採算性なしか?タイの新幹線バンコクとチェンマイは本当につながるの?

この記事は 約3 分で読めます。

アーリーリタイアし、バンコクでロングステイ中の管理人です。

ニューヨーク、シンガポール、香港での国際経験豊富です!

大渋滞のバンコク、都市間の交通は自動車がメインのタイ。

遠距離では飛行機がデフォルトのタイ。都市間の地上をつなぐ意味のないたい。

そもそも、新幹線って必要なの???

タイの「新幹線」計画とん挫か 採算性なし

【タイ】タイと日本の両国政府が検討してきたバンコクとタイ北部チェンマイ県チェンマイ市を結ぶ「新幹線」計画がとん挫する雲行きだ。

そもそも、バンコクとチェンマイつないでどうするの?

管理人

移動は飛行機が早いし、タイはモータリゼーションの国で、鉄道作っても時間管理とか苦手だしねw

タイ高速鉄道計画:Wikipedia

2011年10月2日現在、5ルートの建設が検討されている。

第1ルート:バンコク‐ピッサヌローク‐チェンマイ (3時間43分)
第2ルート:バンコク‐ウボンラーチャターニー (2時間51分)
第3ルート:バンコク‐ナコーンラーチャシーマー‐ノンカーイ (3時間4分)
第4ルート:バンコク‐フアヒン‐パダン・ブサール (4時間54分)
第5ルート:バンコク‐ラヨーン (1時間6分)

2018年から着工の予定だったみたいね。いつものタイあるあるw

日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

日本がこの計画への投資を拒むのには理由がある。タイ軍事政権のプラユット暫定首相は、主に建設費用を抑える狙いで最高時速を300キロから180~200キロまで引き下げる方針を示していた。スピードを下げれば、「世界でも屈指の高速鉄道」という新幹線のイメージに傷が付きかねないと、日本は恐れたのかもしれない(後に、タイ側は最高時速300キロを維持する意向を明らかにした)。

管理人

そもそも、中国の現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路構想」を阻止したい日本の思惑だったんだろうけど、タイは一筋縄ではいかない国だからねえ…

タイ、混迷深める高速鉄道計画 建設費めぐり日本に揺さぶりも

タイ政府はその1週間後、中国政府との間で進めてきたバンコク-ノーンカイ間(約608キロ)の高速鉄道計画の一部、バンコク-ナコーンラーチャシーマー間(約253キロ)で起工式を実施。あいさつでプラユット首相は「中国はタイにとって一番の貿易相手国だ」と持ち上げ、熱烈なラブコールを送った。これに対し、中国からは李克強首相が祝福のメッセージを寄せるなど国を挙げて取り組む姿勢を鮮明にした。建設資金をめぐる調整が不調でナコーンラーチャシーマー以北は全く事業計画が立っていないのにである。

日本は外交得意じゃないのに足元見られちゃうと救いようがないからねえ。

タイ旅行しタイ『タイ・バンコクナビ』はこちら!

タイ旅行しタイ
『タイ・バンコクに旅行するのは簡単』です。タイ王国への海外旅行にビザを取得する必要はありませんし、親日国で日本人には優しいし、タイ人の日本という国への興味は年々高まっていて、日本人には優しいし、気候は温暖で過ごしやすいし、ご飯は美味しいし… 良い事ばかりですね。でも、ここはタイ、異国です。

新シリーズ『ぷらぷらプラカノン』はこちら!

ぷらぷらプラカノン
日本人が多く住む『スクンビット通り』のエリアにはあるけど、ちょっと『昭和』のにおいがして懐かしい街、それが『ぷらぷらプラカノン』! 『都会の機能を満載した田舎』と私が呼ぶ『ぷらぷらプラカノン』シリーズを宜しくお願い致します!

ランキングに参加しています。下の写真をポチッとしてくれると、更新の励みになって、涙を流して喜びます❤️
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
★お知らせ★ブログの更新をメールで受け取れます!

814人の購読者に加わりましょう

バンコクでロングステイ
★この記事が気に入ったらお友達にも教えてあげよう★
バンコクで修業中。

コメント