね。そもそも、ビザ...
バンコクでロングステイ(20)【注意】タイ王国治安報告(2018年7月-9月)
最終更新日:2018年10月16日 タイ(チェンマイ総領事館管轄区域を除く)にお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ 在タイ日本国大使館より  平成30年度第2四半期のタイの治安,一般犯罪等に関する情勢傾向を報告します。安全対策等を...
バンコクでロングステイ(17):凍結!マレーシアマイセカンドホーム

マレーシア・マイセカンドホーム凍結! (1)マレーシアは、12年連続ロングステイしたい国 (2)MM2Hの発給が凍結と「東方日報」が報道 (3)中国人の大量流入に「快く思わない人」いるらしい

バンコクでロングステイ(16):年金もらえるまで生きて! By プーチン!
年金もらえるまで生きてください By プーチン! (1)あなたは何歳まで生きますか? (2)日本でも年金支給開始を70歳に? (3)年金支給開始と平均寿命の関連 (4)ロシアの平均寿命66歳なのに年金支給開始は65歳(笑) (5)年金もらえるまで生きてください By プーチン! 根本匠厚生労働相は3日の記者会見で、原則65歳の公的年金の支給開始年齢を一律に引き上げることについて「ただちには考えていない」と明言し、財政制度等審議会(財務相の諮問機関)で浮上している68歳への引き上げ案を否定した。一方で、働く高齢者を増やすため、年金を受け取る年齢を70歳を超えてからでも選べるようにする制度改革を進める方針だ。
バンコクでロングステイ(14):3年連続首位!世界渡航先ランキング2018
バンコクが3年連続首位@世界渡航先ランキング2018: (1)マスターカードの実施する「世界渡航先ランキング」で、バンコクが3年連続首位 (2)ロンドンは2015年度までの首位、以降2位 (3)バンコクへの渡航者は2,000万人超え
バンコクでロングステイ(13):バンコク日本食レストラン2年連続減少!
バンコクでロングステイ:バンコクの日本食レストランは2年連続減少! 2018年度のジェトロの「2018年度タイ国日本食レストラン店舗数調査」の結果、タイ全土では3,000店舗を超えたが、バンコクでは2年連続で減少していることがわかった。
海外移住・ロングステイ・ナビ(10):日本年金機構「ねんきんネット」のお知らせ!
日本年金機構からメールが来た! 「ねんきんネット」の3つポイント::: (1)日本年金機構の「ねんきんネット」が改善 (2)払い済み記録、受け取り見込額が、ネットでいつでもどこでも確認可能 (3)「ねんきんネット」改善で、「ねんきん定期便」ペーパーレス化へ
タイ・ロングステイ・ナビ(11):医療保険(Pacific Cross)を比較してみた!
バンコクでロングステイ:医療保険を検討する際の3つのポイント::: (1)バンコクの医療費は「バカ高い」 (2)医療保険も保障内容によって「バカ高い」 (3)既往症はカバーされない 医療保険の金額によって保障の内容に幅がありますので、よく検討ください。
バンコクでロングステイ(10):生まれ変われるなら駐妻に【自殺?】
最終更新日:2018年9月19日管理人の「バンコクで修業中。」です。2018年9月12日バンコクで日本人女性(35)が転落死したとの一報、自殺か?...家内を無理やりニューヨーク駐在に...あのさ、再来月...
海外移住・ロングステイ・ナビ(09):医療費高いけど医療保険はどうする?
バンコクでロングステイ:医療保険の3つのポイント::: (1)アメリカほどではないがタイも医療費が高額 (2)ロングステイヤーは事故や突然の手術などに備え、保険は必須 (3)日本の健康保険、クレジットカード付帯、タイの医療保険
海外移住・ロングステイ・ナビ(8):海外転出届はいつ?どこに?年金・健康保険・税金は?
最終更新日:2018年9月3日 バンコクに移住した管理人の「バンコクで修業中。」です。 海外移住:海外転出届の3つのポイント 海外転出届提出、すなわち住民票を抜く事 海外転出届提出すると、年金、健康保険、税金...
海外移住・ロングステイ・ナビ(7):健康保険は残した方が良いの?住民票は?年金は?
最終更新日:2018年9月2日 バンコクに移住した管理人の「バンコクで修業中。」です。 海外移住しても、健康保険は残した方が良いって話を聞いたんだけど… 海外移住:健康保険に関する3つのポイント ...
海外移住・ロングステイ・ナビ(6):登記・相続・委任状の印鑑証明って大使館でとれるの?
最終更新日:2018年8月31日 海外移住:印鑑証明にかんする3つのポイント 日本の住民票を抜くと日本で印鑑証明はとれない 在外大使館で「印鑑登録」と「印鑑証明書」取得が可能 印鑑証明書にかわる「署...
海外移住・ロングステイ・ナビ(5):住民票を抜くメリット・デメリット?年金?税金?
最終更新日:2018年8月30日 海外移住:住民票に関する3つのポイント 住民票が係る三大ポイント、国民年金、国民健康保険、住民税 「抜かない事によるメリットも」あるのでじっくり検討必要 海外に出て...
海外移住・ロングステイ・ナビ(4):所得税・住民税・市民税って払う必要あるの?
最終更新日:2018年8月30日 【注意】私は海外移住経験者ですが、プロではないので、お住まいの役所に相談してくださいね!!! 海外移住・海外転職:税金に関する3つのポイント サラリーマンが「給与天引き」で払うのは所得税...
海外移住・ロングステイ・ナビ(3):ロングステイ・旅行との違いは?住民票?ビザ?
最終更新日:2018年8月29日  バンコクに移住した管理人の「バンコクで修業中。」です。 「海外移住とロングステイの違い」のまとめ 滞在期間が、三か月以上か未満かが分かれ目 住民票を残しているか、否か。納税...
海外移住・ロングステイ・ナビ(2):年金保険料は任意加入(任意継続)がおすすめ!
最終更新日:2018年8月24日 海外移住・海外転職:年金に関する3つのポイント 年金は任意加入(任意継続)がおすすめ! 受給資格25年から10年への短縮は、金額も下がります!!! パソコン・スマホ...
海外移住・ロングステイ・ナビ(1):不安なのはビザ?税金?年金?手続?【保存版】
この記事の3つのポイント 海外移住を始めるのは難しくない、続けるのが難しい 海外「生活費安い」は過去の話、日本と同じような生活は死活問題 現地でのビザ・健康保険・銀行口座開設、日本での年金・税金を...

 

★参考になりましたら、ポチッと⇒にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ