◆タイのコロナ:初の死者は2020年3月1日◆もう一年…感染者の発見者は通報義務、違反者に罰金

この記事は 約2 分で読めます。

タイの保健省は、3月1日、タイ国内で初の新型コロナウィルス感染の死者を発表。
タイ政府は、新型コロナに感染した疑いのある人を発見した場合、3時間以内に報告を義務化。違反者には、最大2万バーツ の罰金。
投稿日:2020年3月2日 ⇒ 最終更新日:2021年3月2日
2021年3月2日【追記】
新型コロナによるタイで初の死者が出たのが、2020年3月1日でした。
早いものでもう一年が経過してしまいました。
まだ、新型コロナはどこかの国で起こっている災害と思っていたのが、最初の死者が出たことで危機感が増したことを覚えています。
 
ついにタイ国内でも新型コロナウィルス 感染者の死者が…
中国人観光客と接触のあったタイ人の販売員男性(35)でした。ご冥福をお祈りします。

新型コロナ、タイで初の死者 感染疑い未報告に罰金

マスクをしてバンコクの高架鉄道に乗る人々(2月26日)=ロイター

記事引用先:日経新聞

タイの保健省は1日、新型コロナウイルスに感染していた人の死亡を、同国で初めて確認したと発表した。タイ国内で中国人客と接触があった販売員のタイ人男性(35)で、肺炎に加えデング熱も同時に発症していた。検査で陽性反応があった後、治療でいったんは陰性になったが、症状が悪化し2月29日に多臓器不全で死亡した。
 :
また、タイ政府は3月1日から、新型コロナに感染した疑いのある人を見つけた場合、3時間以内に保健当局への報告を義務付けると発表した。違反者には最大2万バーツ(約7万円)の罰金を科す。
タイは中国以外では初めて新型コロナの感染者が見つかった国で、これまでに42人の感染が確認されている。

◆海外在住者に楽天モバイル◆利用がなければ毎月無料(1Gまで0円)

お願い:ランキングでの応援!

◆日本人のタイ入国は?

◆在東京タイ王国大使館◆観光目的入国可能+ビザ免除滞在45日間へ
在東京タイ王国大使館『観光目的の入国可能』『ビザ免除滞在45日間』正式発表。 入国許可証(COE)の取得と14日間の強制隔離を除けば、コロナ前と同じに。 但し、日本の第三波、タイの大規模クラスター発生で、ますますタイが遠ざかる…
◆タイ入国:定期便再開◆2021年1月〜ANA/JAL/タイ航空
待ちに待った、バンコク線の定期便が2021年1月から再開。 ANA・JAL・タイ航空が定期便のスケジュールを公開(特別便は廃止)。 タイ入国に際しての入国許可証取得、14日間の強制隔離などの条件は変更なし。
◆タイ入国:隔離検疫ASQホテルリスト◆最高22万B〜最安3万B(14泊)
タイへの入国には、14日間の強制的な隔離検疫が義務化されている。 外国人は、タイ政府が認定したホテルへの滞在が必須。ホテルは病院と提携し、パッケージには、1日三食、無料Wifi、24時間看護が含まれる。

タイの新型肺炎、コロナウィルス 関連記事

◆タイでPCR検査費用◆バンコクで日本語対応3大病院+コロナ治療概算費用
新型コロナの感染が疑われる時には、一刻も早くPCR検査を受けたいですね。 バンコクの三大病院でもPCR検査が可能です。ただし、1日の対応可能数には限りがあり、通常の治療が必要な患者さんを優先しましょう。
◆タイのコロナ:保険確認要◆重症化の医療費が最大で1千万円
海外で新型コロナに感染した場合、海外旅行者保険が適用可能。但し、海外では医療費が高額。タイのサミティベート病院の日本人医師によると重症化してICUなどに長期入院の場合最大で1千万円。一般的保険は200〜300万円程度。あなたの保険は?
◆海外旅行保険◆新型コロナに感染したら保険適用されるのか?
日本国内では、2020年3月6日、新型コロナウィルスのPCR検査は健康保険の適用。また、感染後の治療費に関しては『指定感染症』の為、公費の負担。では、海外旅行中の検査や治療費は海外旅行者保険で適用されるのか?