... ...

バンコクナビ:タクシー値上げ!乗る時の心構え・注意点・乗り方・料金・運賃!

スポンサーリンク
この記事は 約5 分で読めます。

2019年8月8日追記:タイの運輸省が2019年9月のタクシー料金値上げを発表(参照:Taxi fares set to increase within a month|Thai PBS World)。初乗り料金の35バーツは据え置きで、距離や時間で反映される料金を値上げします。詳細は、下記参照下さい。
  • The basic rate of 35 baht for the first 1 km distance remains unchanged
  • 6 baht/km from 5.50 baht/km for 1 plus km-10 km
  • 7 baht/km from 6.50 baht/km for distance above 10 km to 20 km
  • 8 baht/km from 7.50 baht/km for distance over 20 km to 40 km
  • 8.50 baht/km from 8 baht for distance over 40 to 60 km
  • 9 baht/km for distance over 60 km to 80 km
  • 9.50 baht/km for distance above 80 km.

念願のアーリーリタイアを実現し、バンコクにロングステイ中の「バンコクで修業中。」です。
あなたは、海外でタクシーに乗る自信がありますか?
タクシーの運転手さんもプロだから、日本と同じように親切で、道をよく知ってて、寝てても目的地に連れてってくれるとか、勝手に思い込んでいませんか?
タクシーの運転手さんは、地方出身者が多いのでバンコクの地理さえ知らずに運転手をしている人もいます。日本人だとお金が取れると思ってる人は、まだまだ多いです。折角のバンコク、上手にタクシーを効率的に利用して楽しい旅を!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

まとめ:日本人がタイでタクシー乗る時の心構え・指示の仕方・乗り方・運賃!

  1. 運転手は、タイ語がメイン、英語は少々と理解しよう。
  2. 運転手は、地方出身者が多くバンコクの地理を理解していない
  3. 運転手は、観光地に詳しくない、地図は読めない、スマホの地図は理解しない
ポイントは3つです。詳細をご覧になりたい方は、以下をご覧ください!

日本人がバンコクでタクシーに乗る時の心構え+理解しないといけない事

  • 日本のタクシーの常識は、タイでは通じない。
  • バンコクは国際都市ではあるが、全ての運転手が英語を話すわけではない
  • タクシー運転手は、お金を稼ぐことだけが目的なので客が不快であろうと気にしない
  • タクシー運転手は、一日1,000バーツのタクシー賃貸料を払えばだれでもなれる
  • タイ人は学校で地図の読み方を習わないので、地図・スマホを見せても理解してくれない
  • タクシー運転手は、地方出身者が多くバンコクの地理は理解していない
  • タクシー運転手は、地方出身者が多く観光地やホテル・通り名など知らない
  • バンコクでは、高速道路が無料若しくは安いので運転手は高速を利用した方が渋滞を避け、早く着くと好む運転手が多い。併せて、回り込むケースが多いので運賃がかさむので奨めてくる。
日本人の観光客で、タクシーでトラブルったケース、良く聞くよな。
バンコクからアユタヤ一日観光で貸切ったのに、観光地を全く知らないとか、文句言ってるやつ。
そもそも、学校で地図の読み方とか地理とか教えないんだから、わかる訳がない。うちの会社のドライバーなんか、会社専属のプロのドライバーだけど、地図渡しても「くるくる回して」全然理解してないのに走り出しちゃうんだよね。

日本人がバンコクでタクシーに乗る時のヒント

引用先:TravelJounalist.com・引用先:TravelJournalist.com

  • 事前に、目的地の「通り名・ソイ番号」を調べておく。
  • ホテルの前や観光地にたむろしてるタクシーは、観光客狙いだと思え。
  • 乗り込む前に、助手席から先ほどの「通り名・ソイ番号」を伝え、行けるか聞く。
  • 乗り込んだら「メーターを倒す」か確認する。「メーター」と言えば分る。それでも倒さなければ、「ストップ」と言って乗り続ける意思が無い事を伝える。
  • 交渉には絶対に応じない。安く行けるとは思わない。交渉・脅しに屈しない。しつこい場合は「ストップ」と降りる意思表示する。
  • スマホで道をチェックしている事を運転手に判らせて、心理的なプレッシャーをかける。
  • シートベルトはする事。罰金は5,000バーツ(約15,000円)。あなたが払います。


 

運賃のトラブルも多いよな。
日本みたいに会社の看板を背負ってる運転手じゃないし、自分の金だけが目的だからな。
良い運ちゃんもいるけどな、陽気で楽しいやつとかw
でも、基本は「日本人だ、金がとれる」と思ってる事を理解した方がいいよね。

タクシー運賃の目安・空港使用料・高速代金

  • 初乗り: 35バーツ(1kmまで)
  • 1~10km: 1km毎に5.5バーツ
  • 10~20km: 1km毎に6.5バーツ
  • 20~40km: 1km毎に7.5バーツ
  • 40~60km: 1km毎に8.0バーツ
  • 60~80km: 1km毎に9.0バーツ
  • 80km以上: 1km毎に10.5バーツ

運賃に関する注意点

  • バンコクの空港では、タクシーに空港手数料50バーツを徴収。この料金は、乗客に請求されますので、ぼったくりではありませんよ!
  • 高速料金は、ドライバーが立て替えてはくれません、お金持ってないし。料金所が近づくと、『50バーツ、50バーツ』と叫びますが、これもぼったくりではありません。
これ、重要だよね。
もし、この目安より早くメーターが回ってたら、ぼられてるよ(笑)
パタヤとかホアヒン、アユタヤとか遠距離はどうかな?
運転手は交渉してくると思うから、インターネットで事前に調べておいた方がいいよね、絶対高い金額を言ってくるからね(笑)

ドンムアン空港からタクシー乗る時の参考に!

ドンムアン空港バス料金時間:A1(モーチット駅)/A4(カオサン)【0700-2300】バンコクナビ
ドンムアン空港バス時間 A1(0730-2400) 30バーツ:BTSモーチット駅 A2(0800-2100) 30バーツ:BTSビクトリー・モニュメント駅  A3(0700-2300) 50バーツ:ルンピニー公園 周遊 A4(0700-2300) 50バーツ:カオサン周遊
パートナー
バンコクでタクシーに乗る時、参考にしてください!
応援も宜しくお願いします!!!

タイへの出張・旅行のお供に!

はじめてのタイ旅行!カレンダー・空港・SIMカード・乗り物・レンタルバイク!

はじめてのタイ旅行!カレンダー・空港・SIMカード・乗り物・レンタルバイク!
夏の休みを利用して『はじめてのタイ旅行』を計画している人も多いと思います。 タイ旅行の基本情報、カレンダー、空港、SIMカード、乗り物、レンタルバイクについてまとめました。

タイ旅行しタイ『タイ・バンコクナビ』おすすめ記事はこちら!

タイ2020年カレンダー:祝日休日禁酒日|旧正月ソンクラーンロイクラトン|基本情報
せっかくのタイ旅行、仏教関連の休日でアルコールの販売禁止の日に当たってしまったとか、政府のお休みで観光地が閉鎖されてるとか、避けたいですよね。さらに、年に一度のイベント、ソンクラーンなどの日程は外せませんよね。そんな時は、事前にタイの休...
朗報!スワンナプーム空港で日本人にも自動ゲート解放へ!イミグレ渋滞回避策⇒入国審査場は2カ所!
朗報!スワンナプーム空港で日本人にも自動ゲート解放へ! スワンナプーム空港でイミグレ渋滞回避策をお伝えします! イミグレ渋滞回避策⇒入国審査場は2カ所!
◆開催中◆エアアジア ビッグセール:年4回大奉仕|バンコク片道1万円!
『Air Asia Big Sale(エアアジア ビッグセール)』が熱いです。 年に4回開催されるセールでは、成田-バンコク間が1万円程度で予約が可能です!
★2020年タイのお正月ソンクラン水掛け祭りの楽しみ方★バンコクナビ★
タイのお正月、ソンクランはタイ人だけでなく、我々日本人も楽しめる最高のイベントです! タイ人も外国人も日本人も忘れて楽しんじゃいましょう! ★2020年タイのお正月ソンクラン水掛け祭りの楽しみ方★バンコクナビ★
バンコクナビ:タクシー値上げ!乗る時の心構え・注意点・乗り方・料金・運賃!
タイの運輸省が2019年9月のタクシー料金値上げを発表。初乗り料金の35バーツは据え置きで、距離や時間で反映される料金を値上げします。

おすすめクレカ|『海外旅行傷害保険』+『プライオリティ・パス』

  • 海外旅行傷害保険が自動付帯され、海外の病院がキャッシュレス!
  • 空港でプレミアム・ラウンジが使える『プライオリティ・パス』が付属!
  • 年会費1万円は、No.1のコストパフォーマンス!

コスパ最高『楽天プレミアム・カード』がおすすめ!

応援のお願い:ランキングに参加しています!

一日一回ポチっとお願いします。涙を流して喜びます❤️
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
★お知らせ★ブログの更新をメールで受け取れます!

1,059人の購読者に加わりましょう

タイ旅行しタイ
★この記事が気に入ったらお友達にも教えてあげよう★
ついでに読みたい!
バンコクで修業中。