... ...

バンコクの日本人ムラ By 高田胤臣さん| 東洋経済にインタビュー掲載

スポンサーリンク

スポンサーリンク
この記事は 約3 分で読めます。

バンコク在住の日本人はこれ読んで勉強しましょう! 管理人のお気に入りのライター、高田胤臣さんがまたまた素敵な記事を書いています。『バンコクはもはや日本社会の縮図? 知ってはいけないタイの「日本人ムラ」』
写真は表情のない日本人が、好き勝手な方向を向いてる、そんなイメージです(笑)
2019年11月16日追記:
高田胤臣さんが、東洋経済のインタビューを受けています。ご覧ください。
出典:東京生まれ42歳の彼がタイに見つけた居場所|東洋経済オンライン
東京生まれ42歳の彼がタイに見つけた居場所 | 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
高田胤臣(たねおみ)さん(42歳)は、タイのルポを中心に活躍するライターだ。高田さん自身、タイのバンコクに在住し、タイ人の女性と結婚し子供もいる。また日本人では唯一、救急救命慈善団体「華僑報徳善堂」の…
 
2019年11月15日追記:
高田胤臣さんもボランティアとして活躍する宝徳禅堂の提供するタイの緊急搬送サービス『タイの救急車は有料』の記事をアップしました。
◆タイの救急車は有料◆運営は慈善団体や病院が中心で有料1000バーツ〜
タイでは、救急車は有料です。 2008年にタイ国立救急医療センターが設立され、緊急番号『1669』もあります。 ただし、電話は最寄りの救急病院に接続され、救急車は慈善団体や病院が派遣します。利用者は1000〜2000バーツ請求されます。
 

念願のアーリーリタイアを実現し、バンコクにロングステイ中の「バンコクで修業中。」です。
バンコクに住んでいる日本人全員に読んでほしいです。 筆者の『高田胤臣』さんは、2002年からバンコク在住のライターです。書かれる記事は、タイの表から裏まで、濃い内容です。

高田胤臣(たかだたねおみ)。1998年初訪タイ、2002年から在住のライター。タイを中心に東南アジアの裏情報から社会問題まで、幅広く取り上げる。ウェブ上でもタイなどの時事ネタを随時執筆。

今回の記事は、どちらかと言うと『日本からの駐在員』にハイライトを当てた記事です。

管理人も1990年代後半、ニューヨーク、シンガポール、香港に駐在した経験があり共感できることが多いです。 私の時代は、『悠々自適』な駐在員生活を送っていられました。 しかし、現代は『余裕のある企業は無く、早朝から土日まで』社畜のように働かさせられる 帯同された奥様のストレスも上がっていると・・・

このような背景の中で、日本人の自殺も毎年数件発生しているようで、先日、記事にしています。

実は、私自身も、パートナーに仕事を辞めてもらって海外駐在に帯同してもらった経験があります。 幸いな事に、パートナーは立ち回りが上手なので、うまくこなしていましたが。
 :
日本以上に、日本人であることが求められる現在の『バンコク生活』・・・
スポンサーリンク
スポンサーリンク

バンコクはもはや日本社会の縮図? 知ってはいけないタイの「日本人ムラ」

記事引用先:『本が好き』7/23(火) 16:37配信

  • 脱中国から増え始めた日本人長期滞在者たち
  • 駐在員妻の自殺が日本人社会の象徴?
  • 可視化されることで希薄になる人間関係

ハーバー・ビジネス・オンライン 記事一覧

 

『バンコクでロングステイ』おすすめ記事!

チェンマイのHIV感染孤児院に全てを捧げた日本人!名取美和(バーンロムサイ)さん!
タイには約45万人のHIV感染者がいると推定されている。 NHKが放送した『タイのエイズ孤児院に全てを捧げる日本人女性』が忘れられない。 チェンマイのHIV感染孤児院に全てを捧げた日本人!名取美和(バーンロムサイ)さん
タイの格差社会(貧富の差)が続く3つの理由!贈与税と相続税と固定資産税!バンコクタイムズ
タイは格差社会だ。 しかもその格差が縮小することはなく続くと思われる理由がある... タイの格差社会(貧富の差)が続く3つの理由!贈与税と相続税と固定資産税! ・タイは相続税が『ほぼゼロ』 ・タイは固定資産税が『ほぼゼロ』
バンコクの悪徳ドライバーに注意!ダッシュボードの下に『ターボ・スイッチ』発見!バンコクタイムズ
バンコクの悪質なタクシードライバーに要注意! 『ターボ・メーター』『ターボ・チャージャー』と恐れられるタイの悪徳タクシー。 ついにカメラが捉えたのが『ターボ・スイッチ』だった!
バンコクの日本人ムラ By 高田胤臣さん| 東洋経済にインタビュー掲載
バンコク在住の日本人はこれ読んで勉強しましょう! 管理人のお気に入りのライター、高田胤臣さんがまたまた素敵な記事を書いています。 『バンコクはもはや日本社会の縮図? 知ってはいけないタイの「日本人ムラ」』です。
マツコさんは『LGBTの楽園』タイに移住すべき5つの理由!バンコクタイムズ
2019年6月、マツコ・デラックスが『マツコ&有吉 かりそめ天国』の番組の中で『マレーシアのクアラルンプールに移住することを考えている』と明かした模様。 管理人は、マツコはタイ・バンコクに移住すべきであると強く言いたい! その5つの理由を明かそう!

応援のお願い:ランキングに参加しています!

一日一回ポチっと❤️涙を流して喜びます❤️
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

★お知らせ★ブログの更新をメールで受け取れます!

1,106人の購読者に加わりましょう

バンコクタイムズ
★この記事が気に入ったらお友達にも教えてあげよう★
ついでに読みたい!
バンコクで修業中。
EnglishHindiJapaneseRussianThai