スポンサーリンク

タイ・バンコクでロングステイ(13):バンコク日本食レストラン2年連続減少!

最終更新日:2018年9月28日

管理人の「バンコクで修業中。」です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

タイ全土の日本食レストランは3,000店舗越え!

か、管理人、タイ全土の日本食レストランが3,000店舗を超えたらしいぞ!

みた、みた、ジェトロの調査だろ!

ジェトロが9月13日に発表した「2018年度タイ国日本食レストラン店舗数調査」によれば、タイの日本食レストラン店舗数は3,004店舗と前年(2,774店舗)から230店舗増加した。

毎年、7月から6月の間で調査しているみたいだな!

まさか、ラーメン「七星」はおいといて、屋台とかは入ってないだろうな(笑)

内訳をみると、新規に出店した店舗数が891店舗となったのに対し、閉店した店舗数は661店舗だった。業種別でみると、「寿司(すし)」が454店舗と前年(253店舗)から201店舗増加したほか、料亭・総合和食・定食などが含まれる「日本食」は749店舗と前年(722店舗)から27店舗増加した。一方で、居酒屋は246店舗と前年(290店舗)から44店舗減少した。

やっぱ、寿司か!!!

寿司屋だけで、201店舗も増加してる!

スポンサーリンク

対して、バンコクでは2年連続の減少

バンコクは、ちょっと事情が違うようじゃぞ。

スポンサーリンク

2016年⇒2017年:2009年の調査開始以来、初の減少

2013年2014年2015年2016年2017年2018年
タイ全国1,8062,2742,6192,7132,7743,004
バンコク1,2411,5531,7281,7531,7391,718

2017年の調査の報告も有るぞ!

2017年9月

タイの首都バンコクの日本食レストラン数が2017年度に1739店舗と前年度に比べて0.8%減った。前年割れは09年の調査開始以来、初めて。参入しやすい居酒屋や焼肉店などで競争が激化し、撤退が増えている。

調査は16年7月~17年6月に実施。日本からの出店や日本語の店名を掲げる店、日本食のメニューが過半を占める店などを対象に6月末時点の数をまとめた。

タイ全体では2.2%増の2774店だった。15年度まで2ケタ成長を続けてきたが、足元ではすしやスイーツなど一部の業態を除き、減速が目立つ。ジェトロバンコク事務所は「競争が激しくなり、伸びる業態と飽和する業態が分かれてきた」と指摘する。

2015年度までは2ケタ成長が続いてきたんだな。

2016年度で伸びが止まって、2017年で初の減少か。

居酒屋とか焼き肉店は、参入しやすいけど、撤退し易いってことか。

先日お邪魔した、「燦(きらび)」さんには頑張ってもらわないとな!

www.escape2bangkok.com

スポンサーリンク

2017年⇒2018年:二年連続の減少

2013年2014年2015年2016年2017年2018年
タイ全国1,8062,2742,6192,7132,7743,004
バンコク1,2411,5531,7281,7531,7391,718

バンコクとそれ以外の地方別に店舗数をみると、バンコクの日本食レストラン店舗数は閉店数(465店舗)が出店数(444店舗)を上回ったことから、1,718店舗と前年(1,739店舗)から21店舗減少した。バンコクは2年連続で店舗数が減少しており、日本食レストラン数は頭打ちとなっている。

バンコクの日本食レストランは引き続き厳しい競争にさらされ、入れ替わりが激しい状態が続いている。

2018年9月の報告だと、バンコクは2年連続で減少してるんだな。

たしかに、バンコク都内は飽和状態だからな。

「なんちゃって日本レストラン」は増えてるけどな(笑)


★参考になりましたら、ポチッと⇒にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ

スポンサーリンク

タイ・バンコクでロングステイ関連記事はこちらをチェック!

スポンサーリンク

「海外移住・ロングステイ・ナビ」の気になる記事をチェック!

★参考になりましたら、ポチッと⇒にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ