◆タイでは犬も救急車を呼ぶの?◆華僑の慈善団体(華僑報徳善堂)

この記事は 約4 分で読めます。

バンコクでバイクの事故を目にするのは日常茶飯事です。

救急車を路上で待つバイカーを目にするのは悲しい限りです。

また、今日も救急車だ。でも、なんか、様子が違います。

救急隊員が乗せようとしているのは・・・

横浜に疎開中の管理人は、2021年10月10日、葉山マーケットの日曜朝市に行ってきました。
この朝市の目玉は、日影茶屋のケーキの切り落としが、なんと100円で買えるんです。早い人は早朝5時から並ぶ大人気商品なんです。以前、緊急事態宣言中に完全装備で並んだことがありますが、二度目はありませんでした。

今回の目玉は、生のキハダマグロです。
もう、醤油もいらないほど味がしっかりしているのでワサビだけで頂きました。

満足満足♪♪♪

 
 

この記事は、2019年の再掲載です。
新型コロナの影響で、救急車事情も変化していると思います。

管理人が、いつも目にする普通のバイクの事故現場は、こんな感じです。
先日、コンドミニアムの前のオンヌット通りでの事故現場です。

でも、今日の事故現場は、なんか違うんです!

先ずはご覧ください!

あー、事故だよ。
また、バイクが停まってるよ…

んっ? なんか、様子が違うぞ!
救急隊員が取り囲んでいるの、なんか、毛深いぞ!

 

えー!
毛深いわけだ、お犬様だあ!

お犬様の担架は、白い布だ!

お犬様、抵抗もせずに、救急隊員に救急車の中へ誘導されていくぞ!

はーい、良くできました!
By 救急隊員!

華僑の慈善団体(華僑報徳善堂)が『犬の救急隊』だった!

救急車のボディーに『報徳善堂』と書いてあるぞ!
華僑の慈善団体が『犬の救急隊』だったんだあ!

引用先:ウィキペデイア(Wikipedia)

華僑報徳善堂 (タイ語:มูลนิธิป่อเต็กตึ๊ง英語:Poh Teck Tung Foundation)は、タイ王国の華人慈善宗教団体。バンコクおよび地方都市圏に展開する民間レスキュー組織をもっていることで知られる。1936年に創設。「報徳善堂」とも記述される。
華僑報徳善堂は、タイ王国の潮州華人が創設した慈善団体であり、清朝末期の中国で大峯祖師信仰をもとに発展した慈善団体である「善堂」の流れを汲むものである。タイにおいては民間レスキューとして知られ、バンコクおよび地方都市圏で遺体回収、傷病者の病院搬送、災害救命活動を行っている。事故現場にいち早くたどり着き、救援活動行う。バンコクには同種の民間レスキューが数社あり、縄張りを争いも起きている。本団体は徳教会、仏教衆明慈善聯合会、蓬莱逍閣と合わせてタイの華人の「四大慈善団体」と呼ばれている[1]

読んだよのクリックが励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

 

👇不労所得におすすめ資産運用👇
マネースクエア

 

👇待つだけ資産運用👇
クラウドバンク

 

👇今からでも遅くないビットコイン積み立て👇
コインチェック

 

FIRE投資家@バンコクで修業中。 - にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

『バンコクタイムズ』おすすめ記事!

◆タイの格差社会が続く3つの理由◆贈与税と相続税と固定資産税!
タイは格差社会、上位1%の富裕層が持つ富が全体の約67%を占め、更に広がる傾向… 貧富の差はタイの政治対立を引き起こし、罪を犯した富裕層が罰を免れることも珍しくない。 格差を広げる理由は3つ、贈与税、相続税、そして日本で言う固定資産税が…
◆タイ王室は世界一裕福◆保有資産4.6兆円は英国王室の80倍◆
CEO Magazineが、タイ王室の保有するであろう430億ドル(約4兆6千億円)は世界で最も裕福な王室であると発表しています。 その金額は、イギリスのエリザベス女王の80倍であると報じています。 タイ王室は世界一裕福!資産4.6兆円は英国王室の80倍:バンコクタイムズ
◆タイリピーター要確認◆ノービザ入国制限:陸路(2回)・空路(6回)
◆タイリピーター要確認◆ノービザ入国制限:陸路(2回)・空路(6回) タイ大好き、タイリピーターの皆さんが気になるのがノービザ入国の制限ですよね。 近年の不法滞在者への取り締まりの強化を受け、ノービザ入国や『ビザラン』への規制が強化されています。
◆タイのエイズ孤児院に全てを捧げた日本人◆名取美和@バーンロムサイ
タイには約45万人のHIV感染者(=エイズではない)がいると推定される。 NHKが放送した『タイのエイズ孤児院に全てを捧げる日本人女性』が忘れられない。 チェンマイのバーンロムサイ(HIVに母子感染した孤児たちの生活施設)にその人が…
◆日本の10倍は事故死するのにタイには『あおり運転』と言う言葉は無い!実はもっとヤバイ!by 高田胤臣
日本では『あおり運転の厳罰化』で免許取消が可能となったと盛んに報道されている。 しかし、日本の10倍以上交通事故死があるタイには『あおり運転』という言葉がないと…

読んだよのクリックが励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

 

👇不労所得におすすめ資産運用👇
マネースクエア

 

👇待つだけ資産運用👇
クラウドバンク

 

👇今からでも遅くないビットコイン積み立て👇
コインチェック

 

FIRE投資家@バンコクで修業中。 - にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

「タイ・バンコクでバイク」シリーズはこちら!

  • タイでは運転は『自己流』教習所には通わず、試験はぶっつけ本番!
  • 「順番を守りましょう」「マナーを守りましょう」などは通じない!
  • 日本人には想像できないが、飲酒運転、薬物を使用しての運転も多い模様。