更新:90日レポートをバンコク移民局で報告+オンラインも簡単(10)タイでビザ

この記事は 約7 分で読めます。

2019年6月28日追記:90日レポート申請に際しコピー(パスポート・TM6)は不要でした。チェーンワッタナー移民局、Aカウンターで確認しました。
2019年6月28日追記:90日レポートと併せて、◆TM30追加情報◆バンコクの移民局で罰金払ってきました◆

【重要】2019年6月25日追記:オンライン申請の期間は、期限の15日前から7日前の7日間しか申請できません。つまり、75日から83日目までと言う事です。【重要】
今日、オンライン申請しようとしたら『87日目』でした(涙)

みなさんは、『タイ』『バンコク』『海外移住』『ロングステイ』『ロングステイ・ビザ』『リタイアメント・ビザ』『ノンイミグラント』『申請』『移民局』『海外旅行』『ちょい住み』『年金』『税金』『健康保険』『TM30』などのキーワード検索でたどり着いた方が多いと思います。

『タイでリタイアメントビザを取得するのは簡単』です。

年齢が50歳以上で、タイで一年間生活できる程度の『不労所得(年金若しくは貯金)』があり、過去に犯罪歴がないなどの一定の条件をクリアして、必要な書類を揃え、それを移民局に持っていけば!

でも、ここはタイ、異国です。

異国には異国の文化、ルールがあり、それに従う必要があります。その典型的なのが、言葉でしょう。記入すべき書類は英語とタイ語の併記、移民局では多少の英語しか通じず、タイ語がメインです。

そのような状況の中でも、タイ語のできない私が、自分で移民局に出向き、自分でリタイアメントビザを取得した経験、ノウハウ、ヒントをお伝えしたいと思います。

私はタイ王国以外にも、ニューヨーク(アメリカ・米国)、シンガポール、香港に駐在した経験もあり、その点でも色々とお伝えできると思います。

タイでリタイアメント・ロングステイビザの取得を希望の方の参考になればうれしいです!

投稿日:2019-04-08

念願のアーリーリタイアを実現し、バンコクにロングステイ中の「バンコクで修業中。」です。

初の90日レポートをバンコクの移民局で報告してきました!

 

タイ、バンコク近郊の移民局のあるチェーン・ワッタナーは公共交通機関で行くのも大変なので、行くのは極力一回で全て済ませたいですよね。

 

90日レポートはオンラインでもできるのですが、突発的に問題が有った時に対処できないと困るので、自分自身で実際に90日レポートしに行きました。

ついでに、マルチプルのリエントリー・パーミットも併せて取得してきました。

 

シングルは1,000バーツ、マルチプルは3,800バーツですので、4回ならお得です。

 

空港でも簡単に取得できるのですが、24時間空いてないとか不安なので、移民局で取得しました。詳細はこちらをご覧ください。

事前に見ておこう!現場で迷わないようにね!

移民局への行き方はこちら!

申請のプロセスを写真で見ておこう!

90日レポートの必要書類と申請方法はこちら!

申請書類:

  1. 申請書:TM.47 ※当日、Informationで入手可能

  2. パスポートコピー:顔写真と入国スタンプのあるページ、NON-O(90日)ビザ+リエントリーパーミット

  3. 出入国カード【TM6】コピー:出国の部分(Departure Card)
コピーは不要ですが、パスポート、TM6はお忘れなく!

 申請手順:

  1. 申請期限:期限日前15日から期限後7日以内

  2. 申請方法:

  • 移民局窓口申請
  • インターネット申請
  • 郵送申請

90日レポート:当日の詳細レポート

  1. Informationで「90 days report」と言って申請書類をもらう
  2. Ticket Counterで申請書を見せて右の写真のチケットをもらおう
  3. 申請書類を記入しよう。※書類を書く時間は十分あるので、先にTicketをもらっておきましょう!
  4. 電光掲示板で順番を確認しよう!チケット通り、「142人が待ってます」・・・
  5. 番号のアナウンスを待ちましょう!「A, 255, Counter No. 7」カウンター7番で受け付けてくれます。

  

番号は、時々順番じゃなくて、飛ばされて発行する事も有るので、勝手に計算してランチに行かないように!!!

90日レポート完了!次回は90日後!

無事、90日レポートが完了!

  • 次回の報告期限は、2019年04月09日です!
  • パスポートと一緒に持ち歩きましょう!私はホチキスで取れないようにしています。

この期限の15日前、7日以降を一日でも過ぎると、2,000バーツの罰金ですので、お忘れなく!

海外に出ると90日のカウントがクリアになります。

『帰国日から90日目が新たな報告期限』となります、ご注意ください。

 



2019年 ビザの90日レポートがオンラインで楽々?(06)タイでビザ

2019年4月23日、上のタイトルの記事と統合しました。

90日レポートの3つのポイント

  1. レポート方法は3つ、窓口・オンライン・郵送
  2. 一番確実安心なのは、移民局窓口
  3. オンライン(インターネット)は時間があればトライ!

そもそも、90日レポートとは?

 おーい、管理人、90日レポートがオンラインで出来るって知ってるか?

管理人:なんだよ、そんなの常識じゃん!

旅人君: な、こと言って、おまえは業者にパスポート渡してるだけじゃねえかよ。

管理人:ば、ば、ばれたか(笑) 90日毎ってけっこうめんどいだろ(笑)

 なんで、90日ごとに移民局にレポートしなくちゃいけないんだよ? 俺は、逃げも隠れもしねえよ(笑)

管理人:そもそも、おまえは金がないから逃げられないけどな(笑)

明確な理由はアナウンスされていないが、不正に取得して悪用を阻止するために、「ちゃんとタイに滞在していますよ」と報告する義務なのじゃ。

管理人
管理人

就業目的の「ノンイミグラントビザのタイプ”B”」もロングステイヤー向けの「ノンイミグラントビザのタイプ”O”」も同じ規則だしね。

しかも、「90日目にあたる前15日~後7日の間」に報告しないと「2,000バーツの罰金」だしな、慎重にやらないとな(笑)

A. 90日レポートの方法は3つ

  •  移民局 窓口での報告
  • オンライン
  • 郵送

B. 移民局 窓口での90日レポート

 窓口での方法の詳細は、記事の第5項の「90日レポート提出【TM.47】」で確認してください。

C. オンラインでの90日レポート

移民局のホームページを見てみよう!

f:id:lukehide:20180912205431j:plain

旅人君: お、簡単そうじゃん!

管理人:おまえ、この国でお役所仕事がそう易々と出来ない事は判ってるだろ(笑)

たしかに、Windows パソコンで、”Internet Explorer”二しか対応していないとか、入力を進めていくと「最寄りの移民局にお問い合わせください」のメッセージが繰り返されるとか・・・

こんど、管理人が90日レポートを出すことになったら、試してレポートしてあげよう!!!

ネットで調べると、オンラインで成功した人もいるみたいなので、試してみる価値はあるようじゃ!!!

D. 郵送による90日レポート

移民局のホームページを見てみよう!

f:id:lukehide:20180912211721j:plain

おーっ、「DACO(ダコ)」さんが詳しいようじゃぞ!

www.daco.co.th

さすが「DACO(ダコ)」さん、ありがとうございます♪

管理人の個人的なまとめ

2018年9月現在、まだ、90日レポートを提出を自分で行っていないので、今後、自分で行ってレポートしてまいります。移民局の窓口に行っての申請は手間暇がかかりますが、確実です。郵送もインターネットもあまり当てにならないので(笑)

【注意】

情報は2018年9月現在です。最新はタイ王国移民局から入手して下さい。

 みなさまの参考になればうれしいです。

おすすめ『老後資金・保険の見直し』3選

老後の資金を貯めるのに払いすぎている生命保険などの保険料の見直しをして、余計な部分を削り老後に備えましょう!

『タイでビザとりタイ』シリーズの記事はこちら!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント